野菜販売所!

先日から野菜の販売を始めました。

お近くにお住まいの方で、是非無農薬野菜を買いたいと言う方は、以下に大体の場所を載せますので出て来てください。

IMG_20160502_152214-2_234.jpg


-1_233.jpg


P5272433_232.jpg


住所は、長浜市祇園町484辺りです。(正確ではありませんが、小屋の付近まで来られます)


長浜ICより西へ約4Km、祇園町の信号(平和堂フレンドマート)を直進し、くねくねラーメンを通過し、左手に黄色い看板の貸しガレージがありますので、そこを左折しクランク(右折して左折)すると初めの十字路を左です。

畑の方へ行くと、この小屋が見えてきます。

直接お近くで来られる方は、是非出て来てください。


事前にご連絡いただくと、詳細をメールいたします。

pleiades-m@ares.eonet.ne.jp

いつものアドレスです。
スポンサーサイト

安倍ちゃんが変?

ここに来て流れが変ったようです。

消費税増税見送りと言うことで、リーマンショックの前に似ているとか?

これは選挙のためであるかも知れませんが、それよりももっと深い意味があるかも知れません。

そしてつい最近の話で、ロシアのプーチンさんが、北方領土に関して用意がある発言もしています。

東北の震災後、誰からロシアに2000万人移住を持ちかけていたとか言う話もありますが、ここに来てロシアは何か打診があるような風です。

そして中国とも絡みもありますし、どうも水面下で何か行われているのではないでしょうか。

これはあくまでも私の推測ですが、今回の広島訪問のオバマさんスピーチも気になります。

予定は5分だったにもかかわらず、17分のスピーチです。


第二次世界大戦時代は、日本はアメリカ側でなくイギリス側だったようです。

これは裏がありますが、戦後アメリカ側に付いたというか、植民地化された状態で今を迎えているわけですが、ここに来て何やらおかしいのです。

「安倍ちゃんが変!」と言うのも、これも裏がありそうと言うことで、今回のサミットではその裏の話がなされたのではないかと推測しています。

と言うことでその内容は、???ですが、いよいよ本格的に動き出すのではないでしょうか!

ちょっとこれから楽しくなりそうですよ!



今日は最近書いていなかった世間話を書いてみました。(笑)



外と戦わない!

心の中に敵を作っている限り、絶えず敵が現れます。

もし心の中が穏やかで、波風が立っていなければ、外に映る世界も穏やかでしょう。

大嫌いとか、許せないとか、腹が立つとか思っているのは、結局自分の思いと違う相手にたいする、自分の主観に過ぎません。

自分と同じ思いの人は許せて、違う人はとことん嫌いになるのは、結局エゴです。

世の中人の数だけ、考え方もあるのだと思うことです。

そして人それぞれの考え方や思いを、認めることで、心の中の敵は居なくなります。




外と戦わない!

自分の周りと戦わないこと!

戦う相手は自分の心とです。


自分の心と向き合うことです。

そして自分の心の癖を修正することです。


周りと戦っている限り幸せは訪れません。

周りを何とかしよなどと思うのは、「エゴ」です。


周りを何とかしたければ、まずは「自分が変わる」ことです。

自分を変えれば周りも変わります。


自分の心と向き合い、心の中に敵を作らないことです。

心の中の基準を外すことです。

周りを自分の基準で評価しないことです。

全てを二極性(善と悪)の中で見ないことです。

そして周りの人の自由意志を尊重すること、認めることです。


こうやって心の癖を改善して下さい。

自分の中の偏った心の動きを修正するのです。

全てを必然の中で捉えることです。

自由とは!

今の世の中は、自分で決められないことだらけです。

何か行動するにしても、周りの人の顔色や意見を伺って、思うように行動できません。

そのせいか、いつもおどおどして、心配して、不安になりながら、良い子で居ようと努力します。

結果自由はなくなり、いつも誰かも言いなりになって生きているのです。

自由とは!

自分で決められることこそが自由だと思います。





自由とは!

自由とは心が囚われていない状態を言います。

3次元的に何でも好きな事をやりたい放題することが自由ではありません。

これは理性の問題です。


自由とは心を解放することです。

そして宇宙の法則に則った中での自由です。

ですから原因と結果の中での自己責任の下での自由ということになります。



自由といえば何でもやっていいなどと考えるのは、これは3次元的、物質的な考えであって、本来の自由とは、束縛から離れることです。

自分の意志で生きることです。

今私たちは誰かが作った法律や常識、そして誰かの意図によって生きています。

誰かの意図とは、両親だったり、先生だったり、会社の上司だったり、友人だったりします。

このような状態を「顔色を伺う」とか「媚びる」とか言います。


全く自由じゃない生き方をしているにもかかわらず、誰も気づいていません。

しなければならない約束事が多すぎるのです。

これは常識やしきたりの中に根強く残っています。


心が束縛されている何かを見つけ出して、本当の自分の気持ちと照らし合わすことです。

誰かが決めた約束事が全て正しい訳ではないのです。

これらを正しいと思うから争いごとが起きるのです。

正しさとは、その時々の思いが創りだした産物に過ぎません。

場所や環境が変わると変化するものです。

人それぞれの思いの中にも正しさがあります。



こんな優柔不断(不確定)なものに囚われてどうするのでしょう。

もっと大事な事があるはずです。

どうでもいい価値観や常識を捨てることです。

そうすれば多分自由になれます。

野菜の販売!

今日は初めての野菜の販売日でした。

穫れた野菜は、レタス・ほうれん草・サラダ菜

そして、隣の畑の主さん提供で、レットタマネギ・タマネギ・スナックエンドウが並びました。


まだこれくらいの野菜しか出来ていません。

夏野菜はこれからです。


初日にしては、それなりに売れましたよ!

夏野菜は、ミニトマト・中玉トマト・インゲン・ナス・シシトウ・ジャガイモなど予定してます。

レタスが結構売れるので、もう少し作っておいたら良かったです。

まだしっかり巻いていないので、今日は6個だけでした。

一応60株植えたのですが、1/3くらいは小さめで巻きそうもありませんので、あと35個くらいは売れるかな!

秋はもう少し葉物野菜を沢山作りたいですね!

まだまだ始めたばかりですが、もっと沢山作ってコンスタントに売れるようになるよう努力します。



今日は一日、畑仕事です。

疲れましたが楽しいですね!

制限を外す!

色んなことを当たり前のようにして守っている人や、常識という正義を振りかざす人などが居ます。

他にも長いものに巻かれて、自分を見失っている人も居ます。

それもこれも結局は自分自身で制限を掛けていて、身動きできなくしているのではないでしょうか。

でもそう言う人生が当たり前と思っている洗脳組の人々は、いくら言っても気づかないと思いますが、本当に心から幸せになりたいと思うのなら、そう言う洗脳という制限から離れるしか無いと思います。

そうしないといつまで経っても奴隷状態で、人の顔色を伺って生きることになってしまいますよね!



制限を外す!

何かを制限しているのは自分自身の心です。

常識という価値観は、この制限を生み出します。

本当はもっと自由なのです。

でもみんな自由じゃないことで安心感を覚えるのです。

何かの制限を課せることで安心するのです。

この制限をかけている心こそ、奴隷社会である今の象徴です。



みんな気づきません。

奴隷ではなく自由だと思っています。

日本は民主主義だから、好きな事が出来ると思っています。

でもこれは法律的制約の範囲内のことであって、常識という枠を出ていません。

常識とは多くの大衆が正しいと思っていることです。

だから今まで「幽霊はいない」とか「UFO」の存在だとか、「宇宙人」等々・・・

また技術的、科学的分野、地球の歴史などにおいても、多くのことが隠されてきました。


私たちは自分で制限を設け、それに従っていきています。

典型的な例は「病気は医者が治すもの」「薬を飲めば病気が治る」などのマインドコントロール化した先入観によってコントロールされています。

マスコミなども、この先入観を上手く利用します。

「みんながそう言っているから」

「テレビで取り上げているから」

そういうものを何一つ疑わないように、私達のマインドをコントロールしているのです。


そして私たちは誰に言われるでもなく、自ら進んでこの制限を設けることで、自分の居場所を見つけ出しているのです。


これから先は、この自らにかせた制限を取り払わなくてはいけません。

自分に対するすべての制限を取り払った時、本当の自由が訪れます。

苦しみや悲しみは自分の心が創り出します!

最近午前中畑が忙しく、更新が午後になってしまいます。

暑くなってきたので、午前中の涼しいうちは畑です。

先日紹介した本を読み始めて、何となく農業が分かってきました。

今まで肥料のこと、水やりのこと、野菜の状態と対処など、全くの素人でしたが、この本があればそれなりに作れそうです。

ある程度輪作をして、2回くらいローテーションすれば、自然農法的循環が利く、良い畑になると思います。

まだまだ試行錯誤ですが、これからが楽しみです。





苦しみや悲しみは自分の心が創り出します!

あなたが意識を向けたことが現実化していきます。


自分にとってよろしくない現象に意識を向けると、自分の否定的な感情が増幅されます。

そして結果として苦しい状態や悲しい状態が創りだされます。


現象・事象をありのままに捉えることで、感情の不安定さから脱出できます。

周りの物事にとらわれやすい人は、今起きている現象を第三者的に見るように心がけることです。

そして良からぬ想像(妄想)を付け加えないことです。


相手の感情を先読みして「こう思われていないだろうか?」とか「こう見られていないだろうか?」などと妄想しないことです。


今起きている結果であるその瞬間の出来事にだけ目を向けて、自分でしっかりと解析することです。

すべては原因に対する結果であって、今起きていることは何らかの原因から生まれた必然です。

そして終わったことでもあります。


ですからこの終わってしまった事象に、どうのこうの言っても始まらないのです。

終わったことは終わったこととして、素直に受け取ることです。

「ありのままに観じる」とはそういう事です。




勝手に妄想を挟まないことです。

事象を事象としてただただ観じる事です。

そうすれば物事の原因と結果が見えてきます。

全ては宇宙の采配です。

そして今起きている結果は必然です。


苦しむことも、悲しむことも本当はないのです。

自分が勝手に色付けをしているだけです。

意味を与えるのは自分自身!

意味を与えるのは自分自身!

自分の周りで起きているすべての事象は、原因と結果の中の結果です。

これは宇宙の法則の中で完璧に動いている必然です。

この必然である現象や事象に、私達は様々な意味を与え続けています。

ここで与えている意味とは、自分の偏見や常識などの価値観が創りだした幻です。


一人ひとりが今起きている事象をどう捉えるかによって、その人の人生は変わります。

同じ現象を観ても人が違えば住む世界が変わるのです。

何に意識を向け、どう捉えて、どのような意味を付けるかです。


ですから私達が生きている世界は、自分自身が意味づけをした世界だということになります。

いつも言うように今起きている自分の周りの世界は必然であって、それらは結果でしかありません。

その結果は単なる事象なのです。


その事象を観て、私達がどう感じ、どう意味づけするかで、その人の人生が変わるとしたら、この意味を付ける行為こそがカルマを創り出している心の癖だと気づきます。


自分がいつもやってしまう意味の付け方を知ることで、自分の偏った思考を修正できます。

野菜作り!

素人なりに色々とインターネットなどで情報を集めて、試行錯誤しながら始めた畑ですが、そもそも農業理論も分からないままやっていると、失敗の連続です。

どのような畑で、どのような野菜を作るのかが分かっていないと、野菜が育たず、失敗ばかりします。

中でも難しいのがPHです。

中性から酸性へと、日本の土地は雨が多く、ミネラル分が流れてしまい、酸性に傾きやすいと言います。

そこでPH調整やミネラル補給をするのが、石灰を蒔いたり、堆肥を入れたりするわけです。

しかし、入れすぎても育たない場合があります。

それは野菜の種類によって、PHの好みが違うからです。

ジャガイモや里芋は、酸性で少し荒れた土地の方が良く育ちますが、レタスやタマネギのように、結球する野菜は、中性で沢山肥料が必要です。

こういうことを知っていないと、野菜作りが出来ないというのが、最近になって分かってきました。

あとは水やりや管理(温度)です。

この水やりも、「水やり三年」と言うくらい、野菜の状態や種類によって違いますので難しいです。



そこで色々とネットで物色していたら、とても良い本を見つけました。

素人でもとても分かりやすく、土の状態まで草で判断できて、その土ごとに植える野菜も書いてあり、連作や輪作、混作の仕方も丁寧に書いています。


自然農の本を以前購入したのですが、作り方のプロセスは書いていても、土の見分け方や、その土にあった野菜の選び方などは書いていませんので、素人がやったら失敗します。

10年掛かるというのは、徐々に土を中性化させながら、堆肥を少しずつ入れているので、そうなるのだと思います。


でも理屈が分かっていれば、PH調整と堆肥の入れ方や、野菜の好みによって、肥料も使い分けることが可能です。

肥料と言っても自然農ですから、敷き草(草マルチ)を変えることやボカシ
(発酵した米ぬかや油かす、EM菌など)で、好みの土を作ることが出来ます。

稲科の草やスギナ、ヨモギなど、荒れた土地に生える草さを畑に入れるとミネラル豊富になります。

土壌が整ってくると、背の低い草が生えてきます。(中性に傾く)

そう言う時は、肥料無しでも野菜を作ることが出来ます。

難しいけど理屈が分かれば、あとは応用で対処できます。




以下に紹介する本に、そのノウハウがぎっしり書かれていますので、これから農業を始めたい方、いつも失敗している方、美味しい野菜が作れない方は、参考にしてみては如何でしょうか!

勿論、目指すは無農薬自然農です。





今年もタマネギに失敗しました。

玉が大きく成らない理由は、PHが中性じゃなかったことと、肥料不足だと言うことが分かりました。

この本を読むと、失敗した理由も一目で分かるようになります。


今新しく借りた畑で、色んな野菜を作り始めました。

もっと勉強して、より美味しい野菜を作りたいと思います。

思考を止める!

現代人の悪い癖が、思考の泥沼にハマって生きていることでしょうか。

しかしほとんどの人が、ハマっていることにすら気づいていません。

そして過去のデーターの中を行ったり来たりして、「あのときはこうだった」「このときはこうするんだった」と、絶えず記憶のデーターと照らし合わせて生きています。

眠る前も思考と戦っている状態で、なかなか寝付けなく不眠症に陥ったり、鬱になる人が多いのです。

このように雑念に押しつぶされてしまっているのが現代人です。


もうそう言う生き方は止めて、毎日をボーッとして過ごすようにしませんか!

過去のデータばかり気にしたり、まだ起きもしていない未来のことばかり考えていないで、もっと今を楽しく、そして直感的に生きてみませんか。

そうすればもっとゆっくりと、夜も眠れるようになりますよ!

そして今を生きていると、悩みもなくなりますよ!




思考を止める!

自分の考えで頭が一杯に成っている人は、自分の考えに押しつぶされてしまっています。

人間をやっていると、様々な思考が浮かびます。

座禅で言うところの雑念でもあります。

妄想が妄想を生む世界です。

有りもしないことを延々と思考します。

起きても居ないことを悩みます。

自分の置かれている環境を、益々ネガティブに捉えるようになります。

こうして思考の泥沼にハマって行きます。


思考とは、私達が次のアクションを起こすためにすることです。

悩み苦しむのもこの思考があるからです。

思考は、過去のデータに基づいています。

何ら真新しいことはなく、堂々巡りの世界が展開されていきます。


思考を止めると、新しい息吹が芽生えます。

思考ではなく感覚で生きることです。

ありのままの現実をありのままに見ることです。

そして妄想しないことです。


感覚で生きるとはとは、自分の心に従う生き方です。

そして余分なものを乗せない生き方です。

ありのままに捉え、ありのままに生きるのです。

色々考える暇があったら、直ぐに行動することです。

「思い立ったが吉日」と言う言葉があるように、今この瞬間の思いを大切にすることです。



思考の泥沼に、足を取られないようにして下さい。

思考は生きるために使うのであって、創造に使ってはよくありません。

宇宙の智慧を形にするための思考は、多いに結構ですが、ネチネチと過去をこね回すことは止めましょう。

過去をいくらこね回しても、過去以上の結果は生まれないのです。

それどころか過去の余計な経験が、益々自体を悪化させます。

ですから自分の思考の使い方には、気をつけて下さい。
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR