ブラジルのJリーガーを乗せた飛行機が墜落!

12月17日(土)名古屋スピリチュアル交流会&忘年会

今回は忘年会を兼ねて行いますので、今年一年分、色々とお話ししたい方は、是非ご参加ください。
ここに来て色々起き始めましたね。

非常に危ない気もしますが、17日は出来ることと思います。

気軽にご参加ください。


ブラジルのJリーガーを乗せた飛行機が墜落!

75人が死亡したと伝えていますが、墜落直前の飛行の飛び方が、御巣鷹山と酷似してます。

ぐるぐると旋回して山間部に落ちた模様です。

これはどうも遠隔操縦されたのではないかと思うのですが・・・!


何故Jリーガーだったのか?

意図は?

国家に対する見せしめなのでしょうか?

不思議な事故なので、色々と勘ぐっちゃいますよね!


韓国の風向きも超暴風雨域に突入してますから、これから日本も暴風域に入るかも知れませんよ!

今の日本は世界の流れから逆行していますので、どうも何か起きそうな気がします。

株価も相当操作されている感が拭えませんし、この反動で一気に大暴落というのもあり得なくは無いと思います。


もう11月も今日で終わりで、明日から12月です。

12月と言えばクリスマスですが、12月23日は天皇誕生日の祝日ですね。

「今年のクリスマスは・・・・・」

とか言ってましたが、あと一月を切りました。

これからどのような変化が起きるかが楽しみです。

大小に関係なく、色々起き始めていますので、今しばらくは注意が必要かも知れませんね!
スポンサーサイト

大麻規制強化が顕著」!

ここに来て大麻規制強化が顕著に表れていますね。

高木沙耶さんや鳥取の大麻栽培許可を貰っている方や限界集落の大麻で町おこしなど!

この大麻で町おこしには、安倍総理夫人の安倍昭恵さんも関わっています。

こういうことは一切報道されませんね。

そして昨日の飛鳥氏逮捕です。

マスコミは水を得た魚のように、喜んで報道していますがどうも裏がありそう。

そもそも大麻法自体がおかしな法律で、使っても良いけど持ったら駄目という変な法律なんです。


日銀も赤字らしいですし、トランプし氏で世界の風向きが一気に変りましたし、これから日本はどうするのでしょうね?

今まで通りイルミナティの言いなりでやるのでしょうか?

このままじゃ世界から取り残されそうですが・・・!

そもそもアベノミクス自体すでに失敗していますので、これから何かとてつもないことが起きるかも知れません。

金融経済の立て直しみたいな何かです。

すでにイルミナティグローバリスト偽ユダヤに対して、世界は背を向け始めていますから、そろそろかも知れませんよね。


あと問題は日本の立ち位置ですが、これは非常に問題で、もしかするともしかするかも知れませんね。

例えば人工地震とか!

今後も自然破壊を続ければ、人工地震じゃなくても自然界が許さないかも知れませんが、今の日本の状況は点張っている状態だと思います。

そう遠くない気はします。

非常に危険な状態だと思います。

これは多くの方が感じているのではないでしょうか!


でも悲観せずに自分の人生を前向きに生きていれば、大丈夫だと思います。

全ての現象は原因と結果なのですから、結果に意味を与えても始まりません。

しっかりと原因を生きることです。

そしてこの世界に意識を投影しないことです。

一見在るように見えるこの世界も、実は幻の世界なのですから、そこを見極め自分の意志で生きることです。


今全てが偏向報道だと思っても良いと思います。

マスコミを信じるのではなく、自分自身を信じていきましょう。

悪くなる未来を思い描くより、自分にとって良い世界を思い描くようにしていれば、引きずり込まれることも無いと思います。

そのためにも結果に意識を合わせるのではなく、原因を生きるようにしましょう。



道義心!

最近特に、この道義心というものが失われてきているような気がします。

昔は「お天道様が見ているから、恥じない生き方をしましょう」と言うのが、心の片隅にいつもあって、自分を戒める事が出来たような気がします。

しかし今は、「赤信号みんなで渡れば怖くない」的発想で、良いことと悪いことの区別が付かなくなっているように思います。

特に学校でのいじめなど、より陰湿でエスカレートしやすい傾向があります。

いじめが発端で自殺や殺人事件にまで行ってしまうのは、道義心に欠けているからかも知れませんね。


現在のような、「人を蹴落としてでも優位に立ちたい」と言う考え方では、自制が効かなくなるのではないでしょうか。

学校教育もそうですが、家庭環境に於いても「我良し」的な考えが中心で、自分さえ、自分の家族さえ良ければ、他人はどうでも良いと言う風潮が、社会に伝搬しこの社会を築き上げてしまったのではないでしょうか。

私たちの幼い頃の先生は、とても怖かったです。

そしてご近所の人も、子供たちが悪さをすると、誰これかまわず叱られたものです。

地域全体で子供を育ててたといった感じでしょうか。

そして良いことと悪いことの分別も、親がしっかりと教えていたと思います。


しかし最近の親は、出先で子供が悪いことをしても叱りませんよね。

人前だからなのか、親の見栄なのか、単に甘やかしているのかは分かりませんが、そもそも親が善し悪しの分別を分かっていないのかも知れません。

何でこんな社会になってしまったのかですが、結局その親の親も原因なんでしょう。

高度成長期と言われるバブル期に育てられたこともあるかも知れませんが、ものに溢れ贅沢三昧で、何でもありの時代が、このような悲劇を生み出したのかも知れませんね。


自分を律する心!

道義心とは理性に基づいた愛のある行動が出来るかどうかです。

人のためにお役に立ちたいとか、困っている人が居たら手をさしのべたいと言ったことも、道義心です。

善し悪しの分別が出来ることは、とても大事なことです。

人として生きるための基本です。

学校の勉強が出来なくても、この道義心をしっかりと持っていれば、社会に出ても困ることはないでしょう。



それなのに学歴や偏差値で優劣を決める社会に於いては、間違ったルールが作られ、心の優しい道義心のある人ほど、隅に追いやられます。

自己中で人のことを考えない野心家ほど、出世街道まっしぐら、と言うこの社会こそ、立て直さなければいけないのではないでしょうか。



今日もニュースでやってましたが、スケートリンクに魚5000匹を氷漬けにしたとかで、問題になっていますよね。

命の大切さという道義心が掛けていたのではないでしょうか?

死体を展示して喜んで貰おうなどとは、善し悪しの判断が出来ていれば、発想しないのでは無いでしょうか。

時々動物の標本などを見ますが、余良い感じがしませんよね。

標本は死んでから作るので動物虐待ではないですが、今回のスケートリンクも死んだ魚を購入して作ったようですが・・・!

勿論普通に死んだ魚を売っているところもあるし、それを買って食べているのですから、線引きは難しいでしょうが、何か心がすさんでいるように思えるのは、私だけでは無いと思います。


古き良き日本人の心とは、調和だったと思います。

他人を重んじ、尊敬し、互いに協力し、助け合う民族です。

ここに来てもう一度、道義心というものを考えて欲しいものです。

300人委員会!

300人委員会

この記事を読むと、誰がこの世界を動かしているのかがよく分かると思います。

そして日本の政治家のやることすべてが、この方針に従って動いていることも頷けますよね。



要するにみんな騙されているのです。

そして洗脳されているのです。

その一番の原因は拝金主義なのかも知れませんね。

お金のためなら人も殺します。

直接手を加えなくても精神的に追い詰めます。

今の日本が核家族化しているのも頷けると思います。

分断統治というものです。

まとまると助けるものが出てくるので、出来るだけまとまらないようにして統治します。

一人の意見や行動は無力です。

集団になると厄介だからです。



そして経済的に縛り付けます。

お金という目の前のニンジンで走らされている馬のようです。

お金がなかったら生きていけないように仕向けています。

生きても死んでもお金が要る世界です。

葬式代や相続税は、死んだときに払う税金です。(笑)

お金がなかったら死ねません。


本来食べられて楽しく生きられれば、それで良いと思います。

よくテレビでユニセフのCMで、「あなたの100円/日の支援でアフリカの子供たちの・・・」と流れていますが、「貧乏人から集める前に、金持ちがお金を出せよ!」と思います。

日本の代表は御殿に住んでますが、「その高級家具買うお金で助けろよ!」と言いたくなります。



全ては奴らの計画通りです。

最終的には家畜奴隷として生かされるだけです。

もしそれが嫌なら、自立することです。

極力国や政府や自治体の世話にならない生き方を、心がけるしかないかも知れませんね。

みんな何かがおかしいと気づき始めているのに、今までと同じ生き方をしていれば、やがて家畜奴隷にされてしまいます。

今も家畜奴隷ですが・・・!


奴らが一番怖いことは、言いなりにならないことと、市民が団結することと、自己主張することです。

これを心がければ、やがて彼らの計画は崩壊します。

奴隷が居なくれば支配できなくなるからです。

奴隷が居るからこの社会が成り立っているのですから、みんなが独立した考え、自己主張を持ち、互いに協力し合って生きていける社会を創り、彼らの言いなりにならないことです。

これからの課題は、自己主張と共生だと思います。

自己主張とは、愛に基づいた生き方で、威張ることでも、わがままになることでもありません。

お互いを認め合うことです。

だから主張が出来るのです。



今世界は大きな舵取りを始めたような気はしますが、まだまだ日本は奴隷状態です。

日本の政治家も分かっては居ると思いますが、どうにもならないことの方が多いのでしょう。

ただ、ほんの少しだけ、風向きが変った気もしますが、気のせいかも知れません。(爆)




らっきーデタラメ放送局!



今回も勉強になります。(笑)

罪と罰

今朝5時59分 福島沖でM7,4の地震がありました。

今月は要注意と言ってましたが、まだしばらくご注意ください。




宗教観や常識、価値観の中で、上手に植え付けられているのが罪意識です。

「〇〇しないと罰が当たるよ!」というものです。

法事をしなかったり、お墓参りに行かなかったりすると、「この罰当たりヤローが!」と言われます。


宗教だけではありません。

一般常識から外れた行動をすると、異端者扱いされます。

普通の人間じゃない目で見られるのですから、たまったもんじゃありません。

別に法律を犯しているわけでもないのに、何故か白い目で見られます。

そして自分のやっていることに罪悪感を覚えるようになり、周りと同じ事をしないと嫌われると認識します。

これが支配者のやり方です。


誰も縛ってはいないのに、自分から進んで奴隷になるのです。

これが正当化とか、常識とか、価値観が作り出す罠です。

これによって罪悪感を作り出します。

キリスト教などでは、罪深き人間などと言います。


罪を犯せば罰が待っています。

因果応報です。

しかし、本当に罪を犯しているのでしょうか?

勿論悪いことをすれば罪ですが、常識にそぐわないくらいで罪と言えるでしょうか?

でもみんなと同じじゃないと罪人扱いされるのですから、不思議です。



この世の中は、この罪と罰によって支配されているのです。

特に善人たちは騙されやすいのです。

直ぐに罪悪感を持ちます。

人を救えなかったときも、罪悪感に苛まれます。

別にその人が選んだのだから、自分が悪いわけではないのに、直ぐに自分を責めます。

悪い癖です。

でもこの悪い癖こそが、この世界に縛り付けているカルマなんです。

こうして書くと、思い当たることが沢山あると思います。

いつも悲劇のヒロインを演じている自分はいませんか?

「自分さえ我慢すれば」 とか 「自分さえ目を瞑れば」 とか 「出る杭は打たれる」 とか 「人のために尽くしなさい」 とかです。

善人ほど、これらの言葉を鵜呑みにして、自分を苦しめています。

罪も罰もありません。

勿論悪いことは駄目ですが、普通に自分の意志で生きていく権利すら脅かすものは、全て仕組まれていると言うことです。

聖書や古文書の大半は改ざんされています。

特に宗教に関わるものは、聖職者に都合が良いように改ざんされています。

私たちはそれを有り難いお言葉など言って聞いているのです。

よくもここまで騙されてきたといった方が良いかもしれませんね!

しかし一部真実も書かれているので、そこが紛らわしいのです。

紛らわしさ故に、騙されてしまうのかも知れませんね。

今世界には3大宗教以外にも、沢山の宗教があります。

スピリチュアル的に見ると、全て要りません。

宗教と霊性進化とは関係がありません。

そもそも霊性進化するためには、宗教は障害になるだけです。


宗教は一般社会と同じで、群れることによって安心感をもたらしています。

何処かに所属している安心感です。

結局は洗脳です。


霊性進化とは、宇宙と繋がり、霊的真実を知ることです。

そしてこの世界の洗脳から抜け出すことです。

魂的に理解することが出来れば、この世が余にも馬鹿げていることに気づきます。

馬鹿げていると気づくことこそ、霊的に進化することだと思います。


本当に必要なことは、霊性を理解することです。

目に見えない霊の世界を理解することこそ、私たちの課題であり目標なのです。

今見えている世界は幻です。

まずはそのことに気づくことです。

そして今まで洗脳されてきたことを、手放すことです。


肉眼で見えるもの、耳で聞こえるものなど、私たちの五感を超えたところにこそ、霊の世界が存在します。

本当の世界です。

イエスが様々な言葉を残しているのは、この霊の世界こそ本当の世界だと説いています。

仏陀も同じです。

この世は無常だと言っています。


どこに寄りどころを置くかです。

本当の世界に置くのか!

それとも幻の世界に置くのかです。

この幻の世界は、私たちが死ぬと同時に全て消えます。

でも本当の世界は、私たちが死んでも永遠に続きます。


勿論この世界をおろそかにするのではありません。

愛を持って人として生きるべきです。

全ての人を理解し、出来る限り愛を持って接するべきでしょう。

人間道とでも言いましょうか。


そしてこの世への執着を捨てることでしょう。

それと自分の思いを生きることでしょうか。

エゴ・自我・執着・固執などを極力捨てることでしょう。

神の僕として生きれば言うことはないでしょうが、それは難しいので、せめて洗脳からは解放されて生きられれば良いのではないでしょうか。

そして自分が解放されたら、周りの人も解放してあげましょう。

これが聖なる生き方かも知れませんね。

解放されると言うことは、自由になると言うことです。

自由で人間性のある人になり、自分の人生を愛を持って生きれば、それでいいと思います。

拘りの中にこそ、洗脳が入り込んでいます。

特に宗教は強烈です。

この洗脳から抜け出すのは大変だと思いますが、抜け出すことが出来れば自由を取り戻すことが出来ます。

権力者の良いように改ざんされた、全く有り難くない教義など、全く必要ありません。

始まりはいつも心!

「始まりはいつも雨」じゃなく「心」です。

全ての事象を認識し、創造しているのは心です。

エネルギーが物質化する前に、心があり、心がエネルギーを創り出し、そのエネルギーが形在るものへと変化します。

ですから心がいつも始めに在ります。


外で起きる現象を捉えるのも心です。

その捉え方次第で、見える現象が自分好みに変化していきます。

同じ現象でも、見る人が違えば、全く別の意味を持つことになるのです。

これが私たちの住んでいる世界なのです。


ですからはっきりと固定された世界は存在していないのです。

見る人の見方、感じ方、捉え方によって変化する世界なのです。

そしてその現象をどう捉えるかで、幸せにもなり、不幸にも成るのです。

こんなに曖昧で固定されていない世界を、私たちは如何にも在るかの如く誤解しています。

固定されていないのだから、自分で自由に変えることも可能なんです。


この世界を変える一番簡単なポイントは、自分で作り出すことです。

例えば「平和な世界に住みたい」と思ったら、まずは「自分自身が平和になること」です。

簡単でしょう!

この原理を知れば、どんな世界も創り出せますよ!

騙されたと思ってやってみてください。

日本はこんなところが世界一!

CIotmi1UMAAVr8n.jpg

この世界一は全く誇れないですね!

知らない間に世界一毒を盛られてる感じです。

二元性の世界

個を体験するには対象物が必要です。

なので私たちは、ワンネスの世界から二元性の世界に入り込んでしまったのです。

しかし個の二元性の世界でも、ワンネス意識を忘れずにいることが出来れば、こんなにも苦しむことはなかったと思います。



この世界は一言でいると、「パソコンの中のバーチャル世界」です。

パソコンのバーチャルな世界に送り込まれたアバターが、私たちと言うことになります。

ゲームで言えばロールプレイングゲームです。

すでに設定された世界を行ったり来たりして、宝物を探しているようなものです。

そこには怪獣も居ますしルールもあります。

そして少しずつレベルを上げて行き、次の世界へシフトしていくようなものです。


私たちは生まれたときから、この世界がすでに在るという認識を植え付けられます。

そしてその世界はすでに在るので、自分では変えられないし、どうすることも出来ないと教え込まれます。

ゲームの中と同じです。

その中でより良い選択をすることでお金持ちになったり、地位や名誉を獲得したりしていると考えれば良いと思います。

しかしこの世界で得るものなどほとんど価値がなく、むしろ魂の向上には障害となることがあります。

でもそう言うものを集めることこそ素晴らしいと勘違いしているのです。

様々なアイテムを手に入れてレベルを上げるようなものです。

ひとたびパソコンのスイッチを切ると消えてしまいますが、またスイッチを入れるとゲームの途中から再開できます。

これと同じ事を、この地球界でやっているのです。


もしそのことに気づけば、このようなバーチャルな世界で生きることはないでしょう。

それよりももっと建設的な生き方が出来ると思います。

このバーチャルな世界は、すでに存在しているというのが前提で、結果を生きているに過ぎません。

しかし魂の領域で結果ではなく、原因を作る生き方をすれば、自ずと建設的な生き方に変わるでしょう。



全ての現象の原因は心です。

私たちが何に意識を向けるかによって、この世界は変ります。

すでに在ると信じていると、その世界で住むことになってしまいます。

そうではなく自分で創ると思えば、自分が創った世界に住めるのです。

これは自由になることでもあります。

自由になると言うことは、全てを自分で決められると言うことです。

自分で決めて行動すれば、全て自分が創造したことになります。

誰かが決めた世界に住む必要はどこにもありません。

これからもずっと誰かが決めた世界に住むのなら、それはパソコンのゲームの世界と同じで、いつまでも輪廻転生の世界から抜け出すことは出来ません。

私たちが見ている世界は、誰かが創ったバーチャルな世界です。

その世界を真実だと思うか?

それとも幻だと思うかです。

この世界は幻であって、私たちが意識を向けることで成り立つ世界です。

私たちがこの世界に意識を向けなければ、すでにこの世界はないのです。



分かり易い喩え話をすると、今から無人島に行って一切の情報手段を断てば分かると思います。

そうすれば目の前に見える世界のみが、自分の世界に変るはずです。

私たちは生まれた瞬間から洗脳され、この世界がすでに在るかの如く教えられてきたので、この世界が在ると信じて疑いません。

だからこの世界が存続できるのです。


でもそのことに気づいて、この世界から抜け出す人が増えて、次第にこの世界に意識を向けなくなると、自然とこの世界は消滅します。


量子力学で言うと、私たちが意識を向けたときだけ存在している世界なのです。

意識を向けなければ、この世界は存在できないのです。


二元性というトリックにまんまと引っかかって、如何にも在るかの如く信じていることに、疑問を持つことです。

そしてこの世界の本当の姿に気づき、この世界が幻で在ることを認識できれば、あなたはこの世界から抜け出せます。






プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR