無肥料、無農薬野菜は良薬になる!

埼玉県の関野さんという方や野口種店の野口さんが言うには、無肥料無農薬野菜は、漢方薬のような野菜になるそうで、病気が治ったり、症状を和らげたり、体質改善が起きたりするそうです。




野菜の生命力を最大限引き出すことで、野菜本来のおいしさや栄養分が引き出されるそうです。

無肥料無農薬農法は自然農法とは違います。

ちゃんとそれなりに世話をして、畑も浅く耕し、温度管理や雑草の除草もして、野菜が育ちやすい環境を整えます。

でも慣行農業とは全く正反対です。

それは固定種を使うことで可能になり、連作もOKになります。


肥料を入れない。

農薬を使わない。

地温を上げる。

連作する。

水も自然任せ。(必要なときは手間を掛ける)

野菜の生命力を引き出すお世話をすることが、作業の目的のような農法です。


連作障害については、化学肥料と農薬を使わなければ、問題ないそうです。

後はF1種を使わないことでしょうか。

F1種も、種をとって良い物を継続して使用することで固定化されるそうです。

但しばらつきが出るらしいので、始めから固定種を使った方が良いかもしれません。


いずれにしても関野さんが言うには、慣行農業でやることと全く逆のことをすれば良いとのことです。

野菜は自然が育ててくれるので、肥料も農薬も要らないそうです。

自然の摂理に沿った野菜作りをすると、丈夫で美味しい野菜が穫れるそうです。

そして身体にも良いのですから、一石三丁くらいですね!

肥料代農薬代は要りませんし、畑の有機物を上手く利用すれば、上手く育ちます。

無肥料無農薬で育てると、虫たちも寄ってこなくなるし、病気にもかかりにくくなります。

虫にも病気にも強い野菜だからこそ、身体にも良いのかもしれません。


無肥料無農薬農法で作っておられるHPを見ていると、慢性病の方やアトピーの方が治ったりしています。

未病と言われる病気一歩手前の、体調の優れない方も、体調が良くなっているそうで、野菜自体が良薬になっているのでしょうね。


私も今後は、無肥料無農薬農法を目指したいと思います。

今はF1種もある程度使っていますが、出来れば固定種に切り替えて、連作して、その土地に合った野菜に育てていくと、良薬の野菜になると思います。

今もほぼ無肥料無農薬ですが、少し油かすと米ぬかは入れてますので、土壌がしっかりと育てば、多分肥料は要らなくなると思います。


まだまだこれからですが、頑張って良い野菜を作りたいですね。





スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR