FC2ブログ

谷村新司さんが本を出されました!

面白そうなので私も読んでみます。


スポンサーサイト



人間関係!

人間関係!

みんな一番困っているのは人間関係ではありませんか?

他人と上手く付き合えない人がたくさんいると思います。

自分の家族ですら、大変な思いをしているのではないでしょうか?

なぜ人間関係で患うのでしょう?


「すべては学び!」と言えば簡単かもしれませんが、なかなか割り切れるものではありませんね!

ではなぜ人間関係で悩んだり、苦しんだりするのでしょう。


ここが大事な部分なんですが、人には好き嫌いがあります。

好む人と好まない人がいます。

でもこの好むとか好まないってなんなのでしょう?

これに気づくと、今まで人間関係で苦しんでいた事が馬鹿らしくなります。

なぜなら、単なる偏見だということに気づくからです。

自分の思考に気づけば、毛嫌いしている理由が分かるからです。



好きとか嫌いというのは、すでに何かを基準にジャッジしている状態です。

それなら基準を取り払って、ありのままに見ることです。

また、嫌いな人を好きになろうなんて出来ませんから、嫌いな人の性格を許し、認めるようにすれば、今まで沸き起こっていた嫌いという感情も、徐々に収まるのではないでしょうか!



ほとんどの人が人生劇場の主役になりきっています。

そして自分の価値観を他人に押し付け、文句を言っています。

「どうしてあの人は常識がないんだろう!」

よく言いませんか!



自分の基準を他人に押し付けていることに気づきませんか?

そして受け入れられなかったら、腹を立てているだけではないでしょうか?



人それぞれ性格があります。

多分死ぬまでこの性格は変わらないでしょう。

大きな出来事によって気づいて、自分の性格を変える方もいます。

これを霊性進化というのですが、なかなか自分の思い癖という性格を変えるのはとても難しいです。



周りの人のほとんどが、「自分の基準は正しい」と思っています。

だからズケズケと土足で他人の中に入り込んでくるのです。


でもこの意味が分かれば、今まで自分がやってきたことを、周りの人もやっているだけだと気づくはずです。



そしたらどう対処すればいいのでしょう。

すべてその人の思いの中で生きているだけであって、それに反応する必要はないとは思いませんか!

そして自分の中の、「ジャッジしている心」に気づけば、修正出来るのではないでしょうか。


「基準」て何でしょう?

自分の中の凝り固まった価値観です。


この価値観にすがりついているから、何かあるごとに腹が立ちます。

周りの人は、いろんなエネルギーを放出し、私たちの心を揺さぶります。

しかし、ここで揺さぶられているのは、エネルギーに反応している自分の心だと気づけば、全ての人を許すことが出来るのではないでしょうか。



一番厄介な人間関係ですが、もし自分が誰もジャッジすること無く、淡々とありのままを受け入れているとすれば、他人対して負のエネルギーを出すことがなくなってきます。

そうすれば「引き寄せの法則」が成立しないため、徐々に自分の周りも変化していきます。

「出したものが返ってくる」

偏見が在ると偏見が返ってくるだけです。

お互い全く違う性格の者が許し認めるという、宇宙の愛を学ぶには、この偏見を外さなければいけないのではないでしょうか。


基準とは自分自身の単なる思い込みです。

100人いれば、100通りの基準があるのですから・・・

最大の功徳は、宇宙真理を伝え目覚めさせること!

最大の功徳は、宇宙真理を伝え目覚めさせること!


私たちは霊的進化を目的にこの地球に来ています。
すべての宇宙生命体も同じ目的で、地球なり他の星なりに転生し、霊的進化の道を歩んでいます。


ですから霊的進化こそ私達が最も重要視しなければいけないことであり、地位や財産を築いたり、権力や名誉を振りかざすことが目的ではありません。

愛を持って生きるという私達本来の気質をより進化させることが最大の目的なのです。

ですからこの宇宙の法則や宇宙真理と呼ばれるものに気づき、それを伝え、広め、多くの人々を目覚めさせることは、宇宙に貢献することでもあるのです。


人々にこの愛の法則を伝え、自らも実践し、生きることは大変なことでもあると思いますが、最も崇高で宇宙の理にかなった生き方でもあります。


宇宙の法則を伝えることは恥ずかしいことでも、変人でもありません。

周りの知らない方のほうが変人なのです。

知っている方のほうがまともな方といえるでしょう。


ですから自信を持ってこの宇宙の法則を人々に伝えて下さい。

これは宇宙の貢献することでもあるからです。



スピリチュアルな知識!

スピリチュアルな知識!

自分が分からない間は、スピリチュアルな知識を沢山追い求めて下さい。

どうな些細な気付きも大事にして下さい。

いろんな書物を納得がいくまで読んでみて下さい。

スピリチュアルなことに深く入り込んでみて下さい。

そうすることで、少しずつ理解が深まります。

でも何も追い求めなければ、そこで止まります。


沢山のスピリチュアルな知識は、必ず自分自身を助けてくれるでしょう。

そしてその小さな積み重ねが、大きな気付きとなって、最終的には覚醒とか悟りといった部分に触れるようになります。

そうなると今度は、今まで詰め込んできた知識が邪魔になり始めます。

どうしてこのようなことが起きるのか?

でも実際に、大いなる気付きが起きると知識は必要なくなるのです。

簡単にいえば、「生きてて良かった」「毎日が楽しい」「生きることは愛なんだ」となります。

そしてこの思いを誰かに伝えたくなります。

これが本来の人間の姿です。

誰かのお役に立つことを楽しくすることで、自分というより、人のためという思いが強くなり、これが利他愛としての愛を、無私の心で出来るようになります。

自分自身は、生きるための必要最低限のものがあれば、それ以上望まなくなり、今までのような物欲や執着は消えていきます。

今までと何ら変わりない生活の中に、幸せを見出し、何事にも束縛されずに楽しく生きられるようになります。

幸せはお金では買えないことや物を集めることではないことも理解でき、何よりも今自分の回りにいる人々が、今までと変わりなく生きていることに感謝が出来るようになります。

頑固なお父さんも可愛く見えてきます。(笑)


悟るということはそういうことだと思います。

何ら変わりない毎日に感謝ができるかです。

そこに知識はいらないのです。


でも、分かるまでは知識を追い求めて下さい。

そうしないと分かりません。

幼稚園から一気に大学にはいけません。

少しずつ学んでこそ価値があるのです。



境地として

「私生きてるじゃん!」「私なんでもできるじゃん」「何に不満があるの?全て揃ってるじゃん!」

これです。

今まであなたの命が保たれ、ここに存在しているということは奇跡です。

人生は奇跡の連続です。

ですから、この生命があることに感謝出来れば、それ以上のことはなにもないはずです。


簡単そうで難しい悟りですが、別に悟ったから偉いわけでもなく、またこのような悟りすら、まだ宇宙のほんの一欠片にすぎないということです。

まだまだ先は長いです。

多分地球での悟りなんで、宇宙ではあたり前のことだと思います。

宇宙学校の幼稚園にやっと入れたくらいでしょう。(情けない話ですがそんなもんです。)

知識に溺れ偉そう振ると、変な人達(エネルギー体)に利用されますよ!



自由!

自由!

自由とは、自分で決められることです。

自由とはわがまま放題することでもなく、自分がやりたい放題やって、周りに迷惑をかける事でもありません。

理性と良心の元、自分で何事も決められることです。


今も自分で決めていると思っている方もいるかと思いますが、大体ほとんどの方が、誰かが決めた価値観の中で生きているため、思い違いしているのです。


見栄や世間体を重んじ、自分で決めていると思い込んでいることも、実は先祖代々続いたしきたりだったり、社会のルールに則って決めているに過ぎません。


自分で決めるとは、自分の意志で、そして周りに振り回されること無く決められるかどうかです。

自己防衛やよく見せたい心や、誰かの顔色をうかがって決めていることは、全く自由ではありません。


自分の思いに素直に従い、尚且つ周りに囚われず、理性と良心のもとで決めることです。

今までは誰かに合わせることが基本のようにして生きて来ました。

でもこれでは自分を生きているのではなく、誰かが決めたことに則って生きてきただけです。

これからは、自分の思いに素直に従う生き方を心がけて下さい。

そこに見栄や体裁や駆け引きや自己防衛は存在しません。

他人の人生ではなく、自分の人生なのですから、自己責任のもと、自分の人生は自分で決めましょう。

自由とただれにも束縛されること無く、自分で決められることです。

自由になるために・・・

自由になるために・・・

まず、自由になるためには、周りの人を自由にしてあげることです。

周りの人を縛らない、干渉しない、お節介を焼かないことです。

そうすると自分も自由になれます。

そしてもうひとつは、価値観を見直すことです。

「自分が持っている価値観は、果たして宇宙の法則にそっているだろうか?」と、一度考えてみて下さい。


ほとんどの人が、誰かが決めたどうでも良い価値観にしがみつき、自分で自分自身を身動きがとれないようにしています。

でも誰も気づかないのです。

それはみんなが持っている価値観こそが、この世界で通用する唯一のツールだからです。

そして国のために戦い命を落とした人々を英雄扱いすることは、素晴らしいことといまだに思い込んでいるようなものです。


戦うことは、宇宙の理に反しています。

宇宙は調和なのですから、戦い、人の命を脅かすことを正義と考えること事態、間違っています。

別に戦争でなくても、社会の競争という原理は戦争と同じです。

資本主義社会という構造も、宇宙の法則から見れば間違っていると思います。

物質世界で何をやろうが構わないのですが、宇宙の理に反したことをすれば、必ず自分でその責任をとることになりますから、結局は自分で自分の首を締めている状態です。



今の世の中は、過去世で生きてきた戦いの場を、経済という名前に置き換えただけで、ほとんど変わりません。

変わらないどころか、文明が発達するに連れ、ますます心が荒んでいます。

唯物主義の最終地点のようなものです。

過去のアトランティスもそうであったように、精神が進化していない文明はいずれ滅びます。

もし精神が進化していれば、今のような唯物主義の世界は現実化していないでしょう。


このように私たちは、心を奪われ、物質に執着し、周りの敵と戦い、外の世界が自分の世界だと思い込まされて生きて来ました。


もうそろそろ気づいて下さい。

そして自由を取り戻して下さい。


あなたが今の社会が幻だと気づいた時、本当の自由を手に入れることが出来ます。

働くほど苦しくなる社会

働くほど苦しくなる社会

よく言うところの中堅サラリーマンと言われる世帯では、ますます生活が苦しくなってきています。

中流家庭とも言いますが、年収が中途半端な人々です。

多くもなく少なくもない人達から、税金をむしりとり、年金や保険をむしりとっています。


もちろん高収入な方からも取って入るのですが、そういう方は桁が違うのと、優遇、待遇(賄賂・あっせん等)というのも潜んでいるため、上手にやっています。


どうにも成らないのはサラリーマンです。

稼いだ分すべてが対象となります。

隠せませんし、優遇、待遇もありません。



また逆に低所得者は、130万円以下だと色々と控除や優遇があるのです。

所得税もほとんど払わなくて良いなど、色々と他の税金も安くて済みます。



政府は一番取り易い人から税金を取ります。

そして、これから年金が65、68歳まで貰えなくなるとも言っていますから、もう大変です。

アルバイトをしても所得税は先に棒引きされます。

わすか1万円でも収入があると取られます。

それ以外に、市県民税や固定資産税など、この世に生きている限り、税金を取られるのです。

仕事がなくても取られます。

収入が生活ギリギリでも取られるのです。



国は国民からお金を搾取するためにあります。

これが実情です。

死んでも何とも思っていないのですから、国こそ殺人犯、詐欺師かも知れませんね!

原発事故の対応を見れば分かると思います。

国民の命より我が身が大事なんです。



ひどい社会だと思いませんか?

でもこのひどい社会に文句も言わずに従っているのは、私たちです。

嫌だと思うなら抜け出すことです。

それしかありません。


税の仕組みを理解して、どのような生活をすれば搾取されないか!考えてみて下さい。

これも楽しいものです。

税金は払わなくても死にませんが、ご飯は食べないと死にます。

それならまず食べることを重視した生き方に変え、必要最低限の収入で暮らし、極力税金の対象額以下で暮らすというのは、結構楽しいものです。

年35万以下なら非課税だと思うのですが、一度調べてみて下さい。

月3万で生きていれば、税金は取られません。(笑)

それ以外に控除がありますので、そのあたりを上手に使えば、案外少ない収入でも楽しく暮らせると思うのですが、いかがでしょうか!


ネガティブ教育とポジティブ教育

ネガティブ教育とポジティブ教育

私達は大抵ネガティブ教育をされて生きて来ました。

「これしちゃダメ」「あれしちゃダメ」「こうしなさい」などです。

自分で決めることは良くないことで、周りが言う通りに動かないと叱られるのです。

周りと同じじゃなければ非難され、阻害されてきました。


別に悪いことをしているわけでもないのに、「罪悪感」が生まれ、みんなの言う通りに出来ないと「私は大変なことをしてしまった」と思い悩むのです。

両親の言うことを聞けない自分がいると、「私は両親に対して悪いことをしているのではないだろうか?」と思い悩んだりするのです。

両親だけではありません。

社会が言うこと、友だちが言うこと、上司が言うこと、先生が言うこと・・・

すべてが常識という価値観の中で、いつの間にか正しいことになってしまっていることに気づかないのです。



もし、このようなネガティブな教育ではなく、ポジテブな教育だったら、もっとこの世界は変わっていたと思います。

「あなたの人生だから思う存分生きなさい」

「個性を大事にしなさい」

「やりたいことはなんでもやりなさい」

「あなたは素晴らしい存在ですよ」

「楽しく生きていればすべてが上手くいきますよ」

幼い時からこのように言われて育てられたら、あなたはもっと素晴らしいことをしていたかもしれませんね!


萎縮したり、コンプレックスに苛まれたり、罪悪感を感じたり、悔やんだりはしなかったかもしれませんね!


でも、自由には責任がありますから、そのあたりを間違うと、闇の支配者になってしまいます。

節制が効かなくなると言うことです。


ポジティブ極まりないと、見境がつかなくなり、優越感、傲慢、支配欲が優位に立ち、人間性を失うこともあるからです。

何事も「程々」がいいですね。


それと自由に創造させる生き方を教わって生きている人々が、とかく支配的になりやすいのは、霊的進化が乏しいためです。

霊的に進化して、尚且つポジティブに生きれば、愛の生き方が出来ます。

思いやりがあり、優しく、寛大で、それでいて謙虚で、そして自由に生きることができます。


奪う愛ではなく、与える愛の中に喜びを感じて生きられるようになります。


ネガティブもポジティブも両方経験して、自己中心的なポジティブも自己犠牲的なネガティブも、両方を統合し、善なる生き方を習得するために生きているのですから、今の二元性も学びの一部です。


もうすぐこの二元性・二極化も統合されることでしょう。

その時に、自分はどちらの道を選ぶのか?

今から考えておいて下さい。

幻は消えてなくなる。

幻は消えてなくなる。

私たち一人一人が創りだした幻は、幻だと気づいた瞬間から崩れ始めます。

今まで大事に育ててきた価値観や常識が、今私たちが住んでいる社会を築いているのです。

私たちの価値観が変われば、この世界は消えてなくなります。

日本という国も、世界も、全てが幻なのです。


誰かが決めたこの島国を日本と呼び、私たちはそれが日本だと思い込んでいるにすぎないのです。

私たちが地球人という捉え方をするようになれば、日本という国は消滅します。



誰かが決めたことを如何にも正しいかの如く思い込むことで、この世界は成り立っているのです。

誰が決めたかわからないルールを、正しいことだと勘違いして守っているから、この世界があるだけです。

もしそのような誰が決めたかわからないものに執着することをやめれば、自分という存在がただいるだけになります。


そしてその自分は、何の束縛もなく自由に生きることができるでしょう。

仏陀は「無」などと言いました。


その意味は、自分が何事にも囚われなくなると静寂が訪れ、「無」と言う何も存在しない境地にたどり着きます。

あらゆる事象が消え「ただ在る」と言う状態になり、自分の思いが全てを作りたしていることに気づくのです。



日頃、私たちが思い悩んでいる一つ一つの体験は、思いが何かに囚われている状態に過ぎないということです。

自分自身の思いをしっかりと「観る」ことです。

この「観る」は、観察するという意味です。

自分の思いをしっかり観察し、どのような現実を作り出しているかを自分自身が知ることです。

そうすれば、如何にこの世が幻であるかが、分かると思います。


意識を向けなければ現実化しないのです。

気のないものは見えないのです。

気のあるものしか現実化していません。

自分が気に止めなければ、その現象はスルーしていくだけで、実態はないのです。

気を止めた瞬間に現れるだけです。


あなたが何に気を止めどう感じるかだけです。

すべての事象は幻です。

気を止めなければ流れていくだけです。

思いの力を使う

思いの力を使う

私たちの思いこそ、宇宙創造エネルギーそのものなのです。

このエネルギーを使わないのはもったいない!

でもネガティブ表現には沢山使っているから、本当はすでに使っているのです。
使い方が奴隷的使い方になってしまっているので、あまり良い経験がないだけです。


しっかりと「未来創造」に意識を向け、自分の思いで行動することです。


まずは思いから始まります。

そして決めることです。

具体的に何をどうしたいのかをしっかりと決めることです。

そしてその次は、言葉に表すことです。

文字に書き写してもいいです。

言葉はやがて行動に変わります。

この時、必ず自分の思いに忠実に生きることです。

他人の思いに忠実に成ると、他人の思いを現実化させることになりますから、これだと今までどおり奴隷社会に住むことになってしまいます。

思いが行動に現れ始めると現実化は近いです。


今までだったら何年もかかったことも、2、3ヶ月で形になることもあります。

物は試しに、自分が欲しい物を思い浮かべ、それが手に入るまでの流れを観察してみて下さい。

しっかりと行動が伴っているときは、無理なくそのものが手に入ります。

そう高価なものでなくてもいいです。

自分が欲しいものが自分のもとに来るまでを観察してみて下さい。

心の動き、言動、行動を観察するのです。


例:

靴が欲しい⇒どんな形の靴かを明確にイメージする⇒「こういう靴を買おう」と決める⇒決めたらネットで探したり、靴屋さんに出向く⇒色々と探している間に自分のイメージに合った靴が見つかります


言葉で書くとみんな思いから創造していることに気づくはずです。

自分自身が現実化に気づかなければ、創造のメカニズムもわかりません。

まずは小さなことから試してみて下さい。





悪い例:


私は以前から曇り止めを施したメガネを使っていたのですが、先日ちょっと借りられた畑で作業中、汗でレンズに水の筋が残り見にくいため、ポツリと「このメガネ駄目だね!」とつぶやきました。

そしたら、作業が終わっていざ帰ろうとしたらメガネがないのです。

確か車の助手席に置いたつもりだったのですが、どこを探してもないのです。


で、あの時「このメガネ駄目だね!」と言ってしまったので、メガネ自ら消えたのかもしれません。(笑)

多分どこかに落としているのでしょうが、迂闊に思いを創りだすと現実化してしまいます。

「メガネさんごめんなさい!」

また時間を見て探してみます。(爆)

プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR