神社の役割

神社の役割

今日は神社の役割についてお話しします。

各地に点在する神社ですが、その役割は神への崇拝は勿論ですが、結界であったり、エネルギーの封じ込めであったり、エネルギーの導線であったりします。

私たちの身近にある神社のほとんどが、このような目的のために造られました。

そして今ですが、神社という拝殿は神と人間とが別々の存在であり、神はと尊き敬うものという考えから、神へ繋がる入口の役目をしてきました。

大抵の神社は、お社が主ではなく、その裏にそびえる山であったり、隣にそびえ立つ大きな杉の木であったり、社の下に埋められた石であったりしますが、私たちが崇拝しやすいように社という建物を建立したのではないかと思います。

本来のエネルギーは自然界であり、その象徴として神社という形で建てられたと思います。

これからアセンションに向け、この神社の役割も既に変化しつつあります。

今まで人間と神とは一線を引かれた場所に存在していました。しかしこれからは人間も神と同じ存在であるという意識が広まりつつある中で、拝殿としての神社の役割も終わろうとしています。

もう既に、今までパワースポットと呼ばれていた場所である神社より、周りの自然溢れる山々の方が波動が高くなっています。

これは元に返ると言うことです。
自然こそ本来のエネルギーの姿であり、拝殿としての神社は通過点あることが分かると思います。

これは他の宗教に於いても同じ事で、寺院や立派な教会なども本来必要ないもので、今まで私たちが「具象」というものに囚われすぎていたと言うことになります。

このように書いたからと言って粗末にしても良いと言うことではありませんが、私たちが神であり私たちが自然の一部であるという、本来の私たちの姿を理解すれば、自ずと答えは出てくるはずです。

これからのパワースポットは、人間であり自然であると言うことを理解した上で、観光として素晴らしい神社の気を感じ取って楽しめばよいと思います。

どこの神社が次元が高くて、何処の神社が次元が低いなどと言う考えは、3次元的考えです。

すべての自然、すべての人々、すべての神社が素晴らしいのです。

もう二元性の世界で住むのは止めにするべきです。

スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR