罪と罰と罪悪感!

良く「罪深き人間」などと言います。

キリスト教では、懺悔すると罪が消えるとか、イエスは罪を取り消すなどと言います。

罪とか罰って何でしょう?


勿論悪いことをすれば罪に問われますが、それは法律違反と言うことです。

そして罰を受けることになります。

これは秩序を守るための規則なので、それはそれでいいとは思いますが、スピリチュアルで言うところの罪と罰は、罪悪感から生じるものがほとんどです。

法律上は何ら問題が無くとも、自分自身が罪の意識に苛まれることは良くあります。

何らかの事情で子供を手放したとか、世話になった人を裏切ってしまったとかです。

親子関係でも、勘当されてしまったとか、勘当したとかです。


人間生きている以上は、色んなところで罪を作ります。

人間は完璧じゃ無いので、罪を作って当然なのですが、それが単なる無知から生じることが多いので、それに対する罪悪感も持つようになります。

そんなに罪悪感を持たなくても良いようなことでも、常識から外れると罪悪感が生じます。

そしてその罪悪感は、自分を罰する方向に働き、「私は幸せになってはいけないんだ」 などと思ってしまいます。


他人と違うことで罪悪感が生まれます。

例えば法事をしないとかです。

多分親戚から袋だたきにされるのでは無いでしょうか!

他にもみんながやっているのに、自分だけやらないと、変人扱いされたり差別されたりします。

それによって罪悪感が生じることもあるでしょう。

他にも自分に出来ないことで、誰かの世話になってばかりいると、申し訳なさが罪悪感を生み出します。



ほとんどの場合洗脳病から来る罪悪感で、真理を理解していれば罪悪感など持たなくて良いことが沢山あります。

法事をしないことは悪いこと=宗教的洗脳病です。

他にも人間関係のしがらみの中で起きる罪悪感も、お互いの自由意志を認めていれば、罪も罰もない事が分かるはずです。



逆に言い換えると、支配者はこの罪悪感を上手く利用して、私たちを洗脳し従わせていると言うことです。

変な罪意識は、奴隷意識でもあります。

奴隷はいつもご主人様の顔色を伺って、罪悪感の中で生きているものです。

いつも自分を責めて、私さえ我慢すれば丸く収まるなどと考えていると、支配者たちの思う壺です。


もう少し真理を学んで知恵を付けましょう。

この知恵は宇宙の知恵で有り叡智です。

宇宙の叡智を味方に付ければ、この地球の茶番劇も見抜けるのでは無いでしょうか。








スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR