民主主義の不当性!

民主主義は正当なシステムではなく、それを利用してどうにでも出来るシステムなのです。

その一番騙されているのが、多数決です。

そして国民の代表という、代議士制度も騙されています。


お金さえあれば、そして人さえ集められれば、騙そうが、恐喝しようが、賄賂を渡そうが、過半数取った者が勝ちです。

こんな馬鹿な茶番劇を見て、一喜一憂しているのが国民です。

みんな騙されていることに気づかず、多数決で決まったのだから仕方がないと思っています。

そして代議士も、自分たちが選んだと思い込んでいます。


代議士も、地元のためと言って予算を取り仕事を作ることに他ならず、すべては自分のためであって、国民のためではありません。

地元の業者を儲けさせるためのシステムなのです。

地元のためというのは、表向きの話です。

地元の企業と癒着しバックマージンや献金として戻ってくる仕組みです。

あらゆるシステムがすでに腐っており、すべては金と地位と名誉のために動いています。

誰も国民のためなどとは考えていないのです。

これが彼らの言う民主主義です。


もう騙されないで下さい。

昔のように持ちつ持たれつで、地域ごとに助け合って生きていれば、国なんて必要ないのです。

国のためと言いながら、儲かるのはゼネコンと、経団連の連中と、政治家と官僚だけです。

国民はいくら働いても毎日の暮らしに追われるだけで、彼らのようにはなれないのです。

そう言うシステムが私たちが言う民主主義の資本主義社会です。

強い者しか勝てない社会なのです。

そして一般人は、いつの彼らの奴隷でしかないのです。

いい加減に目を覚ましましょう。

奴らの言いなりになるのをやめて、自分たちの生き方を考えましょう。

そのためにも生きるための最低限のものを作らないといけません。

その最低限のものさえあれば、みんなもっと自由に生きられるはずです。

今の狂った社会を捨てて、本来あるべき生き方を見つけましょう。

私たちが生きていくために必要なものなんて、たかが知れているのです。

わずかな食料と着るものと住む場所があれば、そんなにお金は必要ありません。

みんな騙されているから、多くのお金がいるだけです。

よくよく考えてみて下さい。

給料の半分くらいは税金と公共料金なはずです。

食べる分なんで知れているはずです。


私たちが文句を言わないことを良いことに、多くの税金を掛け、実質的にそして間接的に巻き上げているはずです。

そしてその大半のお金は彼らの懐に入るのです。

そして公共事情と称して、借金してやっているのです。

国債は、利息しか払えないリボ払いの借金です。

それらは国民から政府が借りているのであって、国民の借金ではありません。

それなのに国民一人あたりの借金が800万円などとほざいています。

これも騙されているのです。

何れマイナンバーで私たちの資産を把握したら、デノミレーションですべて没収ですよ!

彼らのやっていることは詐欺です。

早く目を覚まして下さい。
スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR