フリーメイソンとイルミナティと偽ユダヤ

フリーメイソンとイルミナティに関しても色々と、色んな所で話が出て来ます。

が、フリーメイソンのマークに定規とコンパス、そしてプロビデンスの目があります。

多くの人が石工と言っている人たちです。


そしてイルミナティですが、本来光の存在という意味で使われるのですが、偽物の光の存在として使われることが多いと思います。


フリーメイソンは名目上は奉仕団体ということになっているようです。

この2つの団体と、偽ユダヤですが、同じなのか同じでないのか???


これ以外に、レプティリアンとドラコニアンというのも存在します。

爬虫類人と呼ばれる人々で、蛇や龍と言う呼び名もあります。


あともう一つ鳥類人もいます。

代表されるものは、八咫烏です。

空を変幻自在に飛び回る人たちです。

そしてナスカに見られる地上絵と滑走路です。


このいくつかの団体と宗教、そして銀行家やユダヤ、これらがどのように世界に関わり、何を行っているかです。

今回は大雑把なお話だけですが、次回から少しづつ噛み砕いてお話していきたいと思います。
スポンサーサイト

何となく色々と解ってきました!

何が解ってきたかといいますと、今回の私たちのサイクルで地球で何が起きたかということです。

そして私たちが神と呼んでいる存在がどういう存在なのかです。

簡単な説明をすると、神々は二種類居るということです。

そして世界中に残された遺跡から多くのことが解ってきました。

日本の土器や埴輪、土偶からも読み解けます。

そして神社です。

何故日本に多くの神社があるのかです。


このようなことや今までの世界の流れから多くのことが読み解けます。

そしてこれから「どうなるのか」、また、「どうしたいのか」

それも今サイクルの歴史的背景が分かると、自ずと答えが出ます。


次回の宇宙会議の時に、この謎であるこの辺りのところを説明いたします。

予定がつきそうでしたらご参加下さい。

オフ会の案内は、9日までTOP記事として勉強会の案内の次に来るようになっています。

自分がして欲しいことを相手にしてあげなさい!

「自分がして欲しいことを相手にしてあげなさい!」

これはイエスの言葉ですが、この意味を理解したいと思うのなら、「自分がされて嫌なことを相手にすれば、相手も嫌だと思う」と理解すれば分かると思います。

いじめられたら嫌だと思うなら、どうして相手をいじめるのか、考えてみることです。

自分の言うこと、考えることを、全て否定されたら嫌だと思いますよね!

バカにされたり、人間として否定されたり、人格を否定されたり、仲間はずれにされたり、みんな嫌ですよね。

そしたらそういうことは相手にしないことです。

いつも言うように、「思いやりと優しさ」があれば、多分そういうことはしないと思います。

愛を持って、一言一言気をつけて、そしてその人が喜んでくれることをしてあげて下さい。

宇宙の法則を理解している人は分かると思います。


自分が嫌だと思うことを、相手には出来ないと思います。

それが人間です。


日本の不思議!

昨日の奈良の勉強会でも色々と話題になっていたので、日本について書いてみたいと思います。

まず日本人って、全く知らたい人たちが集まっても、その場の雰囲気などを読み取り、自分の立ち位置を察し、上手く対応ができます。

よく空気を読むとか、場を読むとか言いますよね。

さりげない気遣い、心遣いができるのも日本人の特徴でしょうか!


世界中で最も難しいと言われる日本語にも特徴がありますよね。

通常の言葉や、敬語。
謙遜(へりくだって)語、尊敬語、などなど・・・

あとは万葉語、略語、外来語、俗語、ギャル語などなど・・・

これだけ見ても、説明しろと言われても、日本人ですらよくわからない言葉があります。


もっとややこしいのは、同じような意味合いでも、漢字が違うことです。

例えば、「きく」と言う漢字だけでもたくさんあります。

聞く、聴く、訊く

普通に問う場合は「聞く」です。

音楽などは、「聴く」になります。

尋ねる場合は、「訊く」を使います。


同じ「きく」でも薬が効く場合は、「効く」

右利きなどは、「利く」ですよね。


そして極めつけは、情緒を表すものです。

特に・俳句や短歌など、万葉集などに出てくる言葉はとても美しいですよね。

季語などもありますよね。


日本人はこの季語によって、季節感を心で味わうことも出来ます。

「 柿食ば 鐘が鳴るなり 法隆寺 」

奈良の晩秋の情景が浮かんできます。

それと表現方法がたくさんあります。

雪が降る情景だけでも、「こんこん」「しんしん」などあります。

雨が降る表現も、「しとしと」「ザーザー」「ゴーゴー」、「そしてバケツをヒックリ返したような」、「叩きつけるような」または「春雨」「秋雨「五月雨」など、その時々の季節感や降り方などを、言葉で表現しています。

赤色一つとっても、「茜色」「真紅」「燃えるような」「夕焼けのような」などなど・・・


翻訳家の方も、英語を日本語し翻訳するのは簡単だけど、日本語を英語にするには、言葉が足りたいなど言います。


そして外国人には理解できない極めつけは、主語がないことです。


「あれ取って!」で、大体気心の知れた人なら、何を取って欲しいのか分かります。

夫婦の中でも「阿吽の呼吸」的に、ご主人の「オイ!」のニュアンスだけで、夫がなんで呼んでいるのかが分かるといいます。

会社で、新人社員を教えるときも「これをこうやって、こうすると、出来ます」で、聞いている方も理解が出来るのは、日本人特有みたいです。

外国の方には、しっかり主語を言って説明しないと、「これ」とか「あれ」では、分からないと聞きます。


「その鉛筆取って下さい」といちいち日本人は言わなくても、「あっ!それ取って!」とか「鉛筆!」と言って手を出せば、ちゃんと手のひらに鉛筆を乗せてくれます。


私も色々と仕事をしてきましたが、仕事場で「その青いの取って!」などと、道具箱の中にある青い物体を指さしたりしますよね。


あと面白いのは、略語や業界用語ですね。


以前音響・照明・舞台のアルバイトをしたことがあって、その業界用語が面白いです。

例えば、マイクスタンドがたくさん入った黒いケースのことを、「棺桶」などと言います。

それとか緞帳の後ろでスタンバイする時は、「板付き」と言ったり、舞台に向かって左側を「下手」右側を「上手」と言って、

「音先、下手MC」と言えば、オープニングの音楽が流れてから、下手(左側)から司会者が登場する場合に使ったりします。


照明さんが使う言葉では、「場見る」と言う言葉をよく使います。

これは、司会者などが立つ位置を決める場合などです。

最初は「そこバミっといて」等と言われて、何のことかさっぱりでしたが、位置を決めて印をつけることだったんです。

これは1S(イチサス)舞台の観客席側に近いバトンから、司会者などに照明を当てる時に、司会者の立つ位置を決めておかないと、ライトから外れてしまうので、立つ位置にガムテープで印をします。

他にもギャル語などありますが、私にはさっぱり・・・(笑)


最近は絵文字だけで色んな感情表現もできますから、LINEのスタンプなんかも大流行ですよね。


あとは、これはいつもセミナー等でも言っていたのですが、日本人は、「ひらがな」「カタカナ」「ローマ字」「漢字」「絵文字」などをすべて使って文章を作ることが出来る、世界では稀の人種だということです。

パソコンの調子が悪いです。

ここ数日しょっちゅうフリーズします。

少し前にアップデートがあったので、それが原因なのかもしれませんが、どうもおかしい???

今日の記事への攻撃かも?

固まって動かないし、強制終了すら出来ない状況が起き(Ctrl+Alt+Delete同時押し)、暴走状態になります。

何かおかしいです。

何かされてるのかな?

ドローン!

先日のドローン騒ぎですが、どうも福島の砂を容器に入れて送り届けたらしいですね。

官邸や政治家の皆さん宛に、福島の汚染された物などを入れて、全国から送り届けたらどうでしょう。

「皆さんが安全だと言っておられる福島のものです」

「どうか傍において大事にして下さい」

「これは善意の贈り物です」

「いつも国民のためにありがとうございます」


このような皮肉を込めて・・・(笑)


そうそう、こういうことを書くと色んな所のネットCMに、PCがクラッシュ寸前とか書いて、パカパカと点滅するバナーがあっこっちに出てくるようになるらしい。(爆)

人生を良くしたいなら!

自分の人生を良くしたいのなら、思い癖を直すことです。

いつもやってしまうネガティブな思い癖です。

一番良くやっているのが不安と心配かもしれません。

起きてもいないことをやたら心配する癖は、未来の心配事に種を蒔くとこになってしまいます。

次に多いのは執着でしょうか。

過去への執着は、ほとんどの人がやっていると思います。

そして本当に良くないのは、「怒り」「憎しみ」などの思いです。

これは現実化するエネルギーも半端ではないので、大変なことになります。

今憎い相手がいるとしたら、心の中の憎しみを取り払わなくては、増々憎い相手と遭遇する羽目になります。

罵られるとか、罵倒されることが多いということは、自分の心の中にそういう思いがあるからです。

人を馬鹿にしているとか、認めていないとか、羨ましいとか、見ているだけで腹が立つとか、よく言う虫酸が走る人がいたら要注意です。

どんな人にも生きる権利があります。

その人の生き方考え方を認める作業をしなければ、多分自分自身も認めてもらえないでしょう。


思い癖は怖いです。

病気にも簡単に成れてしまいます。

病気自慢をしていると、絶対治りません。


知らず知らずのうちに出てしまうあなたの癖ほど、あなたの人生に大きく関わるものはありません。

今のうちに良い癖に変えておけば、自分の人生も変わるはずです。

何かにつけて上手く行かない人!

何かにつけて上手く行かない人の、癖を紹介します。

★未来に向かって言い訳をする人

★他人のせいにする人

★不安と心配ばかりする人

★口ばかりで動かない人

★行動する前に諦める人

★決めてもやらない人

★決められない人

★他人に頼る人

★依存心の強い人

★誰かが何とかしてくれると思っている人

★他人の顔色ばかり伺っている人

★自己主張のない人

★直ぐに否定する人

★過去にしがみつく人

★努力しない人

★惰性で生きている人

★自分の考えを持っていない人

★人を憎んだり恨んだりしている人

★すぐ弱音を吐く人

★チャレンジ精神の乏しい人

★常識に流されやすい人

★逆らえない人

★体裁ばかり気にする人

★後ろ向きな人

などなどまだまだあるかもしれません。


どうでしょうか?
いくつ当てはまりましたでしょうか?


ここに書いたものは、あまりよろしくない考えや行動ですが、このようなことを知っていれば、その逆をやればいいだけです。

最後の方の「後ろ向きな人」だったら、後ろを振り返らずに前だけ見て生きるようにすればいいですよね!

「体裁ばかり気にする人」は、成り振り構わず自分らしく生きるようにすればいいのです。

負を知っていれば正も分かるということです。

みなさん頑張りましょう。


現実化するための行動!

分かりやすいように、車を購入するという現実化についてお話します。

★まず乗り換えるなり、購入することを決意する。

これが一番大事です。
まずは決めないことには何事も始まりません。

★次に車種と予算です。

車種を決めることと、出せる金額を決めることです。
これを決めないと、何からどう探していいか分かりません。

★車種と予算が決まったら、車屋さんを廻ります。

ディーラーなり中古車販売店なり、自分の予算と車種に合わせて廻ります。
新聞広告のチラシなどを取っておくのも良い方法です。
カタログをもらってきて、グレードや色などを色々と予算に合わせて考えることも良いことです。


この自動車販売店を廻るという行動や情報を集める行動がないと、自分の思うような車は見つかりませんね。

勿論、販売店の言われた金額で新車を買うのなら、取引先の車屋さんに頼めば済むことですが、より安く自分の思い通りの車を手にしたいのなら、足で稼ぐしかありません。


自分の思いを現実化させるには、行動して自分の思いに忠実に見つけ出すことが大切です。

車でなくても、田舎に住みたいと思っているのなら、まずは田舎に住むと決めることです。

出来ればいつまでにという期限を決めると、現実化する時間を短縮できます。

決めたら動くです。

車と同じように、物件を見に行ったり、自分が理想としている土地を探したり、ある程度決まっているなら見に行ったりして、より現実化しやすい行動をすることが大切です。

聞き込みをするということも大事ですね。

「どこかに空き家はありませんか?」と、畑仕事をしている方に尋ねてみると、案外、良い物件を世話してくれるかもしれません。

田舎に住みたいとだけ思っていても、具体的なことをしっかり計画しないと、現実化はしません。

友達に断言したり、探しに行ってこそ、いろいろな情報が集まり、そういう中で自分の思いが現実化していくのです。


何も分からない人が、何かを成し遂げようと思ったら、その分からないことを勉強し、少しでも知識を身につければ、やがてその知識が積もり積もって、その道のプロになることだって可能だということです。

技術を身につけることだって同じです。

毎日毎日同じことを繰り返しやることで、段々上手に出来るようになるものです。

何も努力しないで、指を咥えて待っていても、あなたの現実は何一つ変わらないでしょう。

そうなるためには、努力は必要です。

そしてその努力は楽しくやることです。

車探しも、物件探しも、自分が欲しい物を手に入れるための努力ですが、多分楽しいはずです。

楽しいことをしていれば、必ずその夢は叶います。


もし叶わなかったとしたら、自分の心にマイナスの要因があったということです。

例えば、お金がないのに無理やり家を買おうと思っていたが、心の奥底で借金しても大丈夫だろうかとか、田舎暮らしが出来るだろうか、とか、そういう不安を持っていると、現実化はしないかもしれません。

田舎暮らし出来るだろうかという不安は、田舎暮らししてから考えればいいことであって、しても居ないのに考える必要などないのです。


こうやって色々と具体的にお話すると、現実化出来る人と、いつまで経っても今のままの人との違いが分かると思います。

ネガティブが悪いのではなく、起きもしていないことをいちいち考えて病んでいたら、何も出来ません。

何も出来ない人は、未来についてまだ何も現実化していないのに、こうなったらどうしようとか、ああなったら心配だとか言っているはずです。

あなたはどちらですか?

思いの現実化!

思いの現実化!

今も現実化しているではありませんか?

「そのネガティブな現状維持という思い」です。


今を変えたいと思うなら、まず思いを変えることです。

そして言葉に出すことです。

そして忘れてはいけないことは、行動することです。

そうしてこそ現実は変わるのです。


青春時代、夢追をいかけていたころを思い出して下さい。

盲目で、ハチャメチャで、自分のことしか考えず、夢に向かって突進していたのではないでしょうか?

夢を追いかけなかった人は、分からないかもしれませんが、何振り構わず、自分を信じて突き進むのです。


今の現実が変わらないという人は、今に酔っているだけです。

変えようとしないだけです。

本当に変えたいと思うのなら、誰かに言われる前に行動しているはずです。

夢を追い求めている時のように・・・!


思いを変え、言葉を変え、行動を変えてこそ、現実化するのです。

そして一番大事なことは思いを変えることであり、自分を信じることです。

それが出来ていないと行動も伴わないでしょう。

なぜなら自分を信じきれていないから・・・!

言い方を変えると迷いがあるからです。


何でもいいから決めたら動くのです。

私もそうですが、これから「真理の勉強会をする」と決めたから、人が揃うとか揃わないではなく、たとえ一人でも勉強したい人がいれば、自分が決めたことをやり通すだけなのです。

私の生活のことを考えていると、揃わなかったらどうしようなどと、余計な考えが出て来ます。

しかし、私の人生は天にお任せしていますので、成るように成ることを既に知っています。

だから自分を信じて何でも出来ます。

真理の勉強をしたいという人は、私が揃えるのではなく、天が揃えてくれると思っているから、天がそろそろ勉強しましょうと後押しすれば、勉強会に参加されます。

私は伝え役に徹すれば、全てを揃えてくれると信じています。

揃えてくれるのではなく、勉強が必要な人が自分で決めて参加するのです。

自分で決めるということは、一つの行動の変化であり、何かを変えようと思ったら、まずは行動することと同じです。

自分でまず決めて、今までと違うことをしたり、知ることで、選択肢も増え、考え方も変化します。

自分の殻から抜け出したいと思うのなら、自分の考え方(思い癖)を変えることです。

考え方が変われば、自ずと言葉も、行動も変わります。

そうすれは現実も必ず変わります。
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR