何事にもあまり拘りすぎると良くない!

拘りが素晴らしい発明をすることもありますが、それは良い意味での拘りで、ほとんどの人が、あまりよろしくない拘りを持って生きています。

それは、「こうしなければいけない」 という拘りです。

常識に囚われすぎて、そこから抜け出せないで居ることが多いと思います。

風習やしきたりに拘る方もいます。

お正月の行事である初詣などもそうですが、「一年の計は元旦にあり」などと言って、初詣される方もおられるかと思います。


そしてもう一つの拘りとして、健康オタクになっている人も居ます。

これは良い!

これは駄目!

と、頭から決めつけ、絶対に悪いものは食べない、やらない、と言う徹底した態度も、余計に病気を作り出します。

それと依存心の強い方も同じです。

何かに頼ると安心する人です。

これも拘りです。


健康面で、拘りや依存心の強う方は、健康にはなれないと思います。

何故なら、そこに意識があるからです。



いつも言うように断言することです。

「私は健康だ!」

「誰の世話にもなりません!」

「自分のことは自分が決めます!」

これです。


これこそが自立であり、宇宙の法則的意思の使い方です。

拘りや依存は、意識がそこに向いていて、自分でその拘っている世界を創り出していることに、気づいていない状態です。

ですから抜け出せないのです。

抜け出したいのなら、拘りや依存心を捨てることです。

まずはそこから始めないと、カルマからも抜け出せません。


スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR