入り方は何でも良い!

入り方は何でも良い!

スピリチュアルなことに関心が向くことは、その人のチャンスでもあります。

そしてそこへの入り口は、陰謀論であろうが、滅亡論であろうが、オカルトであろうが、宗教であろうが良いと思います。

そこから何を見出すかが大事であって、どこから入っても、最終的に行き着くのは宇宙の愛だと思います。


この宇宙の愛は、とても近いようでなかなか辿り着けないかもしれませんが、陰謀論を読んでいる内に、「何かおかしいぞ」「陰謀の目的は?」「どうして奴隷なんだろう」などと疑問が広がって行く中で、真実が少しづつ見え始めると、本来の進化という目的に向かうことになります。


そしていろいろな意見があるのも、進化の途上である私達の姿です。

別に良いも悪いもなく、その時々に感じ、正しいと思ったことこそが真実です。

人も数だけ真実があります。

でもそれでいいと思います。


そういう中で進化するに連れて新しい真実が見えてくるだけです。


私達地球人が持っている智慧など、宇宙のの智慧のほんの一部に過ぎません。

まだまだ先は長いのですから、楽しく人生を生きることです。


争って嫌な思いをするくらいなら、そういうものに意識を向けないことです。

無視をしても構わないと思います。


意識を向けなければ、心乱されることはありません。


外の世界は所詮幻ですから・・・

スポンサーサイト

周り人々の生き方を観察することで自分の心を探る

周り人々の生き方を観察することで自分の心を探る

周り人々の生き方を観察してみて下さい。

結構楽しいものです。


いろんな考えがあり、行動があり、その人その人の思いが、行動や言動に現れています。

そしてそれを聞いたり見たりする私たちは、その周りの人の行動や言動にいちいち反応します。


では何故反応するのでしょう?


自分の考えと違うから・・・

自分と同じ考えだから・・・

見てると楽しいから・・・

色々と感じるものがあると思います。



そして自分に返って来ている時もは、何十倍も反応します。

この反応することこそが、自分の課題だと思って考えてみて下さい。

必ず何かあるはずです。

相手に勝ちたいとか、自分は正しいとか、あいつが悪いだとかです。


そもそも何もエネルギーを出していなければ、そういう体験をする必要はないのですが、過去のそして現在のどこかで、そういう体験を招くような思考が存在していたはずです。

そこを探ってみて下さい。


自分の心を探るとき、周りの人々を観察すると、案外答えが見つかる時があります。

何故なら鏡だからです。


「どうしてあの人は怒っているのだろう?」
その理由を自分なりに考えるのです。


自分に現実的な落ち度がない場合は、怒られるような結果を創りだす自分の心をを探してみて下さい。

仕事でのミス等は、怒られる原因がわかっているのですから素直に謝れば良いと思います。

いつもそういう現実を引き寄せてしまうようなときは、たいていの場合何かを否定していることが多いです。

許せない何かがあるかもしれません。

知らず知らずの内に、相手をバカにしていたり、優越感にしたったり、どこかで勝ち誇っている自分がいるかもしれません。

これらの感情はプライドと大きく関わっています。

許せない何かとは、自分を守るための保守的な感情かもしれません。



こうやって自分の周りの不都合な部分を、その不都合な人々を観察することで探ってみるのです。

全ては原因と結果です。

どこかで種を蒔いているはずです。

この種は心の奥底に蒔かれています。


芽が出て成長して結果となって現れているのは、今この瞬間に体験している現実です。

ですからこの現実を見極めれば、原因となっている種も探せるはずです。


種となっている思考を修正すれば、もうそのような現実を体験することはなくなります。

有機農法!

有機農法とは、畑や田んぼに有機物を入れて、それを肥料にして作る農法です。

有機物には、動物の糞尿を堆肥化したものや油かすや米ぬか、貝殻などなど、様々な有機物を投入して野菜を育てます。

有機物の種類で野菜の味が変るなどと言って、各農家さんが思考をこらして作物を育てています。

良くテレビなどでも取り上げられたりしていますよね。

うちのイチゴにはコーヒーの出し殻を混ぜているから、とても美味しいとか・・・!


植物性有機物だけなら、そう問題は無いのでしょうが、動物の糞尿についてはいささか問題がありそうです。

今畜産業においては、配合飼料や成長ホルモン剤、抗生物質などが問題になっています。

あの狭い檻の中で、一生を過ごす動物たちのストレスも相当なものでしょう。

病気にならない方がおかしいかも知れません。

そこで抗生物質を使い、とことん搾り取れるだけ搾り取って、あとはお肉に!

そう言う動物たちの排出した糞尿を肥料に使っているとしたら、あなたはこれらで育った野菜を食べたいと思いますか?



植物性有機物で育てている際にはそう問題は無いと思いますが、それでも腐敗土壌になったり、栄養過多になり、虫たちの餌食になったり、病気で枯れたりします。

なので有機栽培に於いても、農薬は必需品で、病気や害虫被害を防ぐ手立てはないようです。

勿論こまめに手で虫たちを捕ることは可能でしょうが、手間と時間が掛かります。

大規模農家で有機栽培をしているところは、有機栽培と謳っていても農薬は掛かっていると思うべきでしょう。


有機農法は、腐敗土壌になりやすく、継続性という面に於いては、転作、輪作をしないと成り立たず、広大な土地と寝かすための休作地を設けないと、野菜は作れません。

連作するとたちまち病気になって、みんな枯れてしまいます。


うちの近所の農家さんは、出荷するための作物は、慣行農法または有機農法で作り、自分たちが食べる野菜は、輪作をしながらの有機農法というのが主体です。

簡単に言えば自分たちが食べなければ、出荷する野菜には、化学肥料や農薬を使って、形の良い規格内の物を出荷すると言うことです。



あとは農家と農協との癒着もあります。

農協の指定した苗や肥料や農薬を使うことで、取れた作物を全て引き取ってくれるので、農家さんは自分たちで売らなくて済みます。

簡単に言えば、薬まみれの作物を農協が提案し、その通りに作ると、全て農協が買い取って売ってくれるという仕組みです。

もしこの仕組みから抜けようとすると、「もうあなたのところの農作物は引き取りません」 となりますから、農家は死活問題です。

何かを生産するに当たっては、それに必要な苗と、化学肥料、または有機肥料と農薬が、セットで送られてきます。

農家は否応なく従わないと、穫れた野菜を裁けませんから、もうどうすることも出来ないというのが、農協と農家です。

慣行農法も有機農法も、独自の販売ルートを持たなければ、必ず失敗します。

失敗と言うより食べていけません。


良く道の駅などで、地元の野菜が並んでいますが、多分100%農薬は使っていると思います。

何故なら収穫が出来ないと収入がなくなるからです。

転ばぬ先の杖が農薬なんです。

転んでしまったら一銭もお金は入ってきませんから・・・!

これも恐怖感なんでしょうね。



いずれにしても自然と共生しない農法では、必ず何処かでしっぺ返しが待っているのかも知れませんね。

そこで色々と最近注目を浴びている農法が自然農法なんです。

自然農法にも一長一短ありますので、次回は自然農法のお話をします。

自分に正直に生きる!

自分に正直に生きると、世間は変人扱いするのでしょうか。

先日元女優の高木沙耶さんが大麻所持で逮捕されました。

先週の金曜日に爆報フライディでしたか、テレビに出られてたのですが、そのあとすぐに逮捕です。

嵌められた感がぬぐえない気もしますが、そもそも大麻は日本の文化でした。

普通に麻の服を着ていた時代があったにも関わらず、GHQの政策で禁止になりました。

依存性も、珈琲やチョコレートより低いようです。

それなのに何故禁止しているのでしょう。


アメリカでは半分近い州で医療大麻を認めています。

でも日本では大麻=麻薬だと思い込まされています。

この誤解を解かない限り、今回のような事件は起きると思います。



浮き世離れした生活をしていた高木沙耶さんですが、私はこのような生活の方が素敵だと思います。

悪法大麻法が見直され、日本の麻文化がよみがえれば、今苦しんでいる多くの病気も改善されるかも知れませんね。


今の社会は正しいこと(魂的には正常なこと)をすると、変人扱いされる世の中です。

みんなと違うことをすると白い目で見られます。

私がやっている宇宙の法則やスピリチュアル的なことも、まだまだ世間的に認められているわけでは無いと思います。

心を奴隷状態から解き放とうと思えば、どうしても浮き世離れした生活になってしまいます。

成ってしまうのではなく、それが正常なんだと思います。

奴隷としてこの社会にしがみついていることこそ、本当は変人なんだと思います。

でもみんなそのことに気づけないで居るだけです。


自分に正直に生きると、変人扱いされるのは、周りの人が自分が変人だと気づいていないからだと思うのですが、どうでしょう。

慣行農業について!

慣行農業とは、習慣的に行う慣れ親しんだ農業です。

簡単に言えば、化学肥料と農薬を使った農法で、土は単なる野菜の支えでしかない。

支えられれば、水耕栽培のような液体肥料でも良いと言うことです。

あとは温度管理と日照管理によって、季節を問わず栽培が可能で、一年中様々な野菜がスーパーに並びます。


そして慣行農業の農家さんは、専属農家と言って同じ野菜を大量に育てます。

ですからナス栽培のプロだとか、トマト栽培のプロだとか、その野菜に特化した技術と知識によって栽培されます。

勿論、露地栽培だけでなく、ハウス栽培もあります。

この農法だと年中野菜が穫れる事により、収入が安定します。

そして特化した技術で大量生産が可能になります。



今私たちが、スーパーで買っている野菜のほとんどか、このような農法で作られている野菜です。

自然界のサイクルを無視し、薬漬けで大量に生産される野菜たちですが、それを消費者は当たり前だと思って食べているのです。


でも野菜には旬というものがあって、季節ごとに育てる野菜が違います。

その旬を外して育てると、害虫の被害に遭ったり、気温が低かったり、高かったり、日照時間が多かったり、少なかったりします。

ですからハウスを利用して、わざと温度を上げたり、日照時間を長くしたりしているのです。

一番困るのが野菜の病気で、それを克服するために一代交配種(F1)などの、病気に強い種で育てたり、接ぎ木をしたり、土壌の殺菌をしたりします。

土壌の殺菌によって土は単なる支え役になり、栄養分は化学肥料が中心となり、徹底した管理の下、農薬による消毒をし生産されます。



ここまでお話をすると、野菜は自然のものではないと言うことが、お分かりになると思います。

もう工業生産品に近い状態です。

それを私たちは野菜だと思って食べています。



一昔前の野菜を知っている人は分かると思うのですが、スーパーの野菜は野菜本来の味がしません。

水っぽく苦みがあり、変な味がします。

トマトやニンジンを食べるとよく分かります。

トマト本来の酸味や甘みがなく、水っぽいです。

ニンジンはニンジン臭さがありません。

葉物野菜は苦みがあり、美味しくないです。

でもスーパーに並ぶ野菜でも、旬に穫れた野菜は、それなりの味がします。



あとは有機野菜と呼ばれる野菜もありますが、有機栽培だからと言って農薬が使ってないわけではなく、大半の野菜に使っています。

有機栽培は、無農薬ではスーパーに並ぶのような綺麗な野菜は作れませので、ある程度規格に合うように作るためには、農薬は必要になります。

自然栽培では、化学肥料も農薬もどちらも使いませんが、粒も揃わないし、規格外で虫が食った野菜になり、尚且つ育つも悪いです。


でも自然界には、植物たちを育てる全ての栄養素はすでにあるのです。

しかし、その栄養素を植物が使えるようにしないと育たないだけで、自然界はすでに用意しているのです。

雑草が何もしなくても生えるように、野菜が育つ環境になれば、無肥料無農薬でも野菜が育つようになります。

栄養素の分解には微生物が関わっていて、それらの役割によって土壌も変化します。


今日は慣行農業がどのようなものか書いてみました。

次回は有機栽培について書いてみたいと思います。






11月中頃から・・・!

この手の話はどこまでが本当かどうかは分かりませんが、一応載せておきます。

以下です。

NASAによると、11月に約14日間の暗闇を体験します!?

NASAの天文学者らは、11月15日から11月30日にかけて地球は昼も夜も真っ暗な状態になる可能性があると伝えています。
11月に起きる約14日間の暗闇は、金星と木星の位置が関係します。
オバマ大統領が任命したNASAのトップ(チャールズ・ボルデン氏)が、ホワイトハウスに11月の暗闇を予測する資料(計1000ページ)を提供しました。


この資料によると、この期間中、金星と木星の距離がたった1度にまで接近した状態で並列になります。金星が木星の南西部を通過するときに金星の光が木星を通常の10倍の明るさにし木星のガスを熱します。すると木星のガスがある種の反応を起こします。このガスが反応すると前例のない量の水素が宇宙に放出されます。水素ガスは太陽の表面に到達し、太陽表面を爆発させます。すると太陽表面は一瞬にして9000度ケルビンまで温度が上昇します。


すると、太陽は核から熱を放出しながら表面の爆発を止めさせようとします。しかし核からの熱により太陽表面は暗くなり、赤ではなく青い色に変えます。太陽表面が青くなると約14日間にわたり地球を暗くします。そして15日目に再び太陽は赤く輝くようになります。


太陽が表面温度を下げようとしている間は地球に届く太陽光線はかなり弱くなります。太陽光線が地球に届くまでに7分から8分かかりますから、それまでは誰も太陽が暗くなったことは気が付かないでしょう。



ボルデン氏はオバマ政権と会議を開き、11月に起きるであろう約14日間の暗闇について話し合います。
ボルデン氏は、「太陽が暗くなることで地球にどのような影響を及ぼすかはわからないが、この時、地球の温度は6度から8度は上昇することが推測される。最も影響が受けやすいのは極冠である。ただ、暗闇が続いても、アラスカの住民が冬に体験していることと同じなのであまり心配する必要はない。ただ、感謝祭の後に実際に暗い金曜日を迎えることになるだろう。。。」と述べました。



本当に起きたら面白い天文シューになるとは思いますが、それよりも2週間も太陽が出なくなると作物が心配ですよね。

うちもキャベツとか白菜とか色々と育てているので、壊滅しちゃうと大変です。

勿論世界中の農作物に影響が出る可能性がありますから、単なる天体シューでは済まされない気もしますが・・・!

あのNASAの発表なので、結構トンデモナイモノが含まれていますから、話半分で良いかと思います。

都市伝説風に言えば、「信じるか信じないかはあなた次第です」ですが・・・!


それよりも地震が気になりますが、熊本地震から鳥取地震、そして阿蘇山噴火と、南海トラフ地震が近いのでは無いかとも噂されています。

私が気になるのが、11月10日まで高知県室戸沖にいる「掘削船ちきゅう」ですが、11月10日以降が気になりますね。

そして暗黒の14日間ですか!

フィクションしてはあり得るシナリオですが、どうなんでしょう???

農家と消費者

福島県農家の訴え

これが現状なんでしょう。

政府やマスコミは何も言わない。

鳥取で地震!

只今14時07分頃、鳥取で震度6弱の地震があった模様です。

この辺りの震度は2~3程度でしたが、鳥取の方大丈夫でしょうか!

310081_00000_0000_yhrg99g-4-20161021140724.jpg


10月22日名古屋スピリチュアル交流会

明日は、10月22日名古屋スピリチュアル交流会です。

いつもの事ながら、日頃話せないスピリチュアルなこと、陰謀論、宇宙人、宇宙船などなど、皆さんと共に楽しくお話しする会です。

あと2、3名でしたら席が空いてますので、飛び入り参加可能です。

前回来られたアブダクションの方から聞いたお話もいたします。

ではよろしくお願いします。

心が自分の世界を創り出す。

自分が日頃思っていることすべてが、自分が住んでいる世界に反映されてます。

国家観、地域観、社会観、家族観、全て自分の色に染まっているのではないでしょうか?

すべての人が、それぞれ独自の価値観を持って生きています。

この価値観が作り出す世界に、私たちは住んでいるのです。


「日本は嫌いだ」と言う人もいれば、「日本が大好きだ」と言う人もいます。

そして嫌いな要因、好きな要因は様々です。


自分の身の回りを見渡しても同じことが言えます。

自分が務めている会社や、仕事が好きな人もいれば、イヤイヤやっている人もいます。


この「好き」とか「嫌い」という感情一つをとっても実に様々な世界が展開されていることに気付くはずです。




ネガティブとポジティブと言うのも、単なる偏り具合であって、どちらが良いとか悪いとかではなく、何を引き寄せているかということになります。


ネガティブとは、どちらかと言うと否定的な要素になります。

ポジティブは、肯定的な要素になります。


「◯◯に成って欲しくない!」これは否定です。

「〇〇だ!」「〇〇に成る!」これは肯定です。

心が思い描く複雑な価値観的思考は、様々なものを創造するのです。


ですから基準を外し、否定的思考を止め、ありのままに現実を見て、惑わされず、この瞬間を肯定的に生きる癖をつけると、自然とマイナス的要素を引きこむこともなくなってきます。


ですから自分の心の癖を探しだすことです。

そして良くない思い癖を改善することです。


最初に言った国家観などは、典型的マインドコントロールによって創りだされた価値観です。

国家観によって人は戦争もします。



大きな物を追い求めると囚われてしまいますが、自分の身の回りの日常にこそ真実が隠されています。

国家観よりも自分自身の身の回りの価値観を見直すことです。

大きなマインドコントロールに囚われていては、身の回りが疎かになってしまいます。


自分が住んでいる場所が幸せであれば、日本という国が好きになるのではないでしょうか。

何を持って好き嫌いをしているのかを、もっと自分という身近なところから考えることです。


今回の選挙でも、マスコミはあらゆる価値観を植え付けています。

今の社会は根底から変えなければ、何も変わらないでしょう。

利権がらみの国家から国民主導の国家に変われるかどうかです。


まだ時間は掛かると思います。

しかし国を変えたければ、まず自分自身が惑わされないことです。

そして自分自身の考え方を変えてこそはじめて、国も変わると思います。

国というのは大げさですが、身近な世界、環境も、自分で変えられると思います。
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR