意識を向けた瞬間から現実が始まる。

もし何の囚われもなく淡々と生きていたならば、そう現実に色んなものが入り込んでくることもないでしょう。

例えばブッダのように、何事にも囚われず、ありのままに受け入れて生きていたら、苦しみも、悲しみも入り込む余地はなかったと思います。

私たちは、多くの囚われが生み出す現実に翻弄され、嘆き悲しみ生きています。

しかしそれも自分が意識を向けているから起きることであって、自分自身の興味が無いことは起きないはずです。

良し悪しに関係なく、自分が興味をもつということは、心に引っかかりがあるということです。

だからそのような現実を引き寄せるのです。

もし何の囚われもなければ、心に引っかかるものもないでしょう。

すべてが通りすがりの一場面であって、それらに囚われなければ、原因と結果の中の単なる結果なのです。

結果は既に終わったことであり、結果に意識を向けたところで、その結果が変わるわけではありません。

ありがたく受け入れるしかないのです。


だからこそ結果に意識を向けるのではなく、原因を生きることが大切なのです。

通りすがりで起きるすべての現実は、今まで創り出してきた原因の結果なのですから、それらに拘りさえしなければ、自分の現実の中に再び湧き起こることもなく、自然に消滅していくものです。

こんなにも簡単な宇宙の法則に気づけば、全て自分の心が創りだす幻であることも、理解できるはずです。

意識を向けるということはそういうことです。

どのような現実を創りたいですか?

自分の心は何に囚われていますか?

スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR