この社会を作っているのはある一部の人々!

選挙とは国民をだまくらかすためのシステムであって、すでに結果は決まっています。

そしてそれに近い数値になるよう、マスメディアが誘導します。


世の中の大きな出来事も全て仕組まれていて、裏で手を引いている人がいます。

御巣鷹山の日航機墜落事故や9・11テロなどもそうです。

時々起きる猟奇的殺人事件も、もしかすると誘導かも知れません。

必ずそこには世論を誘導する何かがあります。


神戸のバラバラ事件、池田小学校事件、秋葉原事件などなど、何とも不思議な事件が多いことも、そこに何か意図があると考えるべきでしょう。

今回の相模原の事件も民衆誘導に関する意図が、見え隠れします。

そのキーワードは、「大麻」「障害者施設」「ヒットラー」「ファシズム」「抗議」『優生思想」などなど、大衆誘導にはもってこいの事件であること!

このような事件があるたびに、法の改正が行われるとすれば、それはすでに法改正を前提とした、仕組まれた事件ということになります。



今まで色んな事件が起きるたびに、世論で問題を起こし、庶民を監視するシステムを構築してきたではありませんか!

田舎ではそう多くの監視カメラはありませんが、一歩デパートや商店街に入ると、あちらこちらに監視カメラがあります。

それだけではありません。

道路にはNシステムという監視用カメラが至る所に設置してあります。

もちろんETCカードも監視の対象でしょう。


問題が起きないと出来ないことも、問題を起こせばすんなり出来てしまうという、とても簡単な誘導です。

こうして社会がある特定の人々の意図によって作られていくのです。

そしてそのシステムの中で泳がされている金魚が、私たちということになります。


気がつけば水槽の中から出られなくなっているという事です。

そこから出ることは「死」を意味するからです。

勿論これも洗脳ですが、その洗脳にすら気づいていないのが私たちです。


早く気づいてこのシステムから抜け出すことです。

本当は国家なんか無くても普通に生きられるのですから・・・

国家とは単なる線引きであって、支配層のツールでしかありません。

そして政治という民意を反映しない民主主義?によって国民を奴隷化しているのです。

大きな事件事故は、仕組まれていると思っても過言ではないということです。


スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR