足りるを知る

足りるを知る

今食糧危機、経済危機が叫ばれている中、これからの時代をどう過ごせばよいのかと不安に成られている方もあるかと思います。

そんな中で今から準備をしておくことは、足りるを知ることです。

人が生きていくための必要最低限の物の確認作業です。例えばテレビは見なくても死ぬことはありません。お酒を飲まなくても死ぬことはありません。でも水がなければ死んでしまいます。と、言う具合に自分の周りの贅沢な部分を、今から確認しておいて下さい。出来ることなら徐々に贅沢な部分を減らす努力も出来ればよいのですが、習慣に成っているものをなくすことは相当な努力が必要に成ります。

家(住むところ)・水道・電気・ガスは勿論のこと、冷蔵庫・洗濯機・炊飯器・衣類・寝具・そして食料です。これ以外も物は、もしなくなったとしても生きていくことは多分可能でしょう。
もっと厳密に言えば、電気とガスは代用することも可能です。と言うことは電化製品は不必要な物ということに成りますが、そこまで考えると洞窟暮らしに成ってしまいますから、程ほどに考えて下さい。

結局何が言いたいのかといいますと、今の暮らしを見直せば、少ない給料でもそこそこの暮らしが出来るということです。生きるためのお金はそう多くは必要ないことに気づくはずです。しかし、ここで厄介なのが税金です。貰えるかどうかも分からない年金をはじめ、生きるためにはありとあらゆるところで税金を納めています。消費税もそうですし、その他諸々の物品税、保険などなど、果たしとこの先本当に必要なのでしょうか?

あと少しの辛抱で、無税国家に変われるかもしれないので、そのあたりは臨機応変に対応していただくとして、税金を除くその他の無駄な部分を今一度考えてみて下さい。

もしもっと少ない金額で生活が出来るようになれば、その分を、自分の時間として有効に使うことができます。アクセク働かなくても良いかもしれません。
足りるを知るということは、ケチに成るということではありません。節約し無駄を省くことです。
お金も時間も大切です。ですから無駄なことをしない努力をしてみて下さい。

今一度何が必要で何が必要でないか考えてみて下さい。これから先、必ず直面する課題でもあります。今から身体を必要最低限の暮らしに慣らしておくということは、その分ショックも少なくて済むということです。
スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR