自然栽培は農業を変えるか

自然栽培は農業を変えるか
スポンサーサイト

最近冷え込みが厳しい!

ここ最近北風が強く、明け方は10度以下まで冷え込みます。

先日も山へ写真撮影(鳥撮り)に行って来たら寒いのなんのって、ダウンジャケット着てやっていました。

これだけ寒いと、畑に苗が植えられません。

最低気温は10度以上になるのは、今週入ってからでしょうか。

明日辺りから少しずつ植えられそうです。


昨年は100㎡くらい借りていましたが、今年はその3倍の300㎡くらいあります。

既に玉ねぎは、600本くらい植わっていますが、全て上手く穫れるかは、まだ分かりません。

ジャガイモも100近く植えていますので、収穫が楽しみです。

寒いので夏野菜はまだまだこれからです。

こちらは滋賀県の北部と言うことで、温暖な太平洋側と比べると半月くらい遅れそうです。

今年は雪も多かったので、なかなか地温が上がらないのか、今植えている野菜の生育もゆっくりです。



この時期は山にも沢山の鳥たちが入って賑やかですね!

野鳥を見ていると自然の大切さがよく分かります。

IMGP3226-0-1.jpg

IMGP3218-0-1.jpg
上の2枚はサシバと言う猛禽です。

IMGP3990-0-1.jpg
最後の写真はクマタカです。

検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」

検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 ~ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!

周りのエネルギーによる影響!

最近多くの人が体調を壊したりしているようです。

私の周りだけで3名ほど居ます。

風邪だったり、持病の悪化だったりと様々ですが、今まで大丈夫だったものが、突然症状となって現れたりすることがあります。

私も以前職場の環境で悩まされたことがあります。

それはアレルギー反応です。

アレルギー性鼻炎と手荒れでした。

手荒れは凄まじく、包帯を巻いて仕事をしていたくらいです。

鼻炎の方も、薬が欠かせない状態で、2日に一回は薬を飲んでいたような状態でした。

どうしてここまで酷くなったのか?

今思うと職場の環境だったことがよく分かります。

環境と言うより、エネルギーといった方が良いかも知れません。


今は鼻炎もほとんど出なくなりましたし、手荒れも全くありません。

手荒れで感じたことは、エネルギーにやられると言うことです。

「肌に合わない」 と言う言葉にあるように、自分に合っていない状態ですね。



手荒れが酷かった職場を離職すると、段々と良くなってきます。

そしてまた別の職場に就職すると、あっという間に手荒れが酷くなります。

手荒れが酷くなった職場は、派遣会社より派遣された某有名なイ〇ンの品出しの仕事でした。(爆)

どうしてこんなにもエネルギーが悪いのか?

ホント酷いエネルギーでした。

働く環境が凄いエネルギーだったので、持病が悪化したんだと思います。



今はそう言う極悪なエネルギーにさらされていないので、全く大丈夫ですが、この周りのエネルギーというのは、人によっては相当なダメージになりますね。

特にエンパスの人は、周りの影響を受けやすいので、違和感を感じたら極力関わらないのが良いと思います。

しかし職場では、様々なエネルギーが飛び交っていますので、それらの影響を最小限にするしか方法はありませんね。

最小限にするには、「意に返さない」 「スルーする」 「バリアを張る」などです。

塩を舐めるのも良いかもしれません。

後は水晶のブレスレットを着けるとかも良いかもしれません。


何れにしても、そう言うエネルギに関心を持たないというのが一番の方法です。

気に留めない!

興味を持たない!

極力離れる!

何とかそうやって被害を最小限に食い止めるしか在りません。

なかなか職場を変るのは難しいので、職場の中でも自分の世界をしっかりともって、バリアを張りつつ、必要最低限の会話と、仕事をこなす感じで仕事に当たるしかないかも知れませんね。


今二極化が激しくなっていますので、それなりに影響を受けるかと思いますが、上手くスルーして生きていくしかありません。

一掃のこと世捨て人的に、小屋暮らしなんて言うのも有りかも知れませんね。(笑)


波動が変ると苦しくなったりすることがあります。

特に差が激しくなると尚更です。

周りのエネルギーから影響を受けなくなるほど、霊性が高ければ良いのですが、人間をやっている限り否応なく影響は受けると思います。

昨日の記事のように、瞑想することで影響を減らすことも可能です。

出来る限り 「無」 の状態を保てるようになれば、影響は受けにくくなると思いますので、これも修行だと思って、瞑想を始めることも良いと思います。

二極化は益々広がりますので、自分の中に居ることを心がけで生活するしかないですね!




瞑想法!







何冊かの本を紹介します。

この中で自分に合いそうな本を選ぶのも良いかもしれません。


瞑想とは何でしょう?

色んな書物が出ていますが、瞑想に関しては 「内観」 だとか 「呼吸法」 だとか 「ワンネス」 だとか 「悟り」 だとか色々出てきます。

瞑想に関するワークショップも沢山あります。

しかし自分に合っているかどうかは、選択が難しいと思います。


瞑想するに当たっての目的も違いますから、何を得たいのかが問題です。

例えば霊的能力が欲しいとかです。

この場合はチャクラ開発が一番手っ取り早いでしょう。


幸せになりたいとか悟りを得たいのであれば、静寂を体験するのが良いかもしれません。

真の幸せ、永遠の幸せ、と言っても個人個人どの程度を幸せと言うのかで変ってくると思います。

悟りにも多くの段階がありますから、どこで満足するかによっても違うからです。


ワンネス的体験というのもありますから、愛とか至福の時という言い方をすると思いますが、それを体験したいのかどうかです。

みんなそれぞれですが、例えば仏陀の瞑想では、「今在る」 と言うのが基本のようです。

今在る状態とは、無の状態!

思考が止まっている状態!

宇宙との一体感!

愛の状態!

本質の自分自身に気付いている状態!

色んな捉え方があると思います。


瞑想は何のためにするのでしょう?

私は心を落ち着かせ、静寂を取り戻すためにするのが良いと思います。

何も考えない時間を作ることで、心身のバランスが正常化します。

言葉で言うのは簡単ですが、ほとんどの人は何も考えない状態をキープするのは難しいと思います。

何も考えない状態で、1分、5分、10分、20分と時間を保てるようになると、本来の自分に気付くかも知れませんね。

「雑念は消すのではなく流していく」

とりとめも無く湧いてくる雑念に、意識を囚われないことです。

雑念は流れていく外の景色です。

そうやって思考を停める練習をします。

何ヶ月かかるか分かりませんが、いつの間にか思考が自然と止まるようになるときが来るでしょう。


何故思考を停めるのかと言うと、周りに惑わされないためにです。

こんな言葉があります。

「思考は私ではなくエゴである」

この意味が分かれば、何となく分かるのではないでしょうか?


基本は 「無」 なんです。

無であることを 「今在る」 と言います。

今に意識が在り、今を生きていると、思考ではなく今そのものを生きるようになります。

思考とは、過去や未来であり、基準が存在します。

全ての思考は判断します。

判断しているのはエゴであって、自分ではありません。


ちょっと難しいですが、1日5分でも良いので、何も考えない時間を作ってみては如何でしょう。

今起きている苦の原因も、自ずと分かってくるのではないでしょうか?


松果体と今後の進化!

この様な本が出ているらしい。



「出版がヒカルランドなので、お金儲け主義の本かも知れませんが、タントラヨーガの本で実践した方が良いかも」



松久正氏という方の本で、医師でもあるそうです。

シリウスからメッセージを貰っていると言っていますが、内容はタントラヨーガ的何でしょうか?

読んでいないのでよく分かりませんが、どうも松果体が関わっていて、松果体は珪素がベースらしい。

珪素と言えば水晶も珪素です。

人間の身体は炭素ベースですが、この珪素ベースに変ることで、宇宙と繋がり新人類に進化するようです。

要はアセンションですね。


宇宙のエネルギーと大地のエネルギーを丹田で凝縮し、そのエネルギーによって進化するというのですが、多分タントラヨーガと同じ原理だと思います。

霊性が開くと、食事をしなくても生きて行けたり、寝なくても済むようです。

まるで仙人ですね!


勿論このエネルギーを使うためには、心の浄化が不可欠です。

そうしないと低級霊に持って行かれる可能性があります。

霊性を開くと言うことは、色んなものも集まってきますから、その点は注意が必要です。

「キンキラキンの仏様が見えたら叩き切れ!」 と禅などで言われているのは、危険だからでしょう。

心の波動を上げることもとても大事だと思いますので、心身共に進化していくよう努力しましょう。

外の世界は観賞するものであって、のめり込むとものでは無い!

最近外の世界が面白くなってきました。

外の世界にああだこうだ言っても、どうにかなる訳でもないので、適当にスルーしておくのが無難です。

多くの人は外の世界を鑑賞するのではなく、その中に入り込んで、外の住人たちと入り交じって色々やっています。

でも入り交じればそれだけ苦労も絶えなくなり、心の安まるときがありません。

入り込んでしまうと、目先のことしか分からなくなり、全体が見えなくなってしまいます。

そして自分のやっていることにすら、気付かなくなり泥沼にはまり込みます。


もうちょっと周りを観察し、第三者的に物事を見るように心がければ、罠にはまることもないでしょう。

冷静に周りがやっていることを見て、それを批判したり、荷担したりしないことです。

批判や荷担をすれば、どちらかに傾くことになります。

そうなった時点で、周りの人々と同じ状態に引きずり込まれます。

「右でもなく、左でもなく、冷静に唯々眺めること」

全ての人が自分の思いの中で生きているだけです。

それをジャッジした時点で、周りの人と同じです。

人は全てに於いて自分好みにジャッジして生きているのです。

こう言う生き方をしていると、カルマを量産してしまいます。


もし真理を理解しているのならば、周りの人たちのように流されないことです。

外に見えている世界は、まだ真理を知らない人たちが創ったドラマでしか在りません。

そのドラマは鑑賞するだけで十分です。

そのドラマの中の、主役や脇役になると、そのドラマの世界が現実化してしまいます。


愛と欲望と野望と怨念の世界です。(爆)

こんなドラマに参戦するのは止めましょう。

生きていく中で・・・!

これから先も色んな事が起きていくと思います。

今もきな臭いことがささやかれていますし、どうも戦争に駆り立てている勢力が、色々とやっているようです。


3日ほど前ですが、以前富士山の写真を本栖湖から撮って、あまりに綺麗だったので額に入れて飾っておりました。

そしたら額を掛けているプラスチックのフックが突然壊れ、額諸共落下しガラスが粉々に割れてしまいました。

これはもしやとちょっと気になっていたところに、コメントを頂き富士山云々と書いていてびっくりです。


自分の部屋にも幾つか写真を飾っているのですが、100均で買ってきたA4のガラスの額に、鳥たちの写真を沢山飾っています。

これらもプラスチックのフックだったので、ねじ釘に全て変更して掛け直しました。

生きている中で色んなメッセージを頂きます。

本当か嘘かはともかく、気になったときはそれなりに対処した方が良いこともあるので、完全スルーするのではなく、気になることは改善して万全に備えることも良いことだと思います。

有事もそうですが、日本は地震大国でも有り、火山大国でも有り、台風大国でもあるので、備えあれば憂い無しですね。

以前も少し書きましたが、最近サバイバルグッズ(キャンプ用品)によく目が行くようになりました。

何故か分かりませんが、ライフラインが止まったときに困らないようにと、何となくですが動いている気がします。

畑で野菜を作っているので、食べるものの心配は少ないですが、電気・水道・ガス等のインフラが止まるとたちまち困ります。

出来ることは限られますが、少しでも困らない工夫も大事かも知れませんね。

日頃から最小限の生活を心がけていると、いざというときにも役立ちますね。


気になることと言えば、今年は何らかの動きがあると思っています。

何がどう動くかは分かりませんが、何となくそんな気がします。


社会に馴染めない症候群!

私もそうですが、今の社会には馴染めません。

それどころか周りの人たちがやっていることが、滑稽に見えています。

何が滑稽なのかというと、「そこまで従順にならなくても良いのに」 と思います。

周りを気にして、自分の思い出生きていないことが、あまりにも滑稽過ぎます。

そして常識に囚われ過ぎていて、真実が見えていないとも思います。

究極は、無駄が多過ぎると思います。

無駄とは、やらなくても良いことを一生懸命やっているという意味です。


そもそも群れるのが嫌いな私にとって、社会というものは、他人に気を遣いながら、嫌われないように常識人でいて、価値観を共有しないと生きていけない世界でとても苦痛です。


人それぞれ価値観の違いがあって、進化の違いもあるのですから、縛る必要など無いのに、どうしてか色々と縛りたがるのです。

もっと自由で良いと思います。

後はお金(経済)という呪縛です。

これがどうにななると、みんなもっと自由になれると思うのですが、今の社会では世捨て人的生活をしないと、それは難しいと思います。

でも税金や光熱費がなかったら、そんなに多くのお金は必要ありません。

400万円前後の年収の人で、年金・社会保険・所得税・市県民税だけで5~7万円/月払っていて、それに+光熱費が2~3万円は掛かっていると思います。

平均8万円くらいのお金が、息をしているだけで必要なんです。

これに家賃や教育費、食費、その他諸々です。

家賃と教育費は多いと思います。

一番少ないのは食費だったりして・・・(笑)


人間の原点として、寝る場所と食べるものがあれば、生きていけなくはないので、そう考えると無駄なものが多過ぎると思います。

清流の傍で水の確保が出来、太陽光で1kwくらい使えて、夜間の照明もバッテリーでカバーして、畑や田んぼも少しやって、最小限の収入で楽しく暮らすことだって出来ると思います。

戦前の日本の暮らしって、そうだったと思います。

白熱電球一つで、生活はほぼ自給自足でした。

トイレやゴミなども、循環型社会でしたから、自分たちで処理していました。

今のようにビニールやプラスチックも少なかったので、十分生活できたと思います。


社会に馴染めないのなら、逆手を取って馴染まない生活も良いのではと思います。

今私が目論んでいるのは、オフ・グリッドです。

出来る限り今のシステムから離れて生きることです。


ライフラインも出来る限り断って、自給自足して、どうしても足りない分だけお世話になる程度に済ませたいですね。

食料もスーパーで買わなくても自給自足で出来るだけ賄いたいです。

何とか無農薬野菜の販売収入だけで生きて行ければと思っています。

馴染めないのなら馴染まないで良いと思います。

そう言う生き方も 「有り」 だと思うからです。


宇宙真理を学べば学ぶほど、社会のしがらみがうっとうしくなります。

勿論私の性格もありますが、今までこの性格でどれほど嫌な思いをしたか、馴染めないものは馴染めないのです。

真理は私を自由にしてくれました。

一番自由になったのは心です。

心が社会の呪縛から解き放たれた気がします。

本当に必要なことは、執着や拘りを捨て、真実に気付くことだと思うからです。

今までは 「右に習え」 をしていたので、苦しかったことに気付いたのです。

「別にみんなと同じじゃなくて良いんだ」

「みんなと同じじゃないことが、本当は普通なんだ」

そう気付いたのです。

だからもう真似をするのは止めました。

そして自分を着飾ることも止めました。

自分は自分で良いじゃないですか。

自分なんですから、それ以上もそれ以下もないのです。

それが自分なんです。


そう思うと心は解放されます。

今まで煩わしかったことも、どうでも良くなります。

他人に干渉しなくなりました。

そして自由になりました。

他人は他人、自分は自分で良いと思います。

真理はそう言ってます。


「他人を責める前に、自分を改めよ」と!

これは他人の所行を許すと言うより、自分がそれに干渉しないという意味だと思います。

他人の行いに、いちいち自分か意識を合わさないという意味です。

意識を合わさなければ、自分の中に入ってくることはなくなります。

これも真理です。

合わすから入るのです。

自ら嫌なことを引き寄せている状態です。

これを止めるだけで、随分楽になります。



このブログを読んでいる方も、社会に馴染めない症候群の方が沢山居ると思います。

それは馴染めない方が悪いのではなく、馴染まそうとする社会がおかしいのだと思います。

この習慣を止めないと、ずーっと苦しい生活をしないと駄目だと思います。

本当に心から幸せを得たいと思うなら、全てを赦し、全てを受け入れ、自分に素直になることでしょう。

但しここで言う受け入れるというのは、社会のシステムのことではなく、起きること全てです。

今起きていることは、過去の結果です。

これは蒔いている以上、刈り取らなければいけません。

しかしこれから蒔く種は、囚われない種を蒔けば良いと思います。

そうすると社会に囚われない生活が、未来に現れてきます。



言葉で言うのは簡単ですが、行動はとても難しいです。

しかし勇気を持って第一歩を踏み出すことが出来たら、今までの生活は一変し、心穏やかに第二の人生を歩めるかも知れません。

きっかけは何でもかまいませんが、やはり捨てる勇気が必要だと思います。

この勇気があれば、みんな自由に生きられると思います。

捨てる大きなきっかけとして、東日本大震災がありました。

あの後、多くの人がライフラインについて考えました。

そして住む場所、住む家です。


福一の事故がなかったら、それほどではなかったかも知れませんが、電気について多くの人が気付いたはずです。

便利なはずの電気が止まるとどうなるか?

身に染みて感じたことと思います。

エアコンさえなければ、500Wの契約でも、十分生活は出来ますよ!

後はマンションでエレベーターが動かないということです。

これは高層マンションでは致命的です。

でももう多くの方は、あのときの震災を忘れようとしています。

何もなかったかのように生きています。



折角の大きなきっかけが、無駄にならないよう、今一度考えてみては如何でしょう。

まだ何も終わっていませんよ!

これからです。






エンパスな人!

エンパスってどういう人?

エンパスとは感受性が高く、ついつい相手の感情を貰ってしまう人のようです。

なので多くの人が集まるところや満員電車、感情が入り交じる場所なとは苦手のようです。

テレビドラマや映画を観て、ついつい主人公に自分がなってしまったかのようになる人とか、悲しい場面で涙が止まらなくなるとか、サスペンスドラマで始めの方で犯人の目星が付くとか、そう言う人はエンパスかも知れませんね。


要するに周りのエネルギーの影響を受けやすい人と言うことです。

そう言う人は、この世界で生きることはとても苦痛かも知れませんね。

私もそうですが、あまり人との接触は好きな方ではありません。

しかしある程度波動が近い人との関わりは、そう辛くはありません。

極端に違うと疲れるタイプです。

人混みはまだましですが、組織とか集団的グループとかは苦手です。

但し気の合う仲間だけなら大丈夫です。

後はエネルギーが入り交じっている場所は、後から大変なときがあります。

以前、福井にある一筆啓上(日本一短い手紙)と言うところで、多くの人が送られた手紙を展示する場所へ行ったところ、翌日身体
がしんどくって起きれなくなったことがあります。

多分手紙に託された多くの人の感情を貰っちゃったんでしょうね。

特に手紙という文章に託された思いというのは、結構重いものが多く、情がこもったものが多いので辛いですね。


群れるのが嫌いなのは、エンパスだからでしょうか!

喜怒哀楽の激しい職場や環境は耐えられません。

ゆる~く、穏やかに過ごせる環境が好きです。


相手の感情を受けやすい人!

先読みして取り越し苦労する人!

一瞬でその場の雰囲気やエネルギーを読み取る人!

取り憑かれやすい人!

などなど・・・!


もしこの社会での生活がとても生き辛く、居場所が無いと思っているとすれば、もしかするとエンパスかも知れませんよ!

プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR