幻!

幻!

私たちは情報社会に住んでいます。

テレビやラジオ、インターネットなどで、様々な情報が手に入ります。

しかしこれらはあくまでも情報であって、自分の身の周りで起きていることではありません。

自分の周りを見渡せば、半径10キロ圏内で事足りているのではないでしょうか!

勿論会社が自宅から離れていれば、それなりの距離には成ると思いますが、それでも会社の周りと自宅の周りが生活圏内です。

もちろん日本中を駆け巡る人もいれば、世界を駆け巡る人もいますが、それでも自分が移動したところしかわからないはずです。


同じ地域に住んでいても、捉え方や考え方が違うと、全く別の世界に住んでいることになります。

なぜなら類は友を呼び同じような人が集まるからです。

仕事が大工さんなら建設業界の人とのつながりが出来るのと同じです。

また趣味によっても集まる人々が変わってきます。

音楽家の人の周りに格闘家の人が集まらない様に、その人の置かれている環境は、自分が意識した世界だということです。

勿論例外もあります。

音楽家で格闘技が趣味の人もいるからです。

そういう人は両方の友だちができると思いますが、建設業界や政治家のお友達はいないと思います。


結局自分の周りに集まる人は、自分が意識を向けている世界の人々ということになります。

自分が意識を向けていない人々は集まって来ません。

地域社会についても、自分と気の合う人とは喋りますが、そうでない苦手な人とは出来る限り喋らないようにするはずです。


結局すべて自分が選んでいるわけで、自分の身近ですらいろいろな出来事が起きているものの、真に自分が関わっていることはほんのわずかしかありません。

残りの世界は、自分とは関係のないただ見えているだけの世界です。

ですから幻の世界といいます。

自分が意識を向けていた世界ですら、興味が無くなると自分の前から消えていきます。

これが私達が住んでいる世界なのです。


恐怖や不安や悲しみにばかり意識を向けていると、そういう世界に住むことに成るのは当然のことです。

嬉しい楽しい思いで生きていれば、そういう世界が展開されます。

全ては幻であって、自分が何に意識を向けるかで様々な世界が展開されていくのです。



私たちは身の周りで起きてもいないことに、余りにも意識を取られすぎていて、目の前のことすら理解していないのが現状です。

テレビやインターネットで流れている情報は、単なる情報であって自分に関わりのない情報まで、如何にも自分に振りかかっている問題として捉えるのはナンセンスです。


「灯台下暗し」と言うではありませんか!


自分が今この瞬間に身を置いているこの場所こそ、あなたの世界なのです。

周りに見えている世界は、在ると思い込んでいる幻です。

多分総理大臣が変わったところで、直ぐに影響が出ることはないでしょう。

誰が政治家になろうと、今の環境が一瞬にして変わることもないでしょう。

外の世界は私達の体験をサポートするために、いかにも在るかのように作られたヴァーチャルな世界なのです。

自分が何に焦点を合わせるかで、様々な世界を体験できるのです。

私たちはヴァーチャルな世界で生きるアバターです。

心が生み出した肉体を使って、この地球で様々な体験をしているアバター(神の化身)です。
スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR