地球を支配しているシステム

地球を支配しているシステム

今地球は、奴隷システムによって機能しています。
学校教育・地域社会・企業など、すべてはお金を得るために必要なプロセスであり、社会制度と成っています。

学校教育は自己中心的で頭脳明晰な人が、偏差値と言う数字によってランク付けされ、勉強の出来ないものは落ちこぼれと称して、世の中のゴミ同然に扱われ、挙句の果てに、非行に走る者すら出て来る始末です。
非行に走る者は、世の中の鬱憤を晴らすため自己の存在を確立するために人目を引くような行動をします。
言うなれば学歴社会の犠牲者なのです。

地域社会はどうでしょう。
何かにつけ金銭的ランク、学歴によるランク、名声によるランク付けをします。○○大学の教授だとか、医者の息子、政治家、大手商社マン、公務員など、すべての価値観は目に見える地位や権力にしか反応しないのです。その他諸々の会社員やフリーターなどは貧乏人扱いされ、天地がひっくり返ろうとも奴隷でしかないのです。

企業も同じです。
学歴や事業成績でランク付けし、給料の差も当然の如く支配する側が高く、支配される側は低賃金でこき使われるのです。

私達は今迄、このような社会システムの中で生きてきたのです。頭の悪い者(勉強が出来ない者)、社会的に地位の低い者は、人間として扱わないような風潮が、未だ残っています。
ある程度改善はされてきたとはいえ、それは弱者への救済事業であって、それもギリギリの生活を余儀なくされている始末です。

「働かざるもの食うべからず」
よく言われる言葉ですが、これこそ奴隷社会を象徴している言葉なのです。
何を持って働くというのか?
病気の者、働くすべのない者は、何も食べずに死ねとでも言っているのでしょうか?

世の中には、毎日遊んで暮らしていても、お金が入ってくる者もいれば、寝る時間を惜しんで働いても、生活にいっぱいで、遊ぶ余裕などない貧乏な人々もいます。

今書いたようなことを、理不尽だと思える人は正常なのではないでしょうか。
また当然だと思っている人は、洗脳され狂っているのではないでしょうか。

これからこのシステムが崩壊していくのです。
2012年には、このシステムは機能していないでしょう。今年の年末から来年に掛けて、崩壊が始まります。そして2010年には、ほぼ機能しなくなると思われます。残りの2年は立て直しの時期です。

今迄当たり前と思っていた社会は、わずか2年のうちに崩壊します。人を人と思わないこの奴隷社会は、間もなく幕を閉じようとしているのです。ですから今持っている価値観をできるだけ早く捨てて下さい。今までは当たり前じゃないことが当たり前だったのです。
「働かざるもの食うべからず」の奴隷社会だったのです。

これからは愛を基準とした助け合い、分かち合いの世界が始まります。すべての人が愛をもって生きる世界です。これほど素晴らしい世界は、他にあったでしょうか?
人を思いやり助け合い、すべての人が平等で尊重され、世界が一つの家族になるのです。そこには国境も民族差別も地位や学歴による差別も存在しません。あるのは愛だけです。

私達はこの愛の世界を実現しなければいけないのです。これがアセンションすることなのです。
スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR