FC2ブログ

もんじゅ廃炉の記事!

これは朗報ですね!

これで原発銀座の脅威が一つ減ります。

敦賀原発も、活断層でもめていますが、多分廃炉でしょう。

残るは美浜と大飯ですが、もう動かさないで欲しい!

もんじゅ廃炉の記事
スポンサーサイト



この世界は影!

この世界は影!

よくこの世界は霊界の影と言われます。

私たちの住む世界は、霊界(意識の世界)の影だと言うことです。

影と陰

多分私たちの世界は、太陽に背を向けると出来る影法師なのでしょう。



本当の世界は、意識の世界!

意識の世界とは物質次元じゃない別の世界です。

そこに私たちの住処があり、霊があり、意識が存在します。

そしてそこで作られた思いが、私たちの住む世界に現れてくるのです。

だから元となるものは意識の世界で作られ、それがやがてこの物質界に現れ、如何にも私たちはこの物質世界がるかのような錯覚の中で生きているのです。

元々影ですから、実体の無いものです。

影を作るためには、その原因と成る物が必要です。

光を遮り、黒い影を落とすための肉体です。


これは比喩的な言い方なので、肉体が悪いわけではなく、肉体を操っている心が現実界を創造しているにすぎないということです。


一番手っ取り早くそのことに気づく実験をするならば、外の情報を一切カットし、一人で部屋に閉じこもってみれば分かります。

外の世界を遮断すると、自分の思いが作り出す世界しか無いことに簡単に気づけます。

山に篭って座禅を組むということはそういうことなのでしょう。

そうすると自分の心と向き合うことができるからです。


日常生活の中でも、自分が山に篭っていると思い込むことで、その状況を作り出せます。

そうすれは如何に自分の心が、様々な想像物を作り出していたかが分かるはずです。

簡単にいえば、単なる妄想です。

この世界は個人個人の妄想が影となって現れた世界なのですから、その元となる意識の世界を修正すれば、そして気づけば、影の世界から脱出できるでしょう。

アセンションとはそういうことだと思います。

自分自身の魂の存在に気づき、影の世界から実相の世界へ移ることなのです。

どうも今年の秋らしい!

どうも今年の秋らしい!

放射能と経済崩壊と食糧危機のようですが、今もその道程を着実に進んでいるように思うのは私だけでしょうか。

何か当たっているとしか言いようが無いのですが・・・

秋までに、プラーナで生きられるようにしておけば大丈夫だと思います。(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
金神の艮の文(トドメノフミ)


午うまは肥こえよが肥えまいが秋には天てん空くう跳はね上がる。

突如の事ぞと申すぞよ。

空くうを行く午、行かぬ午、喰うに事欠く午も出る。

哀れ、青菜の跳ね上がる前触れなりぞと申すぞよ。

萎しなだれ朽くちたる青野菜、見るも無残な秋野菜、原因不明、意味不明、行けど果て無き枯野かな、と思いきゃ、眼前突如現われん金銀見まえ違たがえたかあっと驚く秋野菜、人々ドンチャカ踊りたる、神の田畑ぞ現われん。

景色ぞ一転、目は二点、その身はスッテン転がりて煮ても焼いてもどうしても、どうにもできない岸からは行くに行けずに彼岸花。

彼岸の岸に行く舟を見送るしかない人々がどっと出たるは可哀そう、ゆえに延ばしに延ばし来た。

世の建て替えとぶち壊し。

改心できるはここまでぞ、ここまでなりぞと申すぞよ。

この豊作は何事ぞ、この凶作は何事ぞ。

吉凶二筋現われて世の建て直しが見えるぞと、ここまでなりぞと申すぞよ。

待ちて待たせて待ち侘わびて、それでもせっせっと野良稼ぎ、わかりし人々野良稼ぎ、そこに兎が出て来たる、コロリ、転げし木の根っこ、それが巨木の根っこなり。

喰い物粗末にした敵かたき、喰い物討うつぞと申し出て、親の敵かたきは子の敵、金神の仇あだを討つなりと野菜、果物、米に酒、果ては貝から魚までが一つ巨木きょぼくに集まりて金神の仇あだを討ちに出る相談あれこれ整いて世に出る事ぞあいなりた。

金神の仇は人救い、何が何とて人救い。

一人も多くの人々を神の御国に連れ帰り、遊び遊ばせ喜ばし金神無念ぞ晴らすぞとドンチャカ、ドンチャカあれこれが一つ巨木に集まりてドンチャカ、ドンチャカ踊りだす。

こんな可愛いものどもが集まる所に金神が行かぬ道理があるまいぞ。

福徳神に身を変えて金神シカリと参まいるぞよ、ドンチャカ、ドンチャカ参るぞよ。

巨木の根っこに金神の顕われ出たるを知りたれば一旗上げてくだしゃんせ、未ひつじに米が当る頃、金銀降らせ、玉降らせシカリと守護ぞいたすぞよ。

改心いたすは午の秋、ここまでなりぞと申すぞよ。

午の秋ぞと申すぞよ。

未が出たなら皮を剥むき敷しき物もの変えると申すぞよ。

これまでビシリと敷しき詰つめた社殿の筵むしろは焼き祓はらい未の皮で紡つむいだる新さらなる敷物敷くからに、これまでした事、やりた事、未に皮を生はやす為、やりたる手柄といたすぞよ、二度と無き尊き手柄といたすぞよ。

嬉し嬉しやこの度は金龍表に現われて金神の世となりたぞよ。

上下じょうげ、左右さゆうに前まえ、後うしろ、全て金神構かまうぞよ。

金神構わぬ前の世は何が何とてわからずにわからず終いで店終い。

金神構いし次の世は何が何とて何事も見透すかし見通とおし見え透すいた水晶世界と申すぞよ。

燦さん、善世界、常とこ立たち開く午の葉菜はな。

上うえで開いて末まつで修める、午々うまうまの建森こんじんの世と成りたぞよ。

午うまで開いて旨うまく治める艮うしとらの金神の世となりたぞよ。











喰い物の怨みは恐いとあれこれと重ねて申し来たる事、いよよ形と現われん。

来たりし秋の恐さかな、あきませんとはこの事ぞ。

午うまが天空舞うなれば、喰い物の値も跳ね上がり、青菜、根菜、米までが天空高々舞い上がる。

こんな物など喰えるかと足蹴にして来たあれこれがこんな者には喰われぬと言い出す時ぞ来たなれば、後のマツリと諦あきらめてお覚悟決めて下されや。

先にマツリをされた方、中央、真ん中ど真ん中、シカリとマツリておる者は、これより先の喰い物をドンドコ作りに出やしゃんせ、金神後押あとおしドンドコショ。

高々と積み上げたるはゴミの山クズの山ぞと思いきや、なんと前まで食べていた彩いろどり豊な食なりが煮ても焼いても喰えぬとは見るも語るも哀れなり。

未ひつじに米は大当り、ドンドコできると喜びておむすびこさえてやりたとて、あっと驚き、その米は喰えぬ人には大当り、触さわる事とてかなわずや。

同じ米でも大違い、一厘違いの米と米。

同じ人でも大違い、一厘違いの人と人。

一厘有ると無いのでは別ものなりぞと申すぞよ。

秋にはあちらとこちらでは隔へだての併へいぞ現われて、隔ての線ぞ現われて、目には見えねど現われて、ヘイ、あきまセンとはこの事ぞ。

ギリギリ午の秋までと申して来たるその日まで、改心いたしてくだしゃんせ。

いずれ天空舞うなどと知らねど、そこここ現われた、物事識しりたる方々を一切合財引き連れて、金神天地に橋を架け、神の御国に連れ帰る。

その日来るまで一苦労、もっ後あと一苦労と申すぞよ。

今が秋ぞと申すまで善悪正邪はあれこれとまぜまぜづくめの混ぜずくし、クソミソ一緒に見えたとて金神シカリと見えとるで最後の我慢ぞ一苦労。

その日、その秋来るまでは、わしはこれぞと思う事、何が何とてやりてくれ。

金神表に出たからは無理事やめて下されや、無理はキッパリ諦めて、心が素直にできる事、ふっと浮びたあれこれも無理なくいたして下しゃんせ。

金神それぞれお手引いて赴おもむく方に連れ行くぞ。

利他がお好きなお人なら利他の赴く方向へ、自己のお好きなお人なら自己の赴く方向へ、それぞれ無理なくお心の赴く方へと誘いざなわん。

交まぜ混まぜづくめも二方向、どちらがどうとは言わんから赴く方へ二方向、どなたもどうこう言わんからお好き方へと行かしゃんせ。

通うとりゃんせぞよ、通うりゃんせ、天神様の細道をお好きな方へと通うりゃんせ。

行きはよいよい通うりゃんせ、お好きな方へと通うりゃんせ。

クルリ、回りて蓋ふた、開きて舞台スクリと入れ替えて帰り道、返り道ぞと申したら、今が秋ぞと申したら、これより先の御用無き、者は金神通うさぬと上と下とに真っ二つ。帰りは恐いと申すぞよ。

その秋来たならアキマ線、併開きま線ぞと申すぞよ。

金神、キッパリ申すぞよ、へい、あきませんぞと申すぞよ。

一厘無しではあきません、心の眼まなこのあき盲めくら、あきませんぞと申すぞよ。

蓋ぞ開いたらあきません、あきま線ぞと来これま線。

金神、この線、付けるぞよ、キッパリこの線付けるぞよ。

金神、あ、キッパリ付けるぞよ。

力を抜く!

力を抜く!

何をするにも力を抜くこと!

力み過ぎないことです。

音楽やスポーツをやっている方なら、そういう指導を受けることが多いと思います。

普段の生活の中でも、力を入れ過ぎていると、どことなく上手く回って行かない気がします。

ギターの演奏などでも、適度の緊張の中にも、体はリラックス状態で居ると、案外いい演奏ができることがあります。

宇宙からのメッセージを聞いたり、ハイヤーセルフからのメッセージを聞くときも、力を入れずにリラックスしている方が、メッセージが入りやすいです。

そして何も考えないことです。

思考人間にならず、感覚人間になりましょう。

その時々の感覚を大切にしましょう。

そのためには思考を止めることです。

思考を止めるためには力を抜くことが大切なのです。

どちらかと言うと「ゆる~い感じ」がいいと思います。

ごちゃごちゃ考えたってしょうがないので、流れに任せることです。

力を抜いて、流れに任せて、全てを受け入れる生き方をしていれば、宇宙の波の乗れます。

意識の呼吸!

意識の呼吸!

私たちは身体が呼吸していると思っています。

勿論その通りなのですが、もしかすると私たちの身体ではなく、意識自体が呼吸をしているのではないかということです。

どうも難しいですが、意識が呼吸をするとどうなるでしょう。


普通は息を吸って息を吐きます。

肺に息を入れて、また肺から息を出します。

とても簡単な動作です。

これは空気を吸うことが基本の呼吸法です。


では意識が呼吸するとはどういうことでしょう。

意識が呼吸をするのはプラーナです。

そして意識は体の中にあるのではなく宇宙に存在します。


そう考えると、意識が息を吸う時、私たちの体からプラーナを吸い込みます。

そして意識が息を吐く時は、私たちの身体にプラーナが流れ込みます。


これを身体でやると、息を吸うということは、宇宙にある意識がプラーナを送り込んでいる時。

身体が息を吐きだしている時は、宇宙にある意識がプラーナを吸い込んでいる時です。


宇宙から身体にプラーナが入ったり出たりするイメージをすると分かりやすいと思います。

ただ普段の呼吸とは逆になりますから、ちょっと意識してやってみてください。

宇宙にある意識が主体です。

宇宙にある意識の気持ちがわかるかもしれません。

宇宙の法に逆らえば逆らうほど、崩壊は早くなる。

宇宙の法に逆らえば逆らうほど、崩壊は早くなる。

今国会では悪法が次々と可決されています。

これは今のシステムを、より早く入れ替えるためのきっかけとなります。

すべてはそうやって消え去るのです。

今までの歴史の中で、多くの文明が滅びたように、宇宙に逆らえばそれだけ早く滅ぶのです。

もう既に宇宙ではスタンバイ完了のようです。

今後どのような法案を通そうが、焼け石に水状態になります。

火に油を注げばますます燃え盛ります。

今の社会の悪システムをより最悪のシステムにするのですから、火は燃え盛る一方です。

そしてこの火は地球全体を巻き込み、崩壊するでしょう。

人間の浅知恵が宇宙の法に勝てる分けがありません。

やがてそのことが身にしみて分かる時が来ます。

でもそうなってからでは遅いのですが、もう既に決まっているようです。

一度滅びなければ分からないのならそうなるだけです。

何事も宇宙の方に基づいて行われるだけです。

意識を向けなければ何も起きない!

意識を向けなければ何も起きない!

外の世界でいろんなことが起きていますが、実際に自分自身が体験しているのは、自分が住んでいる生活圏の中の、自分が意識を向けた事柄だけです。

政治や経済がどうのこうのと言っても、それは情報からもたらされるものであって、自分とはあまり関係のない事柄の方が多いのです。

実際に起きていることは、自分自身が体験しているほんの一部です。

それも自分自身が意識を向けて自分自身が決めたことのみです。



私たちは思いの中で物事を決めます。

この決めるということで、現実化するだけであって、決めていなければ現実化するのではなくスルーして、自分の体験に含まれなくなるのです。


多くの出来事の中では体験に含まれないことの方が多く、実際多くの出来事が起きているにもかかわらず、自分が意識を向けた事柄のみが、自分の周りで起きているということになります。

ですからテレビやラジオ、インターネットが流す情報も、自分が意識を向けなければ現実化していないことになります。

よく意味がわからないかもしれませんが、例えばすべての外からの情報を一切遮断してみると、分かると思います。

政治のことも、経済のことも、誰が何を言ったとか、政治家が誰かからお金をもらったとか、誰が結婚して誰が別れたたとか、本当にどうでもいいことに心を奪われていることに気づくはずです。

世界を牛耳る者達は、世論を牛耳って人々を誘導します。

差別意識を植え付け、選民意識を植え付け、争いを起こします。

そうやって人々は、まんまと彼らの言いなりになってきたのです。


私たちの心を支配するとはそういうことなのです。

私たちの心に様々な妄想を作り出し、それらの思いがこの世界を作り出しているのです。

もし今のこの社会が嫌なのなら、そういう世界に意識を向けないことです。

そして自分が今住んでいる環境を、より良いものにすればいいだけです。

そうすれば意識を向けないことは、現実化しませんから、今のような社会は崩れ去って、自分が思い描く素晴らしい社会に変化していきます。

宇宙の法則はとても簡単!

宇宙の法則はとても簡単!

宇宙の法則は難しく考えなくてもいいのです。

単純明快で、とてもシンプルです。

自分の思いが周りに反映され、現実化していくだけなので、自分の思いに責任を持てばいいだけなのです。

自分の思いこそ原因です。

そのことに気づけば、自ずと答えは見つかると思います。

不安が不安を呼び寄せ、恐怖が恐怖を呼び寄せることも分かるはずです。

逆に、喜びが喜びを呼び寄せ、楽しさがますます楽しさを呼び寄せます。


偏見に囚われず、常識に囚われず、価値観や世論に囚われず、自分の思いを大切に生きることです。

あなたの思いこそ、あなたの住む世界の主役なのですから・・・


シンプルな故に奥が深いのですが、原理が分かれば難しくはありません。

この単純な原理を知ることです。

いつも完了形!

いつも完了形!

自分の人生を創造するとき、まずは心で決めないとエネルギーは動きません。

ほとんどの人が「こうなればいいなぁ!」くらいにしか思っていませんし、また自分の望みや夢を、遥か遠くにある叶わぬものとして、否定的に思い込んでいることが多いと思います。

夢はあくまでも夢であって、現実にはならないと思い込んでいるのです。

でも一番間違っているのは、自分が決めていないことです。

「そうなるんだ!」ではなく「私は〇〇なんだ」と断言することです。

「そうなるんだ!」は現在進行形で、今はなっていないので現実化しないのです。

出来れば「自分が既にそうなっている」と完了形で言葉にすることです。

1、「私はお金に困ることはない」完了形

2、「私は多分働いているからお金に困ることはないと思う」進行形

1、の方は、既に困っていないのですが、

2、の方は困ってないないけど、不安が有り、今は大丈夫だけど将来はわからないから、困らないことが進行している最中で、断言していません。



あと、誰かのお役に立つことをする場合、神様に「どうぞ私をお使いください」と告げてください。

自分の得意なことで社会に貢献できる場が、自然と見つかります。

いつの間にか自分の特技を活かせるような環境が整います。

「神様の道具」に成ると、神様は私たちを使って社会貢献できるように仕向けるのです。

そういう中で自分の生活が経てられるようにも自然となっていきます。

はじめはボランテアでも、社会貢献をすることで別のところから援助が入り、苦労すること無く生活は保たれます。

勿論大金持ちになることがありませんが、必要な物はちゃんと揃えてくれます。


神様は、自分の手となり足となってくれる人を探しています。

そしてそれが、農業でも、何かの研究でも、音楽や芸術でも同じです。

誰かのお役に立てることであれば、神様は惜しみなく援助してくださいます。


3次元物質的には、到底無理なことであっても、いつのまにやら自然にことが成就していきます。

ですから自分自身を疑わず、神様を疑わず、いつも完了形で、自分ができることを楽しくやることです。


よく自信といいますよね!

自信とは、自分を信じることです。

では自分とは誰なんでしょう?

私たちは神の分身ですから、自分とは神様そのものなんです。

要するに自信とは神を信じることなのです。

神を信じ、自分を信じれは、自ずと自信が湧いてきます。

この自信こそが、自分の思いを現実化させる原動力なのです。

在ると有るの違い!

在ると有るの違い!

在るとはただ在ることで、有るとはそこに何かが有ること!

自分自身が存在していることを在るといい、自分の外に何かが有ることを有るという。


簡単そうで難しいので、ピンと来ないかもしれません。


自分自身がただ在る時、自分の外には何もなく自分が居るだけで、このような状態を静寂といいます。

そして何かに意識を向けることで、在るが有るに変わります。

自我が何かを感知した時に世界が現れ、自我が無くなるとただ在る状態になります。

自我が無くなっていることを「無」と言ったりします。

心が何事にも囚われず身の状態でいて、私という自我さえも消え、ただ在る状態に成ると宇宙と一つになり、すべては私で、私はすべてであることを悟ります。

要するに「ワンネス」です。


私たちが見ている世界は、心が創りだした幻の世界です。

この幻に意識を向けている限り、静寂は訪れません。


「悟る」ためには、外の世界が幻だと気づかねばいけません。

幻に囚われず自我を捨て、真我を知ることです。

真我とは宇宙そのものです。
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR