預金封鎖とマイナンバー制度

預金封鎖の番組がNHKでされましたね。

そして来年1月からのマイナンバー制度です。

このマイナンバー制度については、預金通帳と連動です。

マイナンバー制ですべての収支を国が管理できる仕組みです。

もしマイナンバーによって、売り買いも管理できるとしたら、これはもう大変なことになります。


物を買う時、売る時にお金は必要ないが、マイナンバーが必要になり、全て銀行経由で取引されるとしたら、これは完全に奴隷状態になります。

すべての人の趣旨趣向すべてが管理されるのです。

この家族はいつも何を食べていて、何に関心があるのかすべて分かるということです。

そして病気や薬、介護など、全てが管理されます。


もし預金封鎖のために現金で持っていたとしても、このマイナンバー制度によって、収支のすべてが管理されるとしたら、手元のお金はただの紙切れになってしまいます。

銀行に預けなければお金としての価値がなくなるからです。

すべてを数字で管理するというのはそういうことです。

本当にこのようなことを考えているとすれば、これはとんでもない社会になります。

あらゆる自由がなくなるからです。

今までのように家族に黙って自分の欲しい物をこっそり買うことも出来なくなります。(笑)


あと最近のクレジットで、当日使ったお金は、当日預金から引き落とされるシステムが出て来ましたね。

もしかするとこのように、毎日の買い物すべてが、銀行を経由し管理されるということです。

今でも月単にでクレジットの引き落としが有るので、同じといえば同じですが、それしか使えないとしたらどうでしょう。

へそくりで好きな物を買うことも出来なくなってしまいますよね!

一番の問題は、税金です。

全てが丸見えになります。

サラリーマンが総支給額から税金を引いた手取り額分で生活する以上に、今度は使っているお金の細部まで丸見えになります。

世のお父さん方は隠し事出来なくなりますね。(爆)


そんなこんなで、預金封鎖とは自分の持ち金ですら管理され、その使い途まで全てマイナンバーというカードによって管理されるということです。

今も住民基本台帳カードというのがありますが、このカード無ければ、物の売買が出来ないとしたら、これはとんでもない社会です。


既に政府の借金は1200兆円を超えていて、国民総生産の200%以上になっています。

あともう少しすると国民の資産を超えることになります。

その時に政府は、戦後と同じことをやるかもしれません。
スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR