今年一年ありがとうございました!

今年一年、このブログを見ていただきありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。


来年は、色々と忙しくなりそうです。

これからの時代は、「自分で生きる」 がテーマとなると思います。

執着を捨て、今何が必要なのか、そして足りるを知ることによって、本来あるべき生き方に還ると言うのが、良いのかも知れませんね!

カルマから抜け出す。

苦しみから抜け出すためには、執着を捨てるのが一番です。

そして思考を変えることも有効です。

囚われない生き方です。


今一度自分の生き方を考えてみてください。

来年は、自分探しの年にしてみると良いかもしれませんね!


スポンサーサイト

自分が全て創り出している!

この世の中では、様々なことが起きます。

そして理不尽に思えることも起きます。

でも魂の歴史から見れば、ほんの些細な出来事でしかありません。

そしてそれらの理不尽なことですら、辻褄が合っています。

人生、無灘ことは何も無く、全てに意義があるとしたら、目の前に起きていることに感謝しなければいけません。


自分の考えとは、全く別のところで世界が回っていると思っている人は、まだまだ修行が足りないのでしょう。

そうではなく全ての原因は自分自身だと確信した人は、今までの世界から抜け出し、平和に暮らしていることと思います。

原因と結果とはそういうことです。


理不尽なように見えているだけで、実際は自分の心の中で起きているに過ぎないのです。

そのことに気づけば、あとは自分がどう対処すれば良いか分かるはずです。

自分の世界は自分自身が創っているのです。

そこに気づかない限り、答えは見つからないでしょう。

シンプルじゃない思考とは!

思考に感情が乗ると、シンプルじゃなくなります。

特に否定的なネガティブな思考だと、ますます悪い方向へと流れて行ってしまいます。

思考には、感情を入れないことです。

そして断言的なものにすることです。

「○○します」とかです。

「○○になれば良いな・・・!」これは希望であり断言ではありません。

あとは、「○○になったらどうしよう」と言うもので、これは不安の思いが入っていますので、それも実現してしまう可能性があります。


日常生活の中で、自分の思い癖が一番良く出るのが言葉です。

何気なく使っている言葉ですが、以前にこんな人が居ました。

誰かの言葉に相づちをするときに、必ず「でも・・・・」と、否定してからしゃべる方がいました。

これは最悪です。

全てにおいて否定が入りますから、人生そのものを否定している状態になってしまいます。


後は自信が無い人は、必ず言葉に不安の要素が入ります。

何故、やはり、しかし、だけど、などなど・・・

これら全て否定です。



素直に「やります」とか、「しましょう」と言えば良いだけなのに、感情が入ると全て否定になってしまいます。


自分の思い癖を確認してみてください。

いつも否定していませんか?



基本は楽しくです。

楽しくないことは否定してしまいますから、嫌なお掃除も、お洗濯も全て楽しくです。

そうでないと前向きな言葉は出てきません。

物事を成就したいと思うのなら、何よりも先に「楽しく」を考えることです。

そして否定的な言葉は使わないことです。


後は大きなことばかり考えないこと!

達成できない目標は作らないこと!

目の前にある小さな目標を成し遂げることです。


「今日はこれをしよう」 で良いのです。

そしてそれを必ず成し遂げることです。

毎日成し遂げられる目標を作り、肯定的言葉で「やります」と断言して行えば良いだけです。

こういう癖を作りましょう。

そうすれば、遠く届かなかった目標も、何れ届くようになります。


シンプル オブ ベスト  

思考は出来る限り単純な方が良いのです。

シンプルに生きよう!

交番衝突の車の男性 運転中の突然死と判明

放射能によるものかも知れませんね!

来年度より一斉に色んなことが出てくるかも知れませんね!

すでに色々と出てきていますよね。

毎日電車が急病人で止まってまっているとか、友人知人の若い方の突然死や病気が異常に増えているとかです。

癌や白血病と心筋梗塞の方が半端ないとか・・・!

おかしいと思ったら心の声に従ってくださいね!

東京が壊滅する日




そう言う中ででも、来年からはシンプルに生きてみましょう。

思考も行動も全てシンプルにです。


究極的に言えば、思いが現実化するだけです。

その一番根っことなる思いをシンプルにしましょう。

シンプルというと、とても簡単そうに思いかも知れませんが、実は一番難しいのです。

思考だけを取り上げてもそうですが、私たちの思考は、複雑怪奇です。

全然単純じゃないのです。

様々な要素が絡み合って、思考を作り出しています。


思考を単純にすればするほど、現実化も早いです。

簡単に言えば余分なことを考えないことです。

そして最も大事なことは、その思考に忠実であることです。


よく「思い立ったが吉日」と言いますが、その時思ったことを素直に実行すれば良いだけなのです。

何も考える必要はありません。

ただただ思いに忠実に実行すれば良いのです。


シンプルに生きるとはそういうことです。

何もないのです。

あるのは原因と結果だけです。

ですからその因となるものを、忠実に再現していくことだけを考えれば、自然と結果に繋がると言うことです。

でもその思考をねじ曲げ、余分なものを沢山くっつけて、ああでも、こうでも、と考えて何も行動しないと、何も起きません。

簡単に言えばピントをしっかり合わせて余分なことを考えずに、自分の思いに忠実に、今この瞬間を生きていれば良いと言うことになります。

言葉で言うと簡単ですが、実際に行動に移すことはとても難しいと思います。

でもシンプルこそが最大の味方なのです。

何も考えない、ただただ気の赴くままに、今やりたいことを、素直に実行するだけです。

先のことも考えない。

今この瞬間に集中することです。

この瞬間の積み重ねこそが、未来を作り出す鍵です。

この瞬間をおろそかにして、未来を語っても、何も始まりません。


この瞬間をどう生きるかしかありません。

そこにシンプルな思考だけが必要なのです。


シンプル オブ ベスト  です。


真理を学べば分かってきます。

シンプルほど難しいことはないからです。

人間は余程努力しない限り、シンプルに考え、シンプルに生きることは出来ないと思います。

でもそれが学びなのですから・・・・!

日本の歴史を探ると・・・!

日本の歴史を探ると世界の共通点が見えてくる。


封建社会とカースト制度

位を設けることで支配していたと思われることは、容易に察しが付きます。

君主・君臨、君が代!

天皇制と王国制

弥生時代以降、日本は争いが絶えない戦国時代へと変化しているのは、世界で起きていることが日本でも起きたと言うことでしょう。

差別意識もそこから生まれたと思われます。

秦の始皇帝が日本に来たとき、奴隷も一緒に連れてきたのかも知れません。

秦の始皇帝の秦は、秦氏の秦です。

祇園祭はシオンの祭りです。

どことなく共通点が見えてきます。


そして京都御所の鬼門には下鴨神社があります。

そして河合神社は、何を意味するのでしょうか?

八咫烏とは天皇を守るための秘密結社だとすると、下鴨の役割も見えてきます。

「賀茂がネギしょってやって来る」という意味をおわかりでしょうか!

これは鴨鍋になるために自ら参ずることでは無いと思いますよ!



同じようなことを、ヨーロッパの王室でもやっていましたよね!

王室や貴族たちと血を結んだりです。

中東からインド・シルクロードを経由して、中国に入り、朝鮮半島から日本に渡ってきたとすれば、今日本で起きていることの説明が付くはずです。


そして日本には、朝鮮半島由来の名前も多いですよね。

百済とか加羅とかです。

加羅は、唐だったり甲羅だったり変化して使われます。

そして秦の付く地名も多いはずです。


ヘブライ語と日本語もそうです。

そして山伏とユダヤの修行僧の姿がそっくりです。

神社はユダヤの神殿に似せて作られたと言います。


しかし今の神社は、キリスト教に似せて運営されています。

キリスト教と言えばクリスマスですが、要はサタンをお祭りしている黒魔術です。

伊勢神宮は利用されていると言っています。


宇宙人の神々が地球を支配したと考えても、歴史の流れと合致することが多いと思いませんか?

ここで言う宇宙人は、プレアデスやシリウスの人々ではありませんよ!

ニビルを主犯とした爬虫類系宇宙人です。

そしてその神々たちが、ユダヤを利用して支配しているとしたら、全ての辻褄が合ってくるのではないでしょうか。

ここでもユダヤと言っていますが、本当のユダヤではありません。

偽ユダヤでもありません。

偽ユダヤに命令を出す人々です。


一般的に言われているユダヤとは、それら主犯格の木っ端たちに過ぎないと言うことです。

でもその真相は誰も知りません。

絶対に表には出てこないからです。

表には現れないけれど、世界を動かしているのは彼らです。



ちょっと「やりすぎ都市伝説」になってしまいましたが、これくらいにしておきます。

これ以上の話は危険です。(笑)

単なる私の妄想の世界でお話ししていますので、おとぎ話だと思ってください。

懲りない人たち!

高浜原発を動かすようです。

大飯原発も動かすと言っていますので、困ったものです。

福島の学びが全くゼロですよね!

高浜原発が事故を起こすと、福井より、京都や兵庫の方が大変なことになります。


昨日のMBSのコメンテーターで出ていた人の説明もひどいもので、電気代が上がっているのは原発を停めているせいだとか、火力発電の燃料費が大変だとか、揚力発電所で沢山の電気が要るとか、もう全く訳の分からない説明ばかりでしたね。


もう電気は十分に足りているのですから、動かす必要な無いのですが、来年度からの電力自由化があるために、原発を動かさないとその競争に勝てないとも言っていました。

もう話になりません。


来年度より電力の自由化で、エネルギー会社(大阪ガスや石油企業など)も参入してきます。


皆さん原発の電気は買いたくないと思っていると思うので、この機会に電力会社から買うのを止めたら如何でしょう。

私も関電からはもう買いたくありませんので、他の会社に乗り換えするつもりです。

もし同じ値段だったとしても、関電からは買いません。

皆さんもせっかくの機会なので、電力に関して見直してみては如何でしょうか!



あと携帯もですが、次回の更新時に買い換えるつもりですので、多分今の電話番号は使えなくなると思います。

今はソフトバンクを使っていますが、Y,モバイルに換えたいのです。

でもソフトバンクから乗り換えるとちょっと割高になってしまいます。

なので一旦解約して、新規で契約するつもりです。

携帯の電話番号登録も断捨離です。

普段良く掛ける人は入れ直しますが、全て消えます。

これも良いのかと思います。

必要あらばメールででもご連絡ください。


多分、2月から3月辺りで丸二年になると思いますので、もし繋がらなくなったら解約したと思ってください。

ここに来てみんな要らないものは断捨離です。

必要最低限で、後は楽しく暮らすつもりです。

年末のお片付け!

昨日は、色々と片付けをしていてブログの更新はしませんでした。

押し入れに入っていた段ボールや、使わない布団など、いっぱいありますね。

三年以上使っていないものは、思い切って処分した方が良いと思いますよ!

まだ今日も、要るものと要らないものを仕分けしたり、整理整頓して片付けたりしないといけないのですが、普段やらないことをしたので、今日は筋肉痛です。

でも翌日に筋肉痛が出ると言うことは、まだ若い証拠でしょうか!(爆)



しかし結構ありますね!

処分するものを、クリーンセンターまで運ばないといけないのですが、筋肉痛が・・・(笑)

1年に一度くらい要るものと要らないものを分別して、すっきりしてみては如何でしょうか!

ものを断捨離すると、心も断捨離できますよ!


良く言う言葉に、「お金持ちの家は、床が見えている」と言うのがあります。

確かに言われてみると、そうかも知れませんね。

勿論広いお家に住んでいれば、クローゼットも充実しているでしょうが・・・!

いや、そうではなく綺麗に片付いているというか、余分なものが置いていないというか、そんな感じがします。

実際に見に行った分けではないのですが、何となくテレビの影響かも知れません。


で貧乏人の家は、ものが溢れていて足の踏み場もない印象があります。

そう言われてみるとそうでしょうか!



昨日から片付けをしたので、すっきりしていますし、床にものを置かないようにしています。

もしかするとお金持ちになれるかも知れません。(激爆)

別に大金持ちになりたいとは思いませんが、それなりに回っていけば良いので・・・!


でもスッキリはしますね!

また暇を見て不要品処分して、新しい年を迎えられれば良いですね!

レムリアの記憶!

日本人の起源って考えたことあるでしょうか?

これはあくまでも私の推測ですが、昔あったムーの時代、ムー大陸が海に沈む頃、そこに住んでいた人たちが太平洋沿岸に散らばったのではないかと思っています。

だから日本人とインディアン、エスキモー、アンデスの人々、インドネシアに住む部族たち、イースター島や南太平洋に住む人たち、みんな同じ顔をしていて、性格も穏やかで、神秘的な人々が多いのが特徴です。


元々日本はこのレムリアの人々が住んでいるのではないかと思います。

しかし、ある時を境に、大陸から渡来系の人々が押し寄せ、今の日本はその人たちによって支配されてしまったのだと思います。

歴史でいうと、神武天皇辺りからです。

その前にも渡来系の人々が居ました。

それは邪馬台国という大きな国を形成し、今の朝鮮半島から中国に掛けて存在していたと思われます。

時は弥生時代辺りでしょうか。


縄文時代というのは、そう言う渡来系の人々が未だ日本に辿り着いていなかった時代かも知れません。


それともう一つの歴史があり、日本から世界に向けて旅立っていった人々です。

それがイエスであり、モーゼであるとしたらどうでしょう。

今のイスラエル(エルサレム)は、元々は日本から派遣された人々だったという仮説はどうでしょうか?

そう考えると、ヘブライ語の謎も解けます。


レムリアという高度に進化した時代があって、その当時はほとんどテレパシーによる意思疎通が図られていた時代で、動物や妖精、自然霊たちが、共に自然と共存して生きていたいた時代があったのでしょう。

その当時に残されたものには、画やシンボルが多いのは、言葉は必要なかったからではないかと推測されます。


謎の寓話もその当時の先人たちが過去に残したものだとすると、何となく頷けます。

意味不明のように思えても、そこには何らかのメッセージや暗号が隠されているような気がします。


進化した世界は、自然と調和して生きていると言います。

しかし今の時代はどうでしょう?

自然との不調和の元に成り立っていますよね!

それは全く進化していないと言うことにも成ります。

本当に進化した世界とは、全てと共生して調和の元に生まれる世界だと思うからです。


地球人はこれから、多くの試練を乗り越え、調和に向かっていくと思いますから、並大抵の混乱では済まない気がします。

何故なら一度元に戻さなくてはいけないからです。

曲がってしまったものを元に戻すには、大きな力が必要です。

地球も同じです。



それまでに私たちが気づいて、元に戻す努力をしないと、新しい世界には住めないでしょう。

そのためにも今の生活を改め、本来あるべき姿に戻る努力が必要となります。

精神性を養ってこそ、本当の進化だと思います。

今の科学は、精神性をおろそかにし、精神的進化のないままに様々な技術を悪用したに過ぎません。

ここで改めないと、この先は無いと思います。


レムリアの時代のように、精神性を基準に生活するようにしなければ、新しい世界は生まれないと思います。

アセンションとはそういうことです。


唯物主義という、物質や喜怒哀楽に翻弄されている未熟な精神性から進化していかない限り、アセンションの時代は訪れません。

誰かが良い社会を創ってくれることは、100%あり得ません。

自分自身が精神性を養い、進化していくしかないことを、肝に銘じてください。






各庁が逃げ出す算段?

特許庁などが移転先を検討しているとか!

改築による移転先だとか言っているみたいですが、中央集権型の今の状態では、何かあったときに大変だとか!

何れにしても霞ヶ関もどこかへ逃げ出したいのかも知れませんが、国民に「安全だ!」と言っているので、先陣を切って逃げ出すわけにも行かないでしょう。


テレビでも言っていたのですが、今年の芸能人・著名人で亡くなった方の数は異常に多いようです。

他にも体調不良の方も多く、毎日地下鉄がどこかで止まっているらしいです。

2016年3月で丸5年を迎えますが、急激に増えるのも5年目以降です。

今でも「何となく多いなぁ~」という感じですが、来年度からどうなるのでしょう?


チェルノブイリ原発事故時も、初めは逃げ出さなかったと言っています。

しかし、5年を超えた頃から急上昇して、慌てて逃げたと言っています。

当時の風向きや降り注いだ量によって各地でデータが違いますので、一概には言えませんが、もし来年以降「ヤバイ」と思ったら逃げ出すことです。


原発関連のお話は、色んな情報がありますから、各自で判断してください。

私がとやかく言うことは出来ませんので、自己責任でお願いします。

でも気になることは書いておきます。


昨日貸し農園の話を書いたのですが、一反百姓と言って、一反あると家族が必要なお米と野菜がまかなえるそうです。

田舎暮らしをするに当たって、古民家と一反の農地があれば暮らしていけます。

自分の生活は自分で切り開くというのが、これからの時代には良いと思います。

出来る限り国のお世話にならない生き方を心がけていれば、自立できますよね!


今回の企画がうまく軌道に乗れば、移住も可能かと思います。

貸し農園で作物を作って販売することも可能です。

加工食品にして販売も出来ます。

米粉パンとか作っても良いかもしれませんね!


新たな人生として、何か自分で出来ることを模索してみては如何でしょう。

無農薬野菜を作って売る!

来年度より始めようとしていることなのですが、無農薬野菜をみんなでシェアしていこうという企画です。

貸し農園をはじめ、必ず無農薬・無化学肥料であることを原則に、野菜を販売していこうという企画です。

たちまちは近江八幡に拠点を置き、道の駅のような形で提供できればと思っています。

または物々交換なども出来るようにしても、良いかもしれません。

大根とキャベツを交換するとかです。


今のシステムに頼らない生き方を模索しています。

自分たちの力で生きていけるようなシステムです。


生きるために、必要最低限の社会依存だけ残して、後は自分たちで創り上げていけば、支配されることも、奴隷化されることもなくなります。


目標は自立です。


多くのお金を持たずに、楽しく生きていける社会に出来ればと思います。

要らないものをシェアするのも良いと思います。

でもどこかに拠点を置かないと難しいので、近江八幡に拠点を置いて、事務所を設置し、中継役となる場所を作れば、一カ所で様々な情報をシェアできるようになります。

野菜を売る場合は、農園を借りていただくか、会員に成って頂くような形でも良いかもしれません。

まだまだ構想中なのですが、何とか来年の春までには、小さいながらも形に出来ればと思っています。


このような形のコミュニティーが、至る所に出来てくれば、社会システムへの依存も少なくなっていきますね。

昔田舎ではそうでした。

村ごとに小さな商店があり、必要なものはそこで買い、食べる分は、各家ごとに野菜やお米を作って、貰ったり、上げたりして生活していました。

村中が親戚のような関係で、魚釣りが得意な人は、釣ってきた魚をご近所に配ったりしていた時代です。

これと同じような社会を、ある程度良識があり、社会的に目覚めた人たちが会員となって、新しい物流の形を作れば、今とは違って良い社会が作り出せるのではないでしょうか。

こういうコミュニティーができれば、多くの人が助かるかも知れませんしね。

また進捗をブログで紹介していきますので、よろしくお願いします。





プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR