今日も梅雨空!

梅雨明け宣言があったのに、今日もどんよりとした曇り空で、気温29度湿度80%とかなってます。

これでは畑で作業をすると、途端に熱中症ですよ!

外に出るだけで汗が噴き出てきますね!


迷走気象操作台風5号が、本州目掛けてやって来るみたいですが、このままだと今年の夏はなさそうです。

政治もおかしければ、気候もおかしいですね!

横浜では不正選挙が横行してますし、もう日本の終わりでしょうか!



今年は有り難いことに、畑の野菜たちも順調で、沢山野菜を食べることが出来ています。

その分食費も助かっています。

それともう一つ良いことは、体調が良いことでしょうか!

胃腸の具合も快調で、健康的な毎日を送っています。

やはり無農薬野菜は身体に良いですよね!

そして化学肥料、動物性肥料(鶏糞や牛糞など)も一切使っていないので、安全安心です。



よく言われるのが、昔食べた野菜の味がすると聞きます。

確かにトマトはトマトの味がします。

甘くて美味しいです。

ナスもとても甘くて美味しいです。

キュウリもあの独特の腐った臭いはしませんね。

どの野菜もとても美味しいので、もうスーパーの野菜には戻れないかも???



畑をしていると収穫時期を見越して、次の段取りをしないといけないので、今は秋野菜の準備期間です。

ニンジンなどは毎月植えているので、切れることなく収穫できそうですが、それでも8月は少し空きそうです。

今は葉物野菜が無いので、これから種を蒔くことになり、収穫は10月以降になります。

気温が下がらないと蒔けない野菜もあるので、9月が準備のピークになるでしょう。

毎日畑に行くのが楽しみで、今はほぼ毎日トマトとキュウリが収穫できます。

ナスは少しバテてきましたので、ただ今剪定をして休ませている状態です。

でも少しは穫れますよ!


今一番大変なのは草取りですね。

この蒸し暑い中の草取りは、重労働というか大変です。

1時間も草取りしたら上から下まで汗だくです。

それでも取らないといけないので、毎日暑さとの戦いになります。



畑は植えれば、後は収穫だけと言う様なものではなく、その管理をしていかないと、野菜たちが上手く育ちません。

今までに何度草取りをしたか・・・!

それだけではなく水の管理や、支柱を立てたり、防虫ネットをかぶせたり、時には油かすなどを少し撒いたりと、毎日作業に追われます。

中でも一番厄介なのが、草取りですね。


うちは自然農なので、全部の草を取るわけではありません。

背の高い草は取りますが、背の低い草はわざと残したりします。

ヨモギなど虫除けになる草も少し残します。

なので、うちの畑は、全く草のないつんつるてん?の畑ではありませんよ!(笑)

草刈り機も使いますが、畝の上は手作業です。



これから秋のジャガイモの準備などをしないといけないので、この暑い真夏の作業がしばらく続きます。

慣行農業のように、植えれば後は肥料と農薬撒いて、収穫すれば良いというものではないので、色々と虫対策もしながらの混栽培なので、余計に手入れが大変ですね。

自然農では草も大切なアイテムになりますから、乾燥を防いだり、畝間に敷いて堆肥にしたりと、とても役立ちます。

でもその分手間も要りますから、簡単に無農薬と言っても、その野菜を穫るまでには大変な苦労がありますね。


でもやっぱり無農薬には拘りたいですね。

だってそれが自然だから、私は自然に優るものはないと思っています。

雑草も虫たちも共生ですよね!



スポンサーサイト

種を蒔かねば芽は出ない!

種を蒔かないと、いくら水やしても芽は出るわけがありません。

種のないところに芽は出ないのです。

良い種も悪い種も同じです。

でも多くの人は、知らない間に沢山の悪い種を蒔いています。

そして自分が蒔いた種なのに、芽が出て来て実を付けると怒ります。

それは多分自分が蒔いたことに気付いていないからでしょう。



全てを他人のせいにして、自分が蒔いた種のことは忘れて、他人を怒ったり、今置かれている環境をを怒ったりします。

でもその環境を作ったのは自分自身なのに・・・!

多分選択(蒔いた種の種類)が間違っていたのでしょう。

そしてその時々に、不平不満を言い、愚痴を言い、腹を立て、怒り、罵り、歩んできたのではありませんか?

それらの種が、今実を付けているのですから、刈り取るしかありませんよね。

悪い種を蒔くのを止めたら、そのうち今まで蒔いてきた種もなくなって、芽も出なくなりますよ!

悪い種を蒔くより、良い種を蒔いていれば、良い実がなって収穫も楽しみになると思いますよ!



人生は畑のようなもので、悪い種とは雑草のように邪魔な存在かも知れませんね。

でも雑草にも役割がありますから、そこに気づくまでは生い茂りますよ!

少しでも早く気付いて、芽が出て来た雑草を早めに刈り取っていけば、やがて雑草はなくなっていきます。

そして野菜たちが、すくすくと育ち始めるでしょう。

野菜は良い種を意味します。

良い種を育てたいのなら、悪い種は摘み取らないといけません。

除草の仕事はしんどくて大変な仕事です。

でも良い種を育てるためには刈り取るしかありません。

辛い思いをして刈り取っても、次から次へと雑草たちは生えてきます。

それでも負けずに刈り取っていれば、やがてこぼれ種も少なくなり、生えなくなってきます。

そしたら野菜たちもすくすくと育つようになるでしょう。


その大変な除草作業こそカルマの浄化であり、気付くことです。

早く気付いて修正すれば、あなたの畑は素晴らしい畑になると思いますよ!

良い種を蒔いて、悪い種を蒔かないよう心がけると、畑という環境が、自分にとって素晴らしい環境に変るのです。

自分の周りを良くしたいのであれば、今からでも良いので、悪い種を蒔かない努力をしましょう。


奴隷でも自由になる権利はある!

奴隷社会を生き抜く皆様にも、自由になる権利があります。

それは自分で考えて行動できるかどうかだけです。

選択は無数にあるのですから、何を選ぶかで自由を取り戻すことも可能だと言うことです。

自由の定義は、わがまま放題生きることではなく、自分で決められるかどうかだけです。

自分が決めた通りに生きているとすれば、それは自由に生きていると言うこと!

もし今の生活全てを自分で決めていないとすれば、多分奴隷に成り下がっていると言うことになります。


いくら奴隷社会だと言っても、選択の余地はまだ残されています。

選び方次第で自由になることも可能です。


食べ物を選んだり、仕事を選んだり、住む場所を選んだり、病院を選んだり、使う機器を選んだり、まだまだ自由になる要素は残されているはずです。


それなのに自由を選べないのは、多分何かに執着しているからでしょう。

目の前に自由があるのに、現状維持と安定と経済性を優先すると、多分死ぬまで自由には成れないと思います。

かといって、現状を放棄し新しい生き方をするには、相当の決断と勇気が必要かも知れません。

でも全て二者択一なんです。

どちらを選んでも、人の人生は成るように成っていきます。

ただその人生を、不平不満と後悔と諦めで満たすのか?

それとも悔い無く喜びの中で生きるのかだけです。



求めるものが違うと、生き方も変ってきます。

何を求めるかです。

安定したそれなりの暮らしを求めるのか、それともお金や物に執着せずに、自然と共に生きるのかです。

単純に住む家と畑と田んぼで、大体1反あれば生活できるそうです。

1反は300坪です。


300坪の中に、田んぼと畑を作り、小さな家一つあれば、それなりの生活が出来ます。

一昔前がそうだったように、お金がなくても食べて行けた様に、どこに必要性を置くかでも変って来るでしょう。

詐欺師による税金を払わなかったら、光熱費と食費分で生活できます。

その食費分を自分で生産すれば、後は光熱費だけです。

光熱費も自然を上手く利用すれば、またはあまり贅沢しなければ、そんなには要らないでしょう。

今の生き方を見直すというのは、どこに焦点を置くかだけです。

奴隷になっても、お金と物とそれなりの生活を求めるなら、それも自由な生き方でしょう。

しかし精神的自由とはほど遠いと思いますが・・・!



全てを放棄し、多少不便でもその不便を楽しみながら、心身共に自由に生きる選択も有ると言うことです。

既に自由に生きている人もいますが、まだまだ奴隷社会にどっぷり漬かっている人もいます。

また、気付いていいるものの、なかなか抜け出せない人もいます。

これには様々なからくりがあって、恐怖ベースに生きていると、多分一生抜け出せないと思います。


自分の意志を無視して環境が一変すると、人は考えるようになります。

それは災害やリストラや倒産、病気などの突発的要因です。

でもそうならないと考えられないのも人間です。

人間切羽詰まってからじゃないと、なかなか真剣に考えようとしないので、いつも現状維持のことしか頭に無いのです。

逆にそれが安心するように洗脳されているんでしょうね。


それでも一応選択の自由はありますので、今からでも遅くはありません。

一度真剣にこれからのことも踏まえて、自分の人生を考えてみては如何でしょうか?




メガネを作り直しました。

ここ最近目が霞んで見え辛かったので、メガネを作り直しました。

私は長距離の運転することが多いので、見え辛いととても疲れます。

そして歳と共に、近くも見え辛くなっているので、今まで使っていたパソコン用のメガネも、いつの間にか見づらい状態になlっていました。

で、視力を測ると、特に右目の視力が悪くなっていて、道理で目が霞む訳です。

無理してみていることもあり、目に違和感を感じていたのもそのためと分かり、作り直しました。

遠近両用ではありますが、右目の視力低下は遠視だと言われました。

要するに網膜より手前で焦点が合うために、視野がぼやけるらしいのです。

なので補正は凸レンズになります。

で、近くの見え方も修正して貰って、作ってきました。


そしてもう一つ困るのがパソコン作業で、今まで掛けていたメガネでは上手く見えなくなっていて、こちらも少し度数を上げていただきました。

歳はとりたくないというのが本音ですが、こればかりは仕方ありませんね。

私くらいの年齢になると、大体一年から二年くらいで視力が変るらしく、特に老眼は進行が早いみたいですね。




メガネと言えば、昨日の記事の色眼鏡(色即是空)ですが、自分色のメガネを掛けていると、世間が歪んで見えます。

ちゃんと補正しないと正常に見ることが出来ませんよね。


メガネは言わばカルマであり、個々の思い癖の反映でもあります。

何らかの拘りや偏見があると、歪んで見えて当たり前です。

きっちり修正をするというのは、素直な見え方にすると言うことでもあります。

お釈迦様が言うところの 「あるがまま」 に見るには、やはりメガネを修正して、ありのままに観る必要があるからです。


茶色や黄色やグレーのサングラスも、本物とは違うものを見せてしまいます。

度数が合っていないものは、歪んで見えてしまいます。

色が違ったり、歪んで見えると言うことは、自分の心の色が透明でないという意味と何らかの偏見によって歪んだ世界(自分好みの世界)を見ていることになります。

だからメガネで修正すると言うことは、カルマを浄化することでもあり、拘りをなくすことでもあります。


あなたのメガネはちゃんとありのままに見えていますか?







嘘は泥棒の始まり!

政治家の人相は詐欺師の人相にそっくりだと言いますが、平気で嘘がつける泥棒ですね。

既に多くの国有地(国民の財産)を、タダ同然でお友達にプレゼントしているのですから・・・!


嘘を言えば、必ず何処かで辻褄が合わなくなります。

加計学園のことを平成25年に知ったと以前の報告書で言いながら、今回の答弁では、今年始めて知ったと???

既に痴呆症なのか、嘘を言っているかどちらかですよね!

嘘をつくと必ずほころびが出て来ますから、これからも目が離せませんね!


嘘が平気で付けると言うことは、詐欺師と同じです。

詐欺師の嘘は天下一品です。

政治家の嘘は天下二品です。

で、政治家はお馬鹿な方が多いので、直ぐにボロが出ますけど・・・(笑)


そもそも嘘をついてまで守りたいのは、地位と名誉と名声でしょうか?

私は全部要りませんが!!!

いい加減に人の心を取り戻していただきたいものですが、これこそ馬耳東風・馬の耳に念仏でしょうね!

話になりません。



人間性の低いにとほど、上に立ちたがりますが、政治家を見ているとまさにその通りですよね。

威張り散らして、人を顎で使って 「このハゲ~ッ!」等と怒鳴って、何様のつもりなのか?

単なる馬鹿でしょう!


それにすら気づけない詐欺師の連中が、日本の政治の中核にいたら、既に日本も終わりです。

後はもう崩壊を待つのみでしょうか。

さっさと潰して新しく作った方がましですよね!


もう詐欺師は当選させないことです。

政治家で真っ当な方は、大抵自分の財産を投げ売って潰しますが、真っ当でない方は、財産を殖やしまくります。

背任・賄賂・汚職・贈収賄のオンパレード!

政務活動費は生活費ですよ!

それ以外にパーティーだの、企業からの献金だの、どれだけ欲が深いのか?


今後政治家はボランティアにしましょう。

そして彼らの給料全てを国民に分配しましょう。

そして官僚や公務員も今の半分で十分じゃないですか?

毎日仕事がなくて困ってらっしゃるようですし・・・(笑)



何でこんなにもやりたい放題されていて、国民は黙っているのでしょうね。

税金を払わないストライキでもすればどうでしょうか?

みんなでやれば怖くないですよ!

でもサラリーマンは無理ですよね!

先に引かれちゃうので・・・


何でも良いから何か対抗しないと!

どうせ崩壊するなら、早いほうが治りも早いですよ!


何れにしても詐欺師どもを何とかしなければね!




意に介さない!

人は色んなものを見聞きして、色んな分析をして、自分好みの判断を下します。

そしてその判断が一人歩きをして、それが如何にも正しいかのように解釈し正当化します。

これはこの世界でやっている個としての存在です。


一見当たり前のことのように思えるかも知れませんが、これこそが幻影に縛り付けている要因です。

私たちは何かを見たり聞いたりすると、自分色に染めて解釈する癖があります。

この癖は、自分を正当化し、守りたいという自己防衛と、カルマや偏見から生じます。

そして自分好みの世界を創り上げて、絶えず比較や批判を繰り返します。

そうして自分という個の存在を定着させます。

これが三次元物質世界です。



これをよくよく観てみると、実際には無いものまでもが、自分の価値観によって作り出され、存在していることになります。

そしてその自分が勝手に作り上げた幻を崇拝しているのです。

人は自分の正しさを正当化し、崇拝し、酔いしれるのです。

自分の考えと同じ人には同調し、それ以外を排除します。

そして国とか地域とか村とかを形成し、その土地柄に合った思考形態を押しつけ強いるように成ります。

勿論道徳的なことやモラルについては、良い方向で作用するとは思いますが、村意識についてはあまり感心しません。

地元とよそ者です。

排他的とも言います。



これと同じような連帯感を、社会だけでなく、会社や様々な組織の中で作り上げ、その組織の方針とか会則とかで縛り上げ、排他的になります。


勿論友達関係に於いても、この様な傾向があります。



こうして人は、自分の居場所を求めてさまようのです。


しかし青い鳥は、外には存在しないことになかなか気付かずに、色んなところを行ったり来たりして、それでも見つからないので悩み苦しむのです。



これは原点が外にあるから、堂々巡りの世界をさまよっているに過ぎません。

原点は内にあることに気付けば、全て解決するのですが、なかなか内に目を向けることをしないのです。

全ての始まりは自分の心です。



タイトルにあるように、「意に介さない」 とは、見たもの聞いたものに囚われないと言うことです。

外の世界に救いを求めているようでは、1万年経っても悟れないと言うことです。

それよりも自分の心に気付くことです。

見たものを見たままに解釈することです。

自分色に染めないことです。



そうすれば、お釈迦様の言うように 「あるがまま」 の世界を見ることが出来るでしょう。

外の世界はあなたが創り上げると、現実化していきますが、意に介さなければ外の世界は外の世界なだけで、自分の世界に干渉することはありません。

この通りが分かってくると、やたらと介入して喚くこともなくなるでしょう。

「色即是空」 ですね。





野菜!

4名お申し込みがありましたので一旦締め切ります。

また余裕が出ましたら、ご案内致します。

キュウリが肥大化!

最近畑が忙しくて、毎日収獲しないとキュウリが肥大化します。

それも葉っぱの影で気付かないキュウリもあって、気がつくと長さが35cmとかなってます。

キュウリは花が咲いてから、収穫までが短いので、10日くらいで収穫できます。


他にもナスなども結構大きくなるのが早いですね。

うっかり忘れていると巨大化しますね。



最近困っているのがカラスの襲撃で、トウモロコシも5、6本やられましたよ!

トウモロコシの木ごと抜かれてしまい、そこら中に散乱してたりします。

今年植えたトウモロコシは、とても甘いみたいで、結構やられてしまいました。

今は何とか防鳥ネットを張って凌いでいます。



トマトも大玉は、カラスの目の付くところにあるものからコツかれて穴だらけになっています。

赤いのも食べるのですが、青いものまでコツいてますね。

それでも今年は昨年以上に出来が良いので、沢山収穫できてます。



今使っている畑には、根切り虫がいないのか、トマトの被害もないのですが、昨年夏野菜に使っていた畑では、根切り虫にやられて、一部植えていたトマトが枯れています。

しばらく夏野菜には使えないかも知れません。

今はその畑は葉物野菜やニンジン、大根、大豆(枝豆)などを植えています。

大根も時々かじられるので、何か対策が必要かも知れません。



自然農では虫たちとも共生なのですが、根切り虫は困りますね。

幹根を切られるので、水分が吸えなくなって枯れてしまいます。



まだまだ勉強中なので色々と大変なのですが、今年失敗したことも糧にして、来年は失敗しないように育てないと駄目ですね。

難しいのは、自然農では玉ねぎが大きくならないことですね。

多少の肥料は必要なのでしょうが、あまりやり過ぎるのも問題なので、その辺りは経験なんでしょうね。

慣行農業では、化学肥料を決まった分だけ定期的にやるので、大きさも揃うのでしょうね。

トウモロコシも肥料不足なのか、大きく育ちませんでしたし、スイカも途中で何本か枯れてしまいました。

カボチャの受粉も少なく、あまり数は出来ていませんね。


まだまだ課題は多いですが、何事も勉強ですので、また頑張りたいと思います。


年金は75歳から!

年金受給開始「75歳とか…」 内閣府の検討会で意見

とうとう言い始めましたね!

多分もうすぐ破綻するのでしょう。

このままじゃ貰えるわけがありません。

今の若い世代の年金徴収率は40%とか言ってますから、そうで無くても足りないのですから無理ですね。

みんな派遣だから払えるわけがありません。

75歳から貰ったら、受給額が41%増えるとか言ってますが、多分その間に死んで終わりでしょう。

それを見込んでいるのか、支払う気が無いのか、何れにしても私たちが年金を貰う時になると、既に破綻していると思います。



貰えない者を掛ける必要は無いので、支払うのを止めた方が良いかもしれませんね。

その一番の手段は、低所得になることです。

すると全額免除されます。



今のシステムが永遠に続くというのは、夢幻です。

過去の歴史もそうですが、何年かするとほとんど消えて無くなります。

そして新しい歴史がスタートします。

それの繰り返しです。

だから今のシステムが崩壊しても、これは単なる歴史の繰り返しに過ぎません。

悲観しないでください。


より良いシステムを構築すれば良いだけです。

そうなるためにも、一度要らないものは処分する必要があるので、その処分がこれから始まろうとしているのだと思います。

今は世界中が、そう言う流れで動いています。

日本だけ取り残されているかも知れませんが・・・(笑)

でももうすぐ安倍政権もご臨終ですから、まだまだこれからですよ!



これからの生き方は、今のシステムから出来るだけ離れる生き方にシフトしておいた方が、後々大きな被害を被ることが減ります。

今のシステムの中で生きていると、もし崩壊したら一からやり直さなければ行けませんので、相当大変だと思います。

今から少しずつ、切れるところは切っておくというのが懸命です。

例えば銀行は極力使わないとか、全て現金払いにするとか、家計の支出を見直すとか、保険を解約するとか、生きるために何が必要かを、今一度家族で見直してみるとかです。

まだまだ個人で出来ることはいっぱい有ります。

家庭菜園や市民菜園を始めても良いですよね!

生き方を見直す上でも大事なことだと思います。

そして今のうちに身軽になっておくことです。

そうすれば崩壊が起きても、最小限の被害で済みますよね!



一度自分の今の生活スタイルを見直してみてください。

そうすれば魂の洗濯も、一緒に出来るかも知れませんよ!






お野菜ですが、7月最終の週もある程度出荷出来そうなので、単発で欲しい方がおられましたらお申し込みください。

4名分くらいは可能かと思います。


メールにでお申し込み頂ければ大丈夫です。

pleiades-m@ares.eonet.ne.jp


蓮舫氏の二重国籍など!

蓮舫氏は蓮舫と名乗っているだけ正直なのではないでしょうか?

在日帰化人でありながら通名で生きている人もいてますからね。

国会議員は全て本名にしたら面白いことになるのではないかと思います。

日本名乗っ取り帰化人も、元の名前を明記すれば、多分蓮舫氏どころではなくなるのではないかと思います。


現在の政権は、乗っ取り帰化人によって占領されていますから、安倍政権崩壊後は、出来れば乗っ取りでない方にお願いしたいですね。


マスコミの風向きが変ったことで、安倍政権もピンチに立たされていますが、これも茶番なのでどうでもいい話です。

既に後釜は確保しているのでしょう。

小池旋風が吹き荒れる中 「希望塾」発足とか言ってますよね。

その裏で、管さんが新たな政党を立ち上げるとか!

反原発党のようです。


安倍政権崩壊とともに、乗っ取り議員さんもみんな辞めて頂けると嬉しいのですが!

しかし彼らも奴隷なので可愛そうな一面もありますが、裏で指南している米CIAなどを何とかしないと、誰が総理をやっても同じなんですけどね。



昨日は東京も大荒れで、雹が降ったとか言ってましたが、今日本各地が大荒れですよね。

これも世の中を反映しているようです。

特に九州は色々と狙われているのか、やたらと災害が多いですよね。

これには色々と理由があるかも知れませんね。



少し前に木曽御岳付近で大きな地震がありましたよね。

これは前回の噴火に続く第二の警告のようです。

前回の噴火では多くの方が亡くなりましたが、御岳は国常立尊ですので、日本の国体そのものです。

その日本国が怒っているとしたら、昨日の東京の雹も頷けるのではないでしょうか。

今日本はそう言う意味では最終段階なのかも知れませんね。

心入れ替えるのか?

それともこのまま崩壊するかです。



気になるメッセージも沢山でている中、今のまま突き進むことは出来ないと思います。

日本の神が許さないでしょう。

そうなると私たちは、自然淘汰されてしまうかも知れませんよね。

共謀罪や憲法改正などの悪法がもし現実化したら、日本は消えて無くなるかも知れません。

これも乗っ取り帰化人たちの思う壺なのでしょうけど、これからの試練はそう言う乗っ取り者たちにも、容赦なく襲いかかるかも知れません。

流れが急変する恐れもあるので、これからは正直者が幸せに成れる時代に変化していくと思います。

その時、嘘で固めた人生を送っている人々は、淘汰されると思います。

既に今もボロが出始めています。

甘利、下村、豊田、稲田、山本、金田、議員や大臣の器じゃない人が議員、大臣をやると、崩壊して当たり前です。

まだまだ多くの不祥事が、自民から出ていますが、これも乗っ取り政権故のことでしょうね。

もうすぐ乗っ取りも終了します。

そんな気がしています。






プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR