FC2ブログ

セミナーのご案内!

セミナーのご案内!

この新しいブログしか見ていない方もいると思いますので、ご案内いたします。



2月22日 大阪セミナーお茶会(マーヤさんとのお茶会です)

場所:平野区民センター

時間:13:00受付  13:30~20:30




3月22日 高知玉蔵さんとのコラボセミナー

場所:男女共同参画センター(ソーレ)

時間:10:00受付  10:30~16:45




3月29日 名古屋セミナーお茶会(マーヤさんとのお茶会)

場所:東スポーツセンター(ナゴヤドーム北隣)

時間:13:00受付  13:30~20:30




4月6日 名古屋市東山動植物園お花見ツアー

場所:東山動植物園

時間:10:00現地集合



詳しくは、こちらのセミナーのご案内を御覧ください。
セミナーのご案内
スポンサーサイト

スポーツが日常を浮き彫りにしている。

スポーツが日常を浮き彫りにしている。

柔道界で体罰、高校のバスケットやバレーボールでも体罰!

このようなやり方は、戦中の軍国主義やど根性ドラマの中にもあります。

そして私達の社会自体が、そういう風潮の中にあります。

よく言われる「鶴の一声」です。

これをパワハラと言うか、服従というか、長いものに巻かれるというか、見て見ぬふりというか・・・

日本の風潮が浮き彫りになっているのではないでしょうか?



日本人の好きな「ど根性ドラマ」!

耐えて耐えて耐え忍んで・・・

屈辱と忍耐と闘争心です。

過酷な努力の末の栄光・・・

「おしん」の世界です。



私は努力も楽しくするものだと思います。



パワハラは社会現象でもあります。

会社の上司の言うことは絶対ですから・・・

村の長老の言うことも絶対なのです。



奴隷社会とはまさしく「言いなりに成る」ことです。

奴隷にならないために、「わがまま」を言うことではないです。

自分の意志をしっかり持つことなのです。


自分の意志さえしっかり持っていれば「巻かれる」ことはありません。

誰かの「言い成り」になることもありません。

誰の人生でもなく、自分の人生なのです。

誰かに自分の人生を決められていいのですか?

「私の人生です。あなたに決めて頂く必要はありません」ときっぱりと言えますでしょうか?


もう根性ドラマやおしんの世界で生きていくのは止めましょう。

爬虫類脳と恐怖

爬虫類脳と恐怖

私達の基盤となるDNAの中に爬虫類脳と言われる本能をつかさどる部分があります。

これは私達を創る時に、宇宙人たちが爬虫類や霊長類である猿と、自分たちのDNAを使ったことに起源があります。


しかしこの爬虫類の部分は、生きるという生命力でもあります。

そしてその中には、「自己保存欲」というものが存在し、身の危険を感じると「恐怖」が湧くようになっているのです。

ですから私達はこの恐怖感によって自分の体を守ることが出来たのです。



しかしこの「自己保存欲」によって、恐怖による奴隷化も生じさせ、ある宇宙人たちはそれを利用し、地球人類を支配し始めます。


今世界中で起きていることや社会システムは、私達の中の恐怖というものが根底にあります。
今回の地球の課題として、この根柢にある恐怖感から抜け出すことが、地球人類が宇宙意識へと変化するための、大きな課題となっているのです。





アクセス数も少し落ち着きましたので、今日からコメント欄を再開します。(!!)V
但し今までどおり承認制です。





恐怖と怒り!

恐怖と怒り!

これは私も含めてすべての人が感じてきたことだと思います。

恐怖心から来る怒りです。

支配者や権力に対する怒りです。

抑圧・犠牲・加害者・被害者などもあります。



このような感情が私達に恐怖を植え付け、そのやり場のない感情を怒りとして表現しているのかもしれません。



プレアデスは、この支配的・自己中心的エネルギーを追放してしまいました。

そして愛と調和という自分たちが心地良い部分だけにしてしまったのです。

でもそうすることで何が起きたのかというと、進化が止まってしまったのです。


何故でしょう?

よく「闇を排除する」といいます。

これでは進化が止まるのです。


闇とは自分の外にあるものだから、居なくなればいいという考えは、余りにも短絡的な考えです。

そうではなく、闇の部分を創り出しているのは、自分の心だということに気づくことが大事なのです。

外に闇がいるのではなく、何かを見て闇だと判断している自分がいるだけなのです。


では、恐怖や怒りを癒すにはどうすれば良いのでしょう?

答えは簡単です。

「自分の心と向き合えばいい」のです。

恐怖や怒りを生み出すのは、否定と比較です。

抑圧や権力を怖がるのは、「自己防衛本能」です。

そしてもう一つは引き寄せです。


心の中に否定する何かを持っていると、必ず引き寄せられ結果として現れます。

私も長い間、支配や権力に対する怒りがありました。

この典型的例は、今問題になっている「原子力」に対する反発のようなエネルギーです。


これ以外にも、会社の上司や社長、地域の決まり事、親戚内での約束事、これらすべてが暗黙の了解のように進行し、自分の心に疑問や否定を生み出します。


簡単に言えば「力で押さえつけるモノ」です。


でも、よくよく考えてみて欲しいのですが、これらの力は自分の外にあるものです。

その外にある何かに対して反発している状態は、結局闇の手口にまんまと引っかかっている状態だということです。


怒りの原因は外にあるのではなく、それらを否定し続ける自分の心の中にあるということです。



「自分の心と向き合う」

「外に敵がいるのではなく、自分の心に悪魔が住んでいる」ことに気づくことです。

引き寄せ!

引き寄せ!

ではどうして引き寄せられるのでしょう?

これは本「心ときめく宇宙の法則」にも書いていることなんですが、復習ということで書いてみます。



私達の思いは「波」です。

波という周波数を持った波動が、様々なものを引き寄せています。

どうして引き寄せられるのかは、ラジオやテレビと同じ原理です。

例えばNHKを受信したければ、ラジオの方からNHKと同じ周波数を発信します。

そうすると、NHKの周波数と同じ周波数のNHKの波が共鳴し始め、大きく増幅されます。

大きく増幅された波を、ラジオのスピーカーで聴いてるのです。



同じ周波数の音叉を2つ並べて、どちらか片方を叩くと、もう片方の叩いていない音叉も鳴り始めます。

これを共鳴作用と言います。

共感が持てると言ったりするのは、同じ思いだからです。

嫌な人が現れるのも、自分が発信する嫌という思いに共感しているからなのです。




私達の思念も同じです。

私がどういう波を発信したかによって、共鳴する周波数が変わるのです。

「嫌」とか「怒り」とか、そういう思いを発信すると、そういう現実を創り出す周波数のものが引き寄せられます。

簡単に言えば、怒りの体験をしたければ、いつも腹を立てていれば、そういう世界に住むことが出来るというわけです。




それともう一つ、自分は来てほしくないと思っていても、向こうからやってくる場合ですが、これも心の奥にある「嫌い」「怒り」「拒絶」などの思いが、そういう人を引き寄せているのです。


心の奥にある自分の「嫌」と言う思いと向きあり、「どうして私はあの人が嫌なのか?」と、自分の心に問いかけて見ることです。


容姿が嫌いなのか?
性格が嫌いなのか?
行動言動が嫌いなのか?
すべてが嫌いなのか?


そしてその嫌いな訳を自分で探して見ることです。

どうしても許せない何かがあるとすると、それが自分がこの人生で変化させなければいけない心の癖ということになります。


性格が嫌いなら、そういう性格で自分が痛い目にあっているとか?

過去の自分がそういう性格だったので、それを見せつけられているとか?

また、今の自分が自己中心的考えから抜け出せていないとか?

何らかの要因となる因子が見えてくるはずです。

これらをトラウマとかカルマといいます。



簡単にいえば、自分が発信しなければ共鳴しないということです。

でもこの法則を、良い方法で自分の人生に上手く役立てると、自分の人生をより良いものに変えることができます。

「成功術」だとか「錬金術」というのは、自分の癖に気づくことかもしれませんね!


波・素粒子・エネルギー

波・素粒子・エネルギー

これらは創造の元となるものです。

元は素でもどちらでもいいかもしれません。

結局私たちの思いは、波動となって伝わったり、エネルギーとなって創造したりします。



太陽が何らかのエネルギーを発すると、それが宇宙を伝搬しやがて地球に到達します。

その時に、熱や光に変わります。

太陽は私達が学校で習ったように、何万度という温度で燃え盛っているのではないような気がします。

恒星とは、何らかのエネルギーを発している星のような気がします。


惑星ももちろんエネルギーを発していますが、恒星は、創造エネルギーという何かを担っているように思います。

分かりやすく言うと生命エネルギーです。



実際に太陽を宇宙空間で見たわけではないのですが、何かそんな気がします。




宇宙は生命エネルギーで満ち溢れていて、それらを私達が受け取って生きている。

動物達も植物たちも、すべてがこの生命エネルギーによって生かされている。



私達は何かと物質的に捉えすぎています。

形のないものを信用しません。

言葉で表現できないものは、無いとみなします。

でも、宇宙には言葉で表現できない多くのものが存在していると思います。


ヨーガでは、宇宙のエネルギーのことを「プラーナ」と呼びます。

日本では「気」と呼ぶことが多いかもしれません。


でもこれは単なる言葉遊びであって、表現です。

「気」とは何かを説明することは難しいと思います。


私たちはこの見えない力によって生かされています。

食べ物だけで生きているのではないのです。


そして自分の意識という思いも、私たちを生からしめる大きなエネルギーの一つです。

意識とは、「宇宙エネルギー=創造エネルギー」です。


生命の不思議さは、この得体のしれない見えないエネルギーが関与していることは間違いありません。

物質的概念だけで全て片付くわけではないのですから・・・


五感でしか味わえない

五感でしか味わえない!

この物質次元は、五感でしか味わえない素晴らしい所でもあります。

「閉じ込められた牢屋の中」という言い方もしますが、特殊な場所である以上、この特権を味わうのも楽しく生きるためのコツです。


良いとか悪いということではなく、折角この3次元物質世界に来たのですから、ここでしか体験できないこともたくさんあるのです。


牢屋に閉じ込められて泣いているだけでは、折角の体験チャンスを逃してしまいます。

物質次元を楽しむ姿勢は必要です。

美味しいものを食べたり、様々なものとのふれあい、動物や植物たちもそうです。
物質次元でしか出来ない体験だと思えば、この物質地球もまんざらではないように思います。



多くの人はこの楽しむという姿勢がないように思います。

これは教育や常識、価値観が自分を縛り付けているためですが、そういった縛りを解くことで、本来人間として持っている自由を手に入れることができます。

そんなに難しことではありません。

執着やこだわりを捨てればいいだけです。



見えない何かが自分を縛り付けているわけではなく、自分自身が縛っているのですから、自分がその縛りを解けばいいだけです。


守るものや縛るものがなくなると、人間は自由になれます。

自由が手に入ると、この物質地球での体験が楽しくなります。

本来、物質次元は様々な体験を通じて学ぶためと楽しむために来ているのですから、折角のチャンスを大切にしたいものです。



宇宙から見れば、物質地球は特殊な舞台装置で作られた世界です。

この舞台装置はとてもうまくできていますから、様々な体験が可能なのです。

可視光線という限られた世界で、五感のみを使って体験できるのは、物質世界だからです。

折角この世界に来たのですから、もっとこの物質世界を楽しんで下さい。

自由とは・・・

自由とは・・・

自由とは、心が囚われていない状態を言います。

自己中心的でわがまま放題することではありません。



そしてわがままとは、そもそも「我であること」を言うのです。

素直な自分、ありのままの自分です。



素直でありのままに自分を表現し、何事にも囚われること無く、愛の実践をすることです。


ただただ与えること・・・


自分の思いを素直に行動に表すこと・・・


自分が出来ることを楽しくすること・・・


見返りを求めず、他人の考えや行動に振り回されること無く、自分らしく自分の人生を生きることです。


そして全てに愛を持って行動することです。

思いやりの心を、優しい心を持ち、認め、許すことです。


自己愛を満たすことが自由ではありません。


何事にも囚われないこと!

何事にも囚われないこと!

私達の日常は、様々な出来事で溢れかえっています。

しかしこの出来事も、結局は自分の外で起きていることです。

自分の外で起きている様々な出来事を、自分自身がとう捉え、どう考えるかで、自分の創造するものが変わっていきます。


他愛のないことやどうでもよいことに囚われていると、周りに振り回されることになります。

「あの子がこう言った!」「あいつが仕掛けてきた!」などは典型的な例です。

周りの人の行動言動に意識を向けないことは、自分の心を維持するには良い方法だと思います。

無視をするわけではなく、受け流すと言うスタンスが良いと思います。

そしてそういう人達に意識を向けないことです。

他人には他人の考えがあり、それが行動言動になって現れているだけだと思うことです。


このように今まで受け止めていたやり方を少し変えて、周りの人を認めながらも意識しない方向で、自分の心をコントロールすることです。



テレビやラジオから聴こえてくる様々なニュースも同じです。

だいたいマスコミが流すものは、ネガティブな感情を煽るものが多いので要注意です。

北朝鮮・中国・韓国問題も全てヤラセだと思うことです。

裏で手を引く何かがあると思うことです。



現時点で、私たちの生活に深く関わっていないニュースや出来事については、意識を向けないことです。

いつも言うように地に足をつけるとは、今生きているこの瞬間にのみ意識を向けて、楽しく生きることです。


テレビの世界は、あまり一般市民には関係がないことばかりを煽っているのですから、そういうモノに気を取られるのではなく、堅実に今を楽しく生ことが大切です。


すべてのキーワードは楽しく生きることです。

良からぬ報道は無視して下さい。

如何にも北朝鮮が恐怖であるかのように演出しているだけです。

そこには必ず裏があるということです。



集団意識をコントロールすることで闇が支配し、今まで私たちは、生活を明け渡してきたのです。

でもこれからは明け渡すことはありません。

意識を向けなければいいのです。


生きることの原点は、今この瞬間を生きるという事です。

起きるか起きないかわからない恐怖に、心を占領されないことです。

波動が高い状態とは!

波動が高い状態とは!

波動が高い状態とは、「歓喜」の状態を言います。

この上なく嬉しくって、楽しくって、ワクワクしている状態です。

よく「天国にいるかのような・・・」と言う表現をしますが、正しくその通りで、人は嬉しい時、楽しい時が一番良い波動が出ているのだと思います。

感動している時もそうですね!

素晴らしい演奏を聴いた時や壮大な景色に見とれている時もそうです。


そこには他人も自分もなく、ただその瞬間の喜びを感じているのではないでしょうか!




自分の人生を創造する際、私達はこの歓喜という「ワクワク感」を忘れてしまったのではないでしょうか。


幼い頃に、何事にも興味津々で、草花や昆虫や動物達に「歓喜の声」を上げていませんでしたか?

どんな遊びをしている時も「キャーキャー」言って笑っていませんでしたか?


でもいつの間にやら大人になるに連れて、このような喜びの表現をすることがなくなっていきます。

心の底から笑顔になることを、いつの間にか止めてしまっているのではないでしょうか?



これでは素晴らしい人生になるわけがありません。

もう一度童心に返って、心の底から笑ってみて下さい。

嬉しいこと、楽しいことを身体全体で表現してみて下さい。


そして、出来ることなら瞬間瞬間をこの歓喜でいられるよう、楽しい人生選択をしていって下さい。


そうすればシンクロニシティが絶えず起き始めると思います。

プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR