何故支配されてしまったのか?

何故支配されてしまったのか?

私たちは神に似せて造られました。

では神とは一体誰なのでしょう?

神話に出てくる神たちに似せて造られたということです。

地球に降り立った神々とは、爬虫類系の宇宙人たちですが、この爬虫類系宇宙人が全て悪いわけではありません。

プレアデスも爬虫類系です。

良い宇宙人と悪い宇宙人がいると言われるように、宇宙人たちも進化の途上なのです。


このような創造の力を持った宇宙人たちが地球に降り立ち、陸を造り、山を造り、川を造り、緑を造ったとしたらどうでしょう。

この中には自然霊たちも含まれます。

日本に馴染の深い龍神たちです。


神話に出てくる国生みの世界が広がるのではないでしょうか。

龍たちは様々な国にも神話として出てきます。

ドラゴンだったり、ドラコニアンだったり、レプティリアンだったりするのは、そういうことなのです。


しかしどこの世界にも独り占めしたい人達はいるものです。

元々は愛による創造でしたが、いつの間にやら自我による創造へと変化し、支配へと変わっていったとしたら、今の世の中がどうして出来たのかも想像できるのではないでしょうか?


爬虫類の遺伝子を組み合わせて、私たちという魂の乗り物が造られ、その乗り物を使って未熟な生命体たちが進化の学びをしていると考えてみて下さい。

この生命たちは、あらゆる星からやってきます。

オリオンや琴座のベガ、シリウス・アンドロメダ・他にも沢山の星からやってきています。


スターウォーズの舞台がオリオン対戦だとすれば、多くの星系宇宙人たちは、その当時のカルマを背負って地球にやってきています。

そしてカルマの清算を行なっているのです。


この大きな学びの核となるものは、「恐怖」と「支配」です。

宇宙時代からこの恐怖と支配によって分離されてきたのです。


しかし考えてみて下さい。

この体験をしている私たちは、このような体験を通じて学ぶことが目的なのです。


宇宙の創造主は、恐怖や支配も許しています。

何故許しているのでしょう?

それは大いなる一つの中の一部だからです。

宇宙には創造もあれば破壊もあります。

それらは一対となっているのです。


私たちはこの地球で何を学んでいるのかといえば、この「一対」であることを学んでいるのです。

おもいっきり両極端を体験することで、宇宙創造主の思いがわかるのです。

創造主には、全てを超越した智慧があります。



今回の地球でのカリキュラムは、もうそろそろ終わりを告げることになるでしょう。

私達は、二元性という宇宙の両極端を、この肉体を持って体験してきたのです。

分離され、記憶を消され、隔離されてしまったのです。


しかしそれももうすぐ終わりです。

新しい時代は、この二元性からの脱却を意味します。

そのためにも今までの地球的価値観から宇宙的価値観に切り替えることです。

そして支配という構造から脱出することです。


私たちは創造主の一部であることを思い出し、自分自身が創造しながら生きることを思い出さなくてはいけません。


宇宙の歴史は、今まで闇の人々によって隠されてきました。

しかしこのような歴史を知ることで、今まで辻褄が合わなかった多くの出来事が、理解できるようになります。


早く目を覚ますことです。

スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR