瞑想法!







何冊かの本を紹介します。

この中で自分に合いそうな本を選ぶのも良いかもしれません。


瞑想とは何でしょう?

色んな書物が出ていますが、瞑想に関しては 「内観」 だとか 「呼吸法」 だとか 「ワンネス」 だとか 「悟り」 だとか色々出てきます。

瞑想に関するワークショップも沢山あります。

しかし自分に合っているかどうかは、選択が難しいと思います。


瞑想するに当たっての目的も違いますから、何を得たいのかが問題です。

例えば霊的能力が欲しいとかです。

この場合はチャクラ開発が一番手っ取り早いでしょう。


幸せになりたいとか悟りを得たいのであれば、静寂を体験するのが良いかもしれません。

真の幸せ、永遠の幸せ、と言っても個人個人どの程度を幸せと言うのかで変ってくると思います。

悟りにも多くの段階がありますから、どこで満足するかによっても違うからです。


ワンネス的体験というのもありますから、愛とか至福の時という言い方をすると思いますが、それを体験したいのかどうかです。

みんなそれぞれですが、例えば仏陀の瞑想では、「今在る」 と言うのが基本のようです。

今在る状態とは、無の状態!

思考が止まっている状態!

宇宙との一体感!

愛の状態!

本質の自分自身に気付いている状態!

色んな捉え方があると思います。


瞑想は何のためにするのでしょう?

私は心を落ち着かせ、静寂を取り戻すためにするのが良いと思います。

何も考えない時間を作ることで、心身のバランスが正常化します。

言葉で言うのは簡単ですが、ほとんどの人は何も考えない状態をキープするのは難しいと思います。

何も考えない状態で、1分、5分、10分、20分と時間を保てるようになると、本来の自分に気付くかも知れませんね。

「雑念は消すのではなく流していく」

とりとめも無く湧いてくる雑念に、意識を囚われないことです。

雑念は流れていく外の景色です。

そうやって思考を停める練習をします。

何ヶ月かかるか分かりませんが、いつの間にか思考が自然と止まるようになるときが来るでしょう。


何故思考を停めるのかと言うと、周りに惑わされないためにです。

こんな言葉があります。

「思考は私ではなくエゴである」

この意味が分かれば、何となく分かるのではないでしょうか?


基本は 「無」 なんです。

無であることを 「今在る」 と言います。

今に意識が在り、今を生きていると、思考ではなく今そのものを生きるようになります。

思考とは、過去や未来であり、基準が存在します。

全ての思考は判断します。

判断しているのはエゴであって、自分ではありません。


ちょっと難しいですが、1日5分でも良いので、何も考えない時間を作ってみては如何でしょう。

今起きている苦の原因も、自ずと分かってくるのではないでしょうか?


スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR