当たり前だと思っていることは当たり前ではない!

電気が使えて、ガスで料理が作れてお風呂も沸かせる。

蛇口をひねると水が出ます。

毎日同じ時間に出勤して、月に21日くらい働くとそれなりに給料が貰えます。

自営の方も今までの流れの中で、それなりの収入を得ています。


毎日繰り返されるこの当たり前のことですが、世界から見れば全く当たり前ではない事なんです。

一番そう思うのは、水道でしょうか!

蛇口の水をそのまま飲めるのは、日本くらいかも知れませんね。

他の国のことを知らないのですが、多分少ないでしょう。

電気だって停電せずに使えるのも日本くらいかも知れませんね。

先進国はあまり停電しないでしょうが・・・!


毎日仕事があることも当たり前になっていますが、昨今は何が起きてもおかしくない時代ですから、東芝のように倒産するかも知れませんよね!

東北の地震のように、災害で仕事がなくなるかも知れませんよね。


いつも思うのですが、もしインフラが突然止まったら、みんなどうするのでしょう?

この当たり前に慣れていると、止まったら何も出来なくなりますよね。

一番大事な水がもし無かったら!

そう考えると、ちょっと怖いですよね。


逆に言えば、私たちはこれらの公共的インフラに命を任せていることになります。

電気・ガス・水道どれか一つでも止まれば、大パニックです。

この前の地震で計画停電とかで大騒動になりました。


地震などでは、水は1週間、2週間使えない状態になるかも知れません。

ガスもしばらくは無理でしょう。



こうして考えると、この当たり前はとても怖いことだと思います。

感覚が今の当たり前に慣れきっていると、何か起きたときに対処できないでしょう。


そこで最近気になっているのが、キャンプ用品ですが、寝袋やカセットコンロ、ソロストーブ、テント、給水タンクなどなど!

最低でも、寝袋とカセットコンロ、ソロストーブ(薪で自炊できる)、給水タンクくらいは用意しておきたいですよね!

いざというときに何とかなります。

仕事がなくなって極貧生活をする場合も、この様な道具があるとしばらくはしのげます。









最近若者の間で流行っている小屋暮らしも、テントの代わりに小屋を作って、後はキャンプと同じような生活です。

出来る限りインフラを自作する人が多いです。

水道の代わりに井戸を掘る方もいます。


電気は太陽光パネルで、水は井戸で、炊事は薪ですれば、公共的なインフラに頼らなくて済みます。

これに田んぼと畑と釣り道具くらいあれば、普通の生活は困らなく出来ると思います。



戦前など田舎の暮らしは、これに近いものでした。

野菜は川で洗って、炊事も川や井戸の水でやってました。

電気も白熱電球一つで生活していた時代です。

勿論炊事は竈で薪をくべて、お風呂も薪でした。


私はこんな暮らしを懐かしく思います。

みんなどうしてそんなにあくせく働くのでしょう。

生きるためには、少しの食料とそれを支える小さな家とエネルギーがあれば十分だと思います。

沢山稼いで、沢山税金払って、沢山物を買って、沢山物を捨てて、そしていつも足りない足りないと言って生活しているのです。

馬鹿というか、アホというか、もう少し考えたらあまりにも無駄な生活をしていることに気付くと思うのです。


医療についても大半の病気は放っておいても治ります。

下手に薬を貰うと長引いたりします。

検査を受けると病気にさせられます。

癌が見つかったらお陀仏です。

見つからない方が長生きできます。

病気にさせられた挙げ句、殺されてしまっては元も子もありません。


医療費だって10万超えたら返ってきます。

事前に申請すれば、10万以内に収まります。

それなのに高い保険に入るんですか?

医療制度は正しく使いましょう。



みんなが当たり前と思っている今の生活って、本当は異常なんです。

全然当たり前じゃない事を、当たり前だと思っていることが異常なんです。

昔の人は川で野菜を洗ったり、炊事をしたり、洗濯をしたりしてましたから、自然を大事に使っていました。

井戸も何軒かで掘って共同で使ったりしていました。

山の雑木もみんな燃料として使って、無駄な物はなかったと思います。

ゴミもそんなに多くはありませんでした。

魚は新聞紙に包んで売ってくれましたし、お豆腐は鍋を持って出掛けました。

野菜のクズは全て畑の肥やしです。

私たちが出す糞尿も畑の肥料でした。

ちょっとした紙類は、お風呂で燃やして使いました。

ビニールやプラスチックゴミもほとんどありませんでした。

今のようなゴミ回収すらなかった時代です。

それでもみんなちゃんと生きていけました。

原始時代に還る必要はありませんが、今の文明を維持しながらも、無駄遣いを止めて生きることを真剣に考えたら、そう多くの労働もお金も必要無いように思います。


もっと自分の時間を大切にしながら、楽しく愉快に生きていけるような気がします。

仕事がない=死

ではありません。

これも洗脳です。

最低限のお金はアルバイトで稼いで、後は出来るだけ自給すれば良いと思います。

これでも十分楽しく生活は出来ると思いますよ!






スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR