国民総薬漬け!

国民総薬漬け!

今、医療において最も深刻な状態は、薬かもしれません。
それは薬を売るための医療になっている節があるからです。

今から40年ほど前は薬と言えば、自転車で巡回してくる置き薬が主流でした。そして医者にもよほどでない限り行くことは無く、当時はそう多くの薬も出回ってなかったでしょう。

しかしここ20年、成人病と称しやたら薬を併用するようになって来ました。この背景には製薬会社の魂胆が見え隠れします。(マスコミも多いに関係があります<健康ブームなど>)

また医者に成るための投資が多い事も、金儲け主義の医療に変貌させた理由かもしれません。
一人の医者を輩出するまでの大学費用は、4~5千万とも言われています。
この費用は、医者になってから回収することに成ります。

昔の町医者は、損得抜きに病気の人がいれば治療したものです。「Dr・コトー」ですね。(笑)

現状を見渡してみると、お年寄りで薬を飲んでいない方のほうが少ないと感じませんか?
やれ血圧の薬だの、糖尿の薬だの、脳梗塞の薬だのと、死ぬまで薬漬けの毎日を送っておられます。

大きな要因は食生活かもしれませんが、それよりももっと大きな原因は、不安を煽る情報かもしれません。

成人病と言う金儲けの3大柱です。
癌・心臓病・脳梗塞です。

血液検査でちょっと引っかかると、薬を出す傾向があります。
「このままでは成人病に成りますよ!」と言う言葉と共に不安を売り込み、薬を飲ませます。
データが少し高いからといって安易に薬で抑制するのではなく、どうして食生活の改善や心の持ち方などの治療が出来ないのでしょう。

最近の町医者でもそうですが、やたらと薬の量が多いと思いませんか?
風邪を引いただけなのに、5錠くらい飲まなくてはいけないこともざらです。

そして何と言っても、少し悪いとすぐ検査です。
そして少しデータが悪いと薬です。

これが医療なのでしょうか?

毎日規則正しい生活をして、美味しくご飯を適量食べて、食物に感謝し、生きる事に感謝し、自分自身を信じ、不安を抱かなければ、もしかしたら薬漬けの人生を歩まなくても良かったのではないでしょうか?

医療が悪いのか?
それとも薬が悪いのか?
はたまた食生活が悪いのか?

私はすべてに於いて誘導されてきたのではないかと思うのですが、如何でしょう?

国民総病人にするための陰謀ではなかったのでしょうか?

一人ひとりが生きる事に責任を持ち、薬に頼らない自己管理をすることが、これからの課題だと思うのですが!
一人ひとりが身体をコントロールすることを学ぶ時代が来ているのではないでしょうか!

今一度、医療、特に薬に対して考えてみては如何でしょう。
それと、サプリメントも私は必要ないと思います。
それは普通にお肉以外をバランスよく食べていれば、十分健康だからです。(これは私の意見ですが!)

スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR