生きることの意味

生きることの意味

私達は何のためにこの3次元世界に生きているのでしょうか?

体験するため!

修行をするため!

魂を向上させるため!

色々あると思いますが、私は魂を向上させるためだと思うのです。
その中に体験や修行と呼ばれるものがあって、その出来事をどう捉えどう対処していくかが大切なのだと思います。

宇宙の人生を考えれば、地球での人生は瞬きほどかと思います。

この瞬きの瞬間に、何を悟り何を理解するかです。
ある人は何一つ成長せずに一生を終え、また一から人生をやり直します。

またある人は、苦しみの中に一条の光を見出し、愛に生きます。

またある人は、死ぬ間際に、人々への感謝と愛に気づくかもしれません。

魂は、たとえ霊になろうとも成長し続けることが人生の課題なのです。
神により近づく事!
すべての魂の出発点でもありゴールでもあるのです。

人は成長すると、自我を捨てる方向へと向かいます。
「我ありき」ではなく
「宇宙ありき」
「人は神成り」
「神は人成り」
すべては神の分霊であり、一部である事に気づきます。

「ワンネス」とも言いますが、個性を持ちながらも個性ではなくなるのです。

例えば過去世の自分と、今世の自分は個性としては違っても、全体としてみれば魂の一部なのです。
過去と現在は時間的には遠く離れていても、多次元に於いては同じ時間に存在する魂の一部分なのです。

少し難しくなりましたが、大きな意識体としての魂の一部という事に成ります。

人は心の中に3次元だけでなく、5次元、6次元、・・・8次元、9次元・・・と宇宙のすべてを持っています。

しかしながら、その扉を開けることは、その時の進化の度合いによって決まるのです。

すべてを持っているからこそ神の一部であるのです。
大きな意識体は、神と繋がり、宇宙と繋がり、太陽系と繋がり、地球と繋がっています。

一個人であると思っている私達の魂は、地球でもあり宇宙でのあり神でもあるのです。

このような多次元的魂を3次元の地球人として理解することは難しいかもしれませんが、孤独ではないことは判ると思います。

私達が地球に生きて体験する事すべてが、魂の向上であり、成長なのです。
良いことも悪いことも含めて、それらの体験は、肥料となり、水と成り、光となって、私達を成長させてくれます。

今体験している事すべては、成長のためにデザインされた神からのプレゼントなのです。
そのプレゼントを生かすも殺すも自分次第という事に成ります。

苦しみを苦しいと思うか、試練と思うか。

それとも苦しいと思わず、課題と思うか。

課題と思い成長の糧とするか。

苦しみでも課題でもなく、体験自体を楽しむのか。

ただ3次元の体験を、素直に喜ぶのか。

この物質世界を、意識体では体験できないこの素晴らしい体験を、心から楽しむのか。

あなたはどのような心で、この3次元を体験しますか?

生きることは苦しみでも修行でもないのです。
あなたが体験したいと申し出て、神がそれを許してくださり、初めてこの3次元を体験することが出来るのです。

この稀な体験を喜ぶべきです。
すべてを許されたこの3次元世界を体験する事で、大きな魂の成長が得られるのです。

私達はそれを知って、今回の地球への転生を、立候補し選ばれた存在なのです。

すべてを許された世界で、何を体験し、何を思い、何を悟るかは、自由なのです。

この自由の中にこそ神の愛があり、私達はこの愛に守られて生きているのです。

宇宙人生の中のほんの僅かな地球での人生を、有意義に使いたいものです。

小さな悩みに縛られる事なく生きていきたいものです。

私達はもっともっと大きな存在なのです。

その大きな存在の中のほんの一部の、一、時間に拘るのではなく、大きな視野で人生を見つめる事です。

すべては魂の成長のためにあります。
スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
02 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR