FC2ブログ

比較と否定

地球人が何時もやっていること!

それは比較と否定です。

宇宙(霊界)はワンネス世界なので、比較することも無く、否定もしない世界です。

しかしこの物質地球では、対象物があるが故に、比較や否定が生まれます。

対象物の世界では比較しなければ、認識できないと言うこともあり、絶えず比較されます。

しかしこの比較も、認識するという段階では良いのですが、選別が入るとそこに個人の思いが乗ります。

難しいですが、選別とは善し悪しを判断します。

優劣を判断します。

そしてその判断基準が、たいていの場合欲望から始まるので、争いが生まれます。

この様な感情を利用したのが、市場経済(資本主義社会)だと思います。

唯物主義とも言えるかも知れません。


比較だけならまだ良いのですが、駄目なものを否定する傾向があります。

それも自分の思いにそぐわないものは否定します。

これもエゴの類いです。



こうやって地球人は、絶えず比較と否定をして生きています。

様々なものが創造され、それらを比較(ジャッジ)し、否定(選別・差別)することで、自己満足する世界です。

否定が無いと生きていけないのでしょうか?

ジャッジと選別によって差別意識が生まれ、全てを優劣で判断し、自尊心を満たしています。

プライドとは誰かより優位に立ちたい心です。


比較と否定は、自尊心を守るために絶えず行われます。

そしていつの間にか否定の世界に住み続けることになります。

全てにおいて否定から入ります。

何時も自分の思いと比べて、善し悪しを判断します。

そして自分の思いにそぐわないものを排除します。


地位、ランク、偏差値、一流、二流、優良等という言葉を口にします。

人は全て平等で、魂として比較対照する物ではありません。

が、いつの間にやらランク付けされ、優劣で人を差別します。

人だけでは無く、モノも比較の対象です。



宇宙は、全てが愛であり平等です。

平等という言葉は、合っているかどうかですが、魂の重さは全て同じであると言う意味です。

お金持ちも貧乏人も生き方の違いであって、人を差別するものではないと言うことです。

健常者も障害者も、魂の重さは同じです。


人はどうして比較や否定(選別・差別)をしたがるのか?

今一度考えてみてください。

スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR