脳波

脳波

脳波には大きく分けて4つのパターンがあります。

周波数の大きい順にならべますと、

● ベータ波 13-40 Hz 活発に活動し、思考を行っている状態

● アルファ波 7-13 Hz リラックスした状態 半分寝ている状態

● シータ波 4-7 Hz 夢を見ている状態、深い瞑想状態 REM睡眠

● デルタ波 4 Hz 夢を見ない深い睡眠状態

ベータ波は、健在意識が活発に活動している状態で、私達が起きた状態に出る脳波です。

次にアルファー波は、リラックスした状態で何も考えずにボーっとしている状態で、半分寝ている時のようなまどろんでいる状態と言えます。

シータ波は、レム睡眠と言って浅い眠りの状態でこのような眠りの時によく夢を見ます。

デルタ波は深い眠りの状態に成ります。

私達は瞑想を行っている状態はどのような状態かと言いますと、シータ波が出ている状態です。
浅い眠りの状態であって尚且つ顕在意識がしっかりと活動している状態と言えます。
ですから夢を見たり、閃きを得たり、未来が見えたりと言った次元を超えた状態で意識をしっかりと持って認識できる状態と言えます。

シータ波は、私達の潜在意識領域に繋がる周波数です。私達が日頃意識せずに活動している体の機能を司っている領域と言えます。
実は病気の原因を作っている思考パターンやその他のプレッシャーを感じたり、他人の心が突き刺さったりと言った感情は、この潜在意識領域から発せられています。

次にデルタ波はどうでしょう。
この周波数は、アカシックレコードとも関係のある領域です。俗に言う無意識領域に成ります。
この領域は宇宙の意識と繋がり、私達の生命の根幹をなす領域ともいえます。

今回のアセンションでは、私達はこのアカシック領域に達する事になっているようです。この領域はすべての情報を共有できる領域です。言うなれば愛の領域とも言えます。

日頃の生活の中で、時間に追われ生活に追われアクセクと働いている領域とは程遠い領域ではありますが、このような周波数を自分の生活の中に取り入れることは、心身ともにリラックスする上でとても大切な事に成ります。

ちょっとした空き時間を見つけ、ティータイムを作るとか、ハイキングや小旅行をすることで自然と触れ合う機会を作ったり、神社仏閣を散策するなどと言ったことでも、この静からリラックスした周波数に合わす事が出来ます。

またお気に入りの音楽を聴いたり、動物たちと戯れたりする事でも、心をリラックスする事ができます。

中でもアルファー波は、潜在領域と繋ぐ架け橋と成りますから、一日の内の例え5分でもいですから、空を眺めてボーっとする時間を作ることをお勧めします。

何も考えない時間が大切なのです。
毎日アクセクと働いている中で、5分のリラックスタイムを自分の生活の中に作ることで、病気やストレスから身を守る事もできます。

流れ行く雲をボーっと眺めて見て下さい。
川を泳ぐ魚たちや池に浮かぶ水鳥たちに焦点を合わせて見て下さい。

出来るだけ多くの時間を、アルファー波の状態で過ごすように心がけて下さい。半睡眠状態に身体が慣れてくれば、意識を持った状態のまま無意識領域とアクセスできるように成ります。

身体を心地よい波動が流れるのを感じ始めたら、自然と潜在意識に繋がります。心地よい心の領域では直感やインスピレーションが、思考の代わりに働き始めます。このような状態こそがこの瞬間に焦点を合わせている状態なのです。

その時々の感性を大切にし、行動を感性に任せる事でより的確で最善の生き方が出来るように成ります。
このような生き方こそ、人間が本来体験する生き方なのです。体験とは自分の心に正直な行動であるべきなのです。上から押さえつけられたり社会に合わせたるすることではないのです。

f1/2ゆらぎとか
f1/4ゆらぎと言うこの周波数は、私達の本来の生存周波数でもあるのです。
ゆったりとしたリラックスタイムを意識して、時を忘れてのんびりとした一時を、今の生活に取り入れてみて下さい。



スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR