苦しみがあると言うことは拘りもあると言うこと!

何かに苦しみ悩んでいるとすれば、それはまだ宇宙の法則の理解に至っていないのかも知れません。

宇宙の法則を理解するためには、拘りを捨て、執着を捨て、ありのままに物事を捉え、素直な心になるよう努力が必要です。

苦しみや悩みは、対象物という考えや比較(ジャッジ)の上に成り立ちます。

上とか下とか言っているようでは、苦しみは消えないでしょう。



この世の中起きるべくして起きていることしか起きないのです。

だからこそありのままに捉えれば、ただ在るだけと言うことになります。

苦しみは起きていることに囚われている証拠です。

その囚われこそが、心の癖でありカルマです。


嫌なモノが悪いのではなく、嫌と思う心こそが現実を作っていると思うことです。

外の世界は自分の心の投影に過ぎません。

拘れば拘るほど、自分の心は苦しくなるばかりです。

何をそんなに拘るのか?

みんな自分の拘りで生きている中で、自分の心を見ることなく、外の世界に翻弄されているだけなのです。


見るもの全てが結果であり、自分の心の投影であるならば、今起きていることは単なる結果で既に終わっていることです。

その終わったものに心を奪われ、毎回同じ思いをぶつけているから、カルマとしての投影はいつまでも続くのです。

気付けば良いだけです。

自分が囚われていることに気付くだけです。

気付いたら手放せば良いのです。



どうして終わった結果にいつまでも囚われ引きずるのでしょう。

終わったことはもう直せないのです。

修正できるのは未来だけです。

未来は今が作り出します。

今を変えれば未来も変ります。


拘ることを止めれば、その時点から新しい未来が創造されます。


スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR