時間という概念について

時間という概念について

今日は時間について書いて見ます。
昨日のタエヌさんのブログにも書いておりましたが、今、時間を速く感じる人と、全く今迄通りの人がいます。

そもそも時間という物は相対的な物で、すべての人が過ごす1時間にも、色々なパターンがあります。

好きな事をしている時!
嫌な仕事をしている時!
これだけのことで、倍以上の時間の差を感じるかもしれません。

実際多次元に於いては、時間という概念はなく、過去・現在・未来がエネルギーとして存在しています。
簡単に言えばすべての時間が今に集約されているという事に成ります。

二元性という言葉の中には、この時間的要素も含まれます。
20年、30年前と全く同じ速度で、時間を体験している人たちもいれば、1日を12時間くらいに感じて生きている人もいるということです。

この時間の感覚は、霊的成長と密接に関わりを持っていて、目覚めの度合いによって感じ方が変わります。

安らぎの中で、毎日を楽しく過ごしている人たちにとって、時間という物は余り現実的ではないのです。
しかし、いつも時間に追われ、すべてを時間で区切り、自分の意思とは裏腹の人生を体験されている人々にとっては、とても現実的で、必要不可欠な道具なのです。

今、時間が加速している中で、この時間的変化にどれ程の方が気づいているでしょう?
インターネットが普及し、あらゆる物が時間の壁を越えて、人々の中に浸透していくように、これから益々すべての出来事が、僅かな時間の中に集約され、今まで10年かかった変化を、僅か1ヶ月で成し遂げているように思うでしょう。

これからもこの加速は続きます。
2012年に向かって時間という概念は、今という時間に集約されていきます。
時間が速く感じるのはそのためです。

今というこの瞬間がすべてであり、この瞬間こそが私達が存在している唯一の時間なのです。

時間を速く感じる人は、歳をとるのが遅くなります。
若く見られます。
温かく感じられます。

また逆に、今までと同じ時間の流れの中で生きている人々は、速く老けます。
年齢より年上に見られます。
何処となく冷たく感じるかもしれません。

皆さんの周りを見回してみて下さい。
日に日に若返っている方はいませんか?
すべてではありませんが、このような傾向にあるようです。

2012年までの3年間は、20年前の1年くらいしかないかもしれません。多分「あっ!」と言っている間に来てしまうと思います。

そういう中で自分の居場所を見つけ、より自分らしい生き方を見つけることに、全力で取り組んで下さい。
自分というアイデンティティーを大切に生きてください。

後3年、それは自分という個性に気づく事です。
今までの価値観を捨て、本来の自分として生きる道を見つけて下さい。

時間の加速と共に、あなたの思念が現実化していく速度が速まります。ですから今この瞬間に焦点を合わせ、創造という神の領域に手を伸ばす事です。

創造、それは一種のエネルギーです。
時間もエネルギーの集合体です。
スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR