エネルギーの使い方!・・・(3)

エネルギーの使い方!・・・(3)

エネルギーとは波動の事で、すべての物質はこの波動から出来ています。

物質を造っている原子は、原子核と電子から成り、原子核の周りを電子がいくつ回転しているかによってその性質を変化させます。

また原子核には陽子と中性子が有ります。
この陽子・中性子に於いても、それを造っている物が有り、化学的には量子と言ったり、クォークと言ったり、素粒子と言ったりしています。

この素粒子も波動であり、振動しています。

宇宙に存在するこの素粒子と呼ばれる振動するエネルギーは、あらゆるものに変化します。


ここで密度と言うものに触れてみましょう。
ここで言う所の密度とは、この素粒子の振動数の違いを言います。

より精妙で高い波動状態のものは、物質化することなくエネルギーとして存在します。
片や周波数が低くなるにつれ原子と言う構造をとりやがてその周りを電子が回転する事で、物質としての形で表現されます。

ここまでの話は、少々難しく書いている本人もあまり理解できません(笑)

で、私達が常に出している思念エネルギーは、電子を持たない状態で存在し、ある一定の密度で振動しています。今現在この地球は4次元の低い状態ですから、その密度と言う事になります。

これがもっと高い周波数密度で振動すると、物質化することは有りません。

思念エネルギーは、私達のチャクラを通じて宇宙と繋がっており、チャクラはそのエネルギー交換をする器官とも言えます。

私達が出した思念は、このチャクラから宇宙に放出され、同調するエネルギーを引き寄せ創造します。

神が創造主である所以はここに有ります。

すべての物が同じ周波数のものを引き寄せ同調し創造していくのです。

そう考えると、善も悪も創造主の一部である事が分かります。

ここまでお話して分かるように、私達は神と同じ事をしているのです。

ただ、密度が低いため大きなエネルギーを扱う事ができないだけだと言う事だけなのです。
三次元の物質世界では、思念が物質化するまでに時間の制約を受けます。
そして思念そのものが低いため、物理的影響を伴います。

今回のアセンションは、5次元まで引き上げられ、時間を越えて存在する事が可能となるため、エネルギーは瞬時に現実化するようになります。

今住んでいる物質社会に於いて、これから益々時間が加速され、私達の思念エネルギーも加速されます。
密度が高くなると言う事は、それだけエネルギーの扱いも難しくなると言う事です。

思念エネルギーを破壊的用途に使用することは、自滅を意味する事も理解できると思います。
高い波動から一気に低い波動へと転がり落ちる事になるのです。

私達の思念は、素粒子の状態で振動し、その振動がどのような性質のものかによって、引き寄せるエネルギーも制限され、その性質に見合ったものが創造されることになります。

一人ひとりのエネルギーは小さなものであっても、それを集合的に利用する事で大きなエネルギーが生まれ、社会を構築します。

今まで囚われの身であった私達は、奴隷社会をみんなで築き上げてきました。これが今の実社会です。

一人ひとりがこのエネルギーの使い方をマスターし、奴隷社会を造るような波動を出さなければ、この実社会は、自由な世界に生まれ変わります。

少し難しくなってしまいましたが、要するに一人ひとりが奴隷に成る事を辞めれば、この奴隷社会は消滅すると言う事です。

書いている本人も理解に苦しむ内容ですが、そう言う事なのです。
スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR