社会に馴染めない症候群!

私もそうですが、今の社会には馴染めません。

それどころか周りの人たちがやっていることが、滑稽に見えています。

何が滑稽なのかというと、「そこまで従順にならなくても良いのに」 と思います。

周りを気にして、自分の思い出生きていないことが、あまりにも滑稽過ぎます。

そして常識に囚われ過ぎていて、真実が見えていないとも思います。

究極は、無駄が多過ぎると思います。

無駄とは、やらなくても良いことを一生懸命やっているという意味です。


そもそも群れるのが嫌いな私にとって、社会というものは、他人に気を遣いながら、嫌われないように常識人でいて、価値観を共有しないと生きていけない世界でとても苦痛です。


人それぞれ価値観の違いがあって、進化の違いもあるのですから、縛る必要など無いのに、どうしてか色々と縛りたがるのです。

もっと自由で良いと思います。

後はお金(経済)という呪縛です。

これがどうにななると、みんなもっと自由になれると思うのですが、今の社会では世捨て人的生活をしないと、それは難しいと思います。

でも税金や光熱費がなかったら、そんなに多くのお金は必要ありません。

400万円前後の年収の人で、年金・社会保険・所得税・市県民税だけで5~7万円/月払っていて、それに+光熱費が2~3万円は掛かっていると思います。

平均8万円くらいのお金が、息をしているだけで必要なんです。

これに家賃や教育費、食費、その他諸々です。

家賃と教育費は多いと思います。

一番少ないのは食費だったりして・・・(笑)


人間の原点として、寝る場所と食べるものがあれば、生きていけなくはないので、そう考えると無駄なものが多過ぎると思います。

清流の傍で水の確保が出来、太陽光で1kwくらい使えて、夜間の照明もバッテリーでカバーして、畑や田んぼも少しやって、最小限の収入で楽しく暮らすことだって出来ると思います。

戦前の日本の暮らしって、そうだったと思います。

白熱電球一つで、生活はほぼ自給自足でした。

トイレやゴミなども、循環型社会でしたから、自分たちで処理していました。

今のようにビニールやプラスチックも少なかったので、十分生活できたと思います。


社会に馴染めないのなら、逆手を取って馴染まない生活も良いのではと思います。

今私が目論んでいるのは、オフ・グリッドです。

出来る限り今のシステムから離れて生きることです。


ライフラインも出来る限り断って、自給自足して、どうしても足りない分だけお世話になる程度に済ませたいですね。

食料もスーパーで買わなくても自給自足で出来るだけ賄いたいです。

何とか無農薬野菜の販売収入だけで生きて行ければと思っています。

馴染めないのなら馴染まないで良いと思います。

そう言う生き方も 「有り」 だと思うからです。


宇宙真理を学べば学ぶほど、社会のしがらみがうっとうしくなります。

勿論私の性格もありますが、今までこの性格でどれほど嫌な思いをしたか、馴染めないものは馴染めないのです。

真理は私を自由にしてくれました。

一番自由になったのは心です。

心が社会の呪縛から解き放たれた気がします。

本当に必要なことは、執着や拘りを捨て、真実に気付くことだと思うからです。

今までは 「右に習え」 をしていたので、苦しかったことに気付いたのです。

「別にみんなと同じじゃなくて良いんだ」

「みんなと同じじゃないことが、本当は普通なんだ」

そう気付いたのです。

だからもう真似をするのは止めました。

そして自分を着飾ることも止めました。

自分は自分で良いじゃないですか。

自分なんですから、それ以上もそれ以下もないのです。

それが自分なんです。


そう思うと心は解放されます。

今まで煩わしかったことも、どうでも良くなります。

他人に干渉しなくなりました。

そして自由になりました。

他人は他人、自分は自分で良いと思います。

真理はそう言ってます。


「他人を責める前に、自分を改めよ」と!

これは他人の所行を許すと言うより、自分がそれに干渉しないという意味だと思います。

他人の行いに、いちいち自分か意識を合わさないという意味です。

意識を合わさなければ、自分の中に入ってくることはなくなります。

これも真理です。

合わすから入るのです。

自ら嫌なことを引き寄せている状態です。

これを止めるだけで、随分楽になります。



このブログを読んでいる方も、社会に馴染めない症候群の方が沢山居ると思います。

それは馴染めない方が悪いのではなく、馴染まそうとする社会がおかしいのだと思います。

この習慣を止めないと、ずーっと苦しい生活をしないと駄目だと思います。

本当に心から幸せを得たいと思うなら、全てを赦し、全てを受け入れ、自分に素直になることでしょう。

但しここで言う受け入れるというのは、社会のシステムのことではなく、起きること全てです。

今起きていることは、過去の結果です。

これは蒔いている以上、刈り取らなければいけません。

しかしこれから蒔く種は、囚われない種を蒔けば良いと思います。

そうすると社会に囚われない生活が、未来に現れてきます。



言葉で言うのは簡単ですが、行動はとても難しいです。

しかし勇気を持って第一歩を踏み出すことが出来たら、今までの生活は一変し、心穏やかに第二の人生を歩めるかも知れません。

きっかけは何でもかまいませんが、やはり捨てる勇気が必要だと思います。

この勇気があれば、みんな自由に生きられると思います。

捨てる大きなきっかけとして、東日本大震災がありました。

あの後、多くの人がライフラインについて考えました。

そして住む場所、住む家です。


福一の事故がなかったら、それほどではなかったかも知れませんが、電気について多くの人が気付いたはずです。

便利なはずの電気が止まるとどうなるか?

身に染みて感じたことと思います。

エアコンさえなければ、500Wの契約でも、十分生活は出来ますよ!

後はマンションでエレベーターが動かないということです。

これは高層マンションでは致命的です。

でももう多くの方は、あのときの震災を忘れようとしています。

何もなかったかのように生きています。



折角の大きなきっかけが、無駄にならないよう、今一度考えてみては如何でしょう。

まだ何も終わっていませんよ!

これからです。






スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR