生命エネルギーと食物

生命エネルギーと食物

私達の食物は人間が作り出した化学物質に汚染され、本来食物が持っている生命エネルギーが半減してしまっています。

一昔前までの野菜は、転作して大地を寝かせながら育ててきました。しかし今は大地が生命力を回復するのを待たずに、化学肥料で物質的栄養素のみを補給して新たに食物を育てています。

しかしそれでは本来の大地のエネルギーを吸収する事ができず、野菜の持つ生命エネルギーは半減してしまいます。

そして化学肥料にも益して農薬の使用により、益々生命エネルギーの無い野菜を作ることに成り、野菜の持っている自らを身を守る力も半減してしまっているのです。

そしてもう一つは、わざわざ遠くから食物を運ぶ事が問題です。運ぶ事によりより多くの自然破壊を生むだけでなく、その土地の持つエネルギーを食す事が出来なくなっているのです。わざわざ輸入して外国のものを食することは、人間本来の大地と共に生きると言う事が出来なくなってしまっています。

食物は地産地消であるべきものです。
その土地土地のエネルギーは、その土地に住む人々のオーラと調和している事に目を向けなくてはいけません。

私達が生きるのに必要なエネルギーは、私達が生きる土地と密接に関係しており、地元の大地のエネルギーこそ最も私達に必要なものなのです。

自然と共に生きるとは、地元の旬のものを食べる事ではないでしょうか。
もぎたての新鮮な野菜を感謝して食べる事こそ、本来の私達の生き方のではないでしょうか。

例えスーパーで売られている食物であっても、地元のものを意識し、出来る限り旬のものを頂く事で、本来の生命エネルギーが摂取できるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR