正しさと言う偏見!

会社や学校、地域社会、宗教、そして様々な集団の中でこのような偏見が正しいことと認識されています。

特に顕著に現れているのが宗教です。

今も争っている「イスラム教」「ユダヤ教」「キリスト教」などを見るとよく分かると思います。

信じていることはその宗教でしか通用しないことだったり、その地域だけでしか通用しないことが多いと思います。

ところ変われば生き方も変わるように、人々の考え方も変わります。

地球に住んでいる限りは、このような常識的しきたりというものは付きものですから、仕方がないといえば仕方がないのかもしれません。

でも宇宙真理に目覚めるということは、このような偏見をも克服し、本来のあり方を見出すのが目的です。

何事にも縛られない生き方こそ、本来の自由であり、人間一人一人に与えられたものです。

この自由を取り戻すためにも、真理を理解するということはとても大切なことだと思います。

多くの人が目に見えない偏見に囚われています。

目に見えないというのは、自覚がないという意味です。

別の言い方をすれば「盲目状態」です。

真理を知らないというのは、「盲目」の状態だからです。

だから悟った人を「覚醒した人」と「覚者」言う言い方をするのです。

目覚めるのです。


2月22日に奈良で勉強会をします。

まだ人数的に入れますので、お申込みください。

毎回来て頂いている方も、来られるようでしたらご一報ください。


2月28日は、名古屋で勉強会をします。

こちらも人数的にはまだ大丈夫です。



本当の正しさとは、全てにおいて見る目を養うことであり、何かを盲目的に信じることではありません。

正しいとか正しくないとか言っているようでは、本当の真理を理解していないことと同じです。

全ては事象であり、正しいも正しくないもなく、摂理の中で結果として現れたものに過ぎないことを理解するべきです。

人間が創りだした約束事ほど、未熟なものはありません。

宇宙の法に従えば、約束事など要らないものです。

しかし約束事がないと生きていけないことに、未熟さがあるということです。
スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR