考えない努力をする。

考えない努力と言っても、意味がよく分からないと思いますが、普通の人は物事を色々と考えて行動に移します。

そうでは無く、思った瞬間行動すると、間に考えるという行動が少なくなります。

考えるというのは、照らし合わせたり、過去のデータを参考にしたり、未来に起きることを予測したりすると言うことです。

何故人は考えるのでしょう。

これは今までも行動や体験から得た知恵だと思います。


知恵だったら使えば良いと思いがちですが、私たちが体験から得た知恵の大半は、恐怖や失敗などのネガティブな思考が作り出すものが多く、たいていの人は萎縮的に考えてしまいます。

そんなはずは無い!

出来るわけが無い!

以前も同じ結果だった!

などなど・・・・!



人間考えるというのは、どちらかというと防衛本能的に、恐怖を回避しているのかも知れませんね。

これが原因で、物事が上手く流れなくなっているとしたらどうでしょう。

思い込みや洗脳、価値観から来る囚われた心の状態が、現実を作り上げているとは言えないでしょうか。

勇気が出ない!

一歩が踏み出せない!

嫌なことでも自分を守るためには目を瞑っている!

間違っていても言えない!

我慢する!


この様な行動は、全て防衛的です。

恐怖感が根底にあり、そこから抜け出せないのです。

過去のデータや体験から来る思考はでは、一線を越えることは出来ないのです。

言い換えれば堂々巡りと言うことになります。

いつも同じ状態をキープすることで、防衛している状態です。


これではいつまで経っても、宇宙の法則を味方に付けることは出来ませんよね!

「思い立ったが吉日」 と言う言葉があるように、その瞬間が大事なのです。

そして心の声を直ぐに反映させるような行動をしていれば、自ずと法則に乗って物事が動き始めます。

誰か言ってましたが、「考えるな行動しろ!」 です。


その時々の思いを大切に生きていると、思考より行動が先に来るようになります。

思いに対して素直になれば良いだけです。

そして間髪入れずにまず行動なんです。

日常生活を思考で動くより、心で動くようにしてみてください。

瞬間瞬間を大事にしてください。

この様な行動パターンを身につけると、何もかもが順調に動き始めるようになります。


私は思いを大事に畑作業を行っています。

そうすると 「今日はこれとこれをしよう」 と頭に浮かんだ作業をするようにしています。

考えて行動しない方が、自然相手の作業なので、結果的に上手くいきます。

この種を蒔こうとか、この苗を植えようとかも、瞬間的に判断して作業します。

あまり深く考えないです。

明日は雨だから、今日中にこの作業をしようと思ったら、その作業を中心にします。

過去がどうのこうのでは、作業が進みません。

そして野菜の世話をするときも、感覚で行います。

事前にスケジュールを組んで、今日はトマトの畝の草取りなどと、一般の会社みたいに、先々の作業を決めてしまうと、多分上手くいかないと思います。

野菜の声を聞いて作業した方が、考えなくて済みます。

「思った瞬間が遣り時!」 なんです。

野菜の声は思いに反応しますからね!


こう言う生き方に慣れてくると、考えることが億劫になります。

過去は過去であって今は今です。

過去起きたから今回も起きるとは限りません。

恐怖ベースの思考より、今を大事に生きた方が良いと思います。

今この瞬間の思いを大切に、そして楽しく生きることです。

恐怖をベースに考えないことです。


この様な生き方が出来るようになると、宇宙の法則に乗って生きられるようになりますよ!







スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR