肥料・農薬が無くても野菜は育つ!

今行われている慣行農業は、肥料と農薬がなければ、野菜を作ることが出来ません。

それは連作障害、病気、害虫によって、駄目になるからです。

そう成らないために薬漬けにして育てるのですが、これって人間と同じですよね!


細菌感染がヤバいからって、殺菌剤の入った石けんや、消毒、そして風邪を引くとすぐに抗生物質を盛ります。

これは邪魔者は全てを悪と捉えた考え方です。

邪魔者も居れば、良い者も居ます。

細菌の世界では特にそうですが、全てがバランスで成り立っていて、どちらかが強いとどちらかが減ります。



雑草についても同じで、その土地に必要な雑草が生えるわけで、役割がなくなると別の雑草が生えるようになります。

そして野菜に付く虫たちも同じで、悪い虫が居れば必ず良い虫も出て来ます。

捕食というバランスが取れていれば、案外大丈夫なんです。


まず肥料をやり過ぎると栄養過多になって、病気に弱い、人間で言うところの成人病予備軍になるわけです。

そうすると色んな病気を発症します。

身体も弱ります。

そう成ると虫さんも抵抗力の無いものから食べ始めるというわけです。

そこで登場するのが、殺菌剤という抗生物質です。

植物には農薬という形で散布します。



少しくらいひもじい思いをさせて、心身共に丈夫に育てた方が、抵抗力があって虫などにはやられないのです。

ですから肥料過多よりは、少し足りないくらいの方が、野菜たちは自分で身を守ろうとします。

しっかりと根を張り、虫にも負けないように丈夫に育つのです。

多少生育は遅いかも知れませんが、少しくらい水をあげなくても萎れることはありません。

そして自然界の荒波と共生しながら育った野菜は、とても美味しく、野菜本来の味がします。



結局今の慣行農業は、収穫を優先にしたための弊害なんです。

品質・規格・量・納期など、植物のために作っているわけではなく、人間の都合に合わせて、全く自然を無視した作り方をしているのです。

どうして冬にトマトが並ぶのか?

どうして同じ野菜を大量に作るのかです。

専業農家と言われる農家さんがそうですが、1年中同じ野菜ばかり作っています。

ある意味プロフェッショナルかも知れませんが・・・(笑)

自然界を全く無視した作り方で、本当の野菜などは作れないと思います。

今スーパーに並んでいる野菜は、野菜の形をした野菜もどきです。

薬漬けにし、一代交配種によって作り出された野菜もどきです。



このまま行くと、農業の未来は無いと思います。

どこかで修正しないと、食べるものが無くなります。

先日北海道のジャガイモと玉ねぎが災害によって流されてしまいましたが、北海道と言えばジャガイモです。

どのような農法で作られているかも、ある程度察しが付きます。

ジャガイモも連作障害のある品種ですから、それなりのことをしないと、毎年大量に作ることは難しいでしょう。



そろそろみんなで農業について考えていかないと、このままでは未来は大変なことになると思います。

一代交配種(F1)もそうですが、肥料や農薬についても、考え直す必要があります。

牛糞・鶏糞・馬糞肥料もそうですが、それらが食べているものや使われる薬品のことを考えていないです。

牛糞の処分に困った酪農家が肥料として再利用しています。

多分ほとんどタダか、処分料を払って、業者が引き取り発酵させてから肥料にしているのでしょうが、入っている薬物はそのままです。


化学肥料や農薬もそうです。

ほとんどが海外からの輸入です。

もし輸入が止まったら、農家は何も作れなくなります。



昔の様に、藁や雑草などの有機物と、微生物で育つ畑にしておかないと、この先野菜が作れなくなる可能性だってあります。

一昔前は、化学肥料も農薬もありませんでした。

自分の畑にあるモノだけで、野菜を育てていたのです。

そしてそれで育っていたはずです。

田舎では、ほとんどの家が畑を持ち、自分ちの食べる分は賄っていたはずです。

もう一度そう言う時代に戻らないと、大変な時代になると思うからです。

今からでも遅くはありません。

もし家庭菜園とかあるのでしたら、薬に頼らず微生物で育ててみてください。

そうすれは本物の、本当に美味しい野菜を作ることが出来ると思います。








スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR