セミナーのご案内!

この記事はトップに来るようにしています。



12月17日(土) 名古屋スピリチュアル交流会&忘年会 (東スポーツセンター第3会議室)13:00~

12月18日(日) 奈良忘年会(良空にて)13:00~イベントのご案内をご覧ください。

1月22日(日) 奈良スピリチュアル勉強会&交流会 (コミュニティーハウス良空にて)13:15~

お申し込みはセミナーのご案内を御覧ください。

イベントのお申し込みは、イベントのご案内をご覧ください


暇な方は以下のブログ村バナーと精神世界ランキングの文字をお遊びで押して下さい!(笑)

精神世界ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

安保先生は12/6 急死なさったそうです。

ネットでは有名な過激な発言をされていた安保先生ですが、どうも亡くなられたようですね。

HPも綺麗さっぱり消されていますね。

「私が死んだら殺されたと思ってください」と言われていたそうで、何度も研究室を荒らされていたと告白されています。

まだまだ闇の勢力がはびこっているようです。



闇に立ち向かうためにも真理を学んでください。

そして心のパワーを信じてください。

自分の人生は自分で創りましょう。

嘘ではありません。

自分で創り出せます。

心のブロックさえ外せば・・・!

このブロックは、洗脳と常識と価値観の中で、がんじがらめになっています。

が、囚われるとを止めれば、案外すんなりと外れるものです。

上手く外して、心のパワーを使えれば、病気だった治るかも知れません。

そして何よりも、自分の人生を思うがままに生きられるようになると思います。

闇の彼らが一番困ることは、私たちが心のパワーに気づくことです。

無知であること!

様々な苦しみや悩みの原因は、無知であることです。

もし真理を知っていれば、即対処が出来るはずです。

私たちは無知の上に洗脳までされていますので、まずは洗脳を外すことから始めないといけませんよね!

洗脳が外れるためには、真理を理解することです。

真理の中に色んな事が隠されています。

それを読み解き、洗脳を外す手がかりにすれば、洗脳されていたことに気づくのも早いでしょう。

真理とは不変のものです。

イエスの時代、釈迦の時代、そして現代も何一つ変っていません。

イエスや釈迦が残した言葉の一つ一つに、真理が語られています。

しかしそれを支配者たちが都合の良いように改ざんし、作り替えられたものを、私たちは宗教という名の下に教えられてきました。

改ざんしたものではなく、イエスや釈迦が言った本当の意味を理解することこそ、真理を理解することになります。

真理は普遍のものであり、一つしかありません。

多くの賢者が残したメッセージをしっかりと理解し、真理という知識を理解することです。

そして最後に辿り着くのが悟りかも知れません。

悟りと言っても、地球で通用する程度の悟りなので、大したことではないのですが、取り敢えずはそこまで到達すれば、自分の中から苦しみや悩みは消えるでしょう。

地球での悟りを理解すれば、もっと壮大な悟りが待っています。

真理に到達点はないのですから・・・!

上には上があります。

悟ったからと言って威張らないことです。

地球上での悟りなど、まだまだ幼稚園程度の知恵でしかありません。

それくらい地球人類は幼稚なんです。

まだまだ何も知らない2歳児か3歳児くらいかも知れません。

これは喩えですが・・・!


物質次元を遙かに越えたところに真理はありますから、多分死んでからでないと分からないことの方が多いと思います。

でも生きてる間に、ほんの少しでも理解すれば、地球での生き方も相当楽になることでしょう。


どんなことでも大事なのは基本です。

その基本となるものが真理です。

ですから今からでも遅くはありません。

真理を勉強しましょう。

ワンネス!

全ては一つと言うスピリチュアルな考え方は、私は正しいと思います。

他人に嫌なことをすると言うことは、自分自身に嫌なことをすることと同じである。

天に向かって唾を吐くようなものです。

結局自分に返ってきます。

自分に返ってくると言うより、全ては一つなのですから、当然のことです。



ワンネスという観点で物事を見ると、色んな事が見えてくるはずです。

今私たちが生きている世界は、二元性という対象物の在る世界ですが、そこで繰り広げられるドラマは、元々自分の心の中にあったものだとしたらどうでしょう?

自分自身が囚われている心の投影だとしたら、その囚われこそがこの二元性の世界に縛り付けている、言わばカルマと言うことになります。

元々一つだったものが、否定や囚われによって分離し、自我というエゴによって増幅されたと考えれば、この世界の仕組みが何となく分かると思います。

自分というエゴに囚われたとき、相対する心の投影が現れます。

そしてこの投影こそが、私たちが観ている世界であって、如何にも現実に在るかの如く投影されたポログラムです。


70億とも言われる人々一人一人が、自分が創り出したポログラムの世界を生きています。

そして一つとして同じ世界は在りません。

人の数だけ世界は存在し、同じ場所にいてても、みんな観る世界は違います。

もし全ての人が同じ世界で同じ体験をしているとすれば、それはワンネスになるのではないでしょうか。

全く違う体験をしているからこの世界が存在するのであって、二元性という枠から脱出しない限り、エゴが創り出した幻の世界は続きます。

これを私たちは輪廻転生と言っています。

輪廻から抜け出すには、エゴを捨てることです。

神との一体化と言われるように、この世の囚われから解放されなければ、輪廻からの脱出は出来ないでしょう。


この先も永遠に、地獄であるこの世界に住み続けたいというのなら、それは自由だと思いますが、遅かれ速かれ抜け出したいと思うときがやってきます。

以前も書いたようにPCゲームのアバターとして、殺した殺された、奪った奪われたの世界に住んでいるのですから、いい加減に子供のようなゲームの世界から卒業しなければいけませんよね。


常識や価値観を手放す!

常識や価値観を手放すと言っても、それに従わずやりたい方題することではありません。

心のブロックになっている、常識や価値観に振り回されないという意味です。

多くの人は、「〇〇しなければいけない」概念がこびりついて離れません。

これは教育や、家族から受け継がれたもので、そこに伝統的な思考形態がはびこっています。

特にそれらを支配しているのは、宗教だったりします。

勿論学校教育も、集団催眠的に使われていて、みんなと同じでないと恐怖を感じるように仕向けられています。


このように常識や価値観の中には、私たちを縛り付けている様々な物があり、それらからまず解放されないと、真の意味での幸せは訪れないでしょう。

何故なら人々は、いつも罪悪感に苛まれながら生きているからです。

集団催眠から外れる行為は、イコール罪悪感となって私たちを苦しめるのです。

その良い例が、「法事」です。

先祖供養という洗脳によって、私たちを支配しています。

先祖供養をしないと親不孝者とか、罰が当たるとか、色々親戚から攻められるのは、何処かに罪悪感を持っているからです。


でも本当は先祖供養と称する法事など、してもしなくても霊性には全く関係ないことです。

そんな暇があるのなら、困っている人を一人でも助けてあげた方が、霊性進化には良いでしょう。


他にも集団催眠的なことは沢山ありますよね。

所帯を持っていないと一人前じゃないとか、社会の一員として何処かに所属していない駄目とか、子孫を残すことこそ生まれてきた一番の使命だとか、訳の分からないことがいっぱいあります。

典型的なものは、やはり所帯を持たないと一人前に認めて貰えないという変な思想です。

馬鹿げていますよね!

こんなことでその人の人格が決まるのでしょうか?

独り者の人は変人扱いされますし、出世コースからも外れたりします。

良く信用がないとか言ったりしますよね!

所帯持ちでも人を騙す人は沢山居ますよ!

後は仮面夫婦として、世間体重視でひっついている方も沢山居てそうですが・・・!


このように本来どうでも良い拘りこそが、私たちを苦しめているかも知れませんよ!

「逃げるが恥だが役に立つ」というドラマもあるように、辛くなったら逃げれば良いと思います。

逃げずに我慢して、鬱になったり自殺するよりは、別の選択をした方が建設的です。

いじめに遭っている子が居たら、ためらわずに学校に行かせないとか転校させるとか、心と命が守れるのなら逃げるべきです。


多くの人がこの世界の集団催眠から目覚めることが出来れば、この洗脳社会は消滅すると思います。

罪悪感という恐怖をベースにした社会に、何の未練も無いはずです。

それよりもそれらの恐怖を手放し、もっと自分らしく生きるべきでしょう。





赦しと解放

赦せば赦すほど心が解放されます。

赦しとはどういうことなのかと言いますと、お互いの自由意志を尊重することです。

お互いを認め合うことでもあります。


スピリチュアル的に言えば、全ては一つであり、外に見えるもの全てが一つであるので、互いを尊重すると言うことは自分を尊重することでもあり、他者を認めると言うことも、自分を認めると言うことです。


そもそも分離という世界観が生み出している現象を捉えて、私たちはそこに現実を求めている以上、分離した意識が解放されることはありません。

実際、赦せば赦すほど心が平和になり、宇宙との繋がりも深くなるようです。

ここで宇宙と言ってはいますが、結局のところ神とか真我と繋がるという意味です。

ワンネスとか言っているのはそう言う意味です。


私たちは物質的人間である前に、意識体であり、心なんです。

全ての現象を見聞きし感知しているのは、肉体ではなく心です。

肉体はカメラで言うところのレンズとマイクと言うことになります。

画層素子に写ったデーターを処理しているのが心です。

その心が映し出すものをどう捉え、どう反応するかによって、この世界が作り出されます。



心が作り出した映像に、コメントや注釈を入れているのは私たちと言うことになります。

その心がもし全てを赦していたならば、肉体の外で繰り広げられている世界も、全て赦すことが出来るでしょう。

自由意志の尊重です。


赦せば赦すほど、外の世界が幻で在ることに気づくはずです。

意味を与えなければ何も存在しないのですから。

映画のようなものです。

どの映画を観てどう解釈するかは、この世界に囚われた人々の特権であり、娯楽です。

このようにどうでも良いことに囚われていると、真の原因が見えなくなります。

だから赦すのです。

全ての事象は単なる結果であって、それに振り回されないようにするのが、赦しなのです。

心が平和になって穏やかでいることが出来れば、きっと未来も平和で穏やかに過ごせることでしょう。




神の使者!

先日ある方に教えていただいたのですが、「神の使者」と言う本が出ているようで、それを朗読してYouTube に乗せていると言うことで聴いてみました。

この本は対話形式で書かれていて、主人公の男性と、神の使者と名乗る男女二人の会話になっています。

そして言っていることが、いつも私がこのブログで書いていることと全く同じ事を言っています。

この世は幻であり、対極と言う二元性が作り上げた、心のトリックであると・・・!

他にもワンネスのことや悟りについて、輪廻転生の仕組み、などなど、色々と書かれています。

興味のある方は、本も出ていますので読んでみては如何でしょうか!


プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR