FC2ブログ

毎日30℃越え!

9月に入ったというのに、毎日33℃とかですよ!

昨日は35℃近くまで行きました。


秋野菜の種をまいたのですが、気温が高いと上手く芽が出るかどうかが心配になります。

大体15~25℃くらいが発芽適温なのですが、ちょっと高すぎ!

温度が高いと発芽率が違ってきます。

極端な場合は芽が出ません。


ちょっとしたことなのですが、畑をやっていると5℃違うと大きく変わってしまいます。

問題なのが白菜です。

種をまく時期が決まっているので、遅くても早くても成長不良や巻かなかったりして、上手く育ちません。

先週種をまいたのに、目が出ないのは、暑すぎたからでしょうか?

これでは無理なので、苗を買ってきて植えるしかありませんね!

種をまいて芽が出ないと時期が遅れるので、結局高い苗を買うしかありません。


9月の中頃からでしょうか、少し涼しくなるのは・・・!

毎年思いますが、野菜が獲れなければ、今までの努力が水の泡です。

農業って難しいですね!


自分が食べる分だけなら諦めもつくのですが、無農薬野菜を待っておられる方もいてるので、穫れないと申し訳なく思います。

毎年上手く育てばいいのですが、ホント難しいです。



時期がズレるとやり直しがきかないので、毎年毎年が勝負です。

ダメだったら諦めるしかありません。

上手く育っているのは、ジャガイモやサツマイモくらいでしょうか。

どんな野菜でも、調子の良い年と悪い年があるので、一概に言えませんが、何とかしなくては・・・!

来年からはもう少し土づくりを一生懸命やらないと、育成にむらが出来てしまいそうです。

少しだけ有機も取り入れて、植物由来の堆肥なども使うようにしようかと思っています。

穫れたり穫れなかったりじゃ、気力がなくなりそう。

大変な重労働が報われません。(泣)



そもそも野菜を作る喜びって、収穫出来ての話ですよね!

根本的に収穫が第一です。

野菜が獲れない農法は、改善しないといけませんね。

ただし絶対条件は、無農薬、無化学肥料です。

植物性の有機肥料は、少し取り入れようかと思います。

牛糞たい肥などは使いたくないので、基本植物たい肥でいきます。

地質が粘土と言うのも、野菜が作りづらい原因なので、バークたい肥などをうまく使って、もう少し土を柔らかくしないと無理な気がしてます。

粘土質だと雨が降るとカチカチになります。

根が張れなくなるので、多分上手く育たないのだと思います。

毎年耕さないと野菜が育たないです。

耕すのは土に空気を入れる作業です。

これをしないと固くて野菜が育たないです。

解消するには有機物を混ぜるしかありません。

いつも草を刈り取って混ぜているのですが、その程度じゃ無理みたいです。

何とかしないと・・・・!


まあこういう悩みも楽しいのですが、基本的に収穫あっての農業ですから、私なりの答えを見つけないと!

いろんな農法がありますが、真似をしても絶対上手く行きません。

何故なら地質が違うからです。

地質に見合ったやり方をしないと、上手く行きません。

そして地質に見合う作り方で作らないと、野菜は育ちませんね!

かれこれ5年くらいやってますが、最近そう思います。

今まではいろんな人のやり方を、真似てやってきましたが、上手く行きませんでした。

良い時も悪い時もありました。

まだまだこれからです。

自分の土地に合ったやり方で、自分の農法で作るしかないですね!
スポンサーサイト



プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR