神様と呼んでいるもの!

神様と呼んでいるもの!

私たちが神様と呼んでいる人たちは、創造主ではありません。

言い換えると創造者となります。

もっと分かりやすく言うと、宇宙人と言うことになります。

宇宙人にもピンからキリまであって、そこそこ高次の宇宙人と言うことになります。

が、ある時点から低次の宇宙人が地球を支配しはじめました。

これらが、色々言われている「アヌンナキ」とか「レプテリアン」とか言う爬虫類種族です。

そしてこれらにニビル、プレアデス、シリウス、オリオンも関わっています。

色々な意味での実験室であるこの地球は、多くの宇宙人の体験の場として開かれました。

ですからある時点を境に、神様の質が変わったことになります。

今多くの人々が神様と呼んでいる存在のほとんどが、低次元の宇宙人的存在を指します。

でも、高次元の神も勿論存在します。
これを表と裏という表現にすると分かり易いかと思います。

表の神様は、地球の創造に関わった神様で、裏の神様は、地球の支配に関わった神様です。

神社も表と裏があります。

本来の創造エネルギーを封印して、支配的エネルギーにすり替えられている場所が存在しているのはそのためです。

洗脳に利用された神々も多数存在します。

今私たちがやっていることは宗教の延長で、本来の高次の創造主の元で存在しているのではなく、低次の神々を崇拝している状態でいます。

これが稲荷であり、蛇であり、伊勢アマテラスであります。

裏のアマテラスは宗教的で、古事記に出てくる人間らしいアマテラスを想像すると、理解できるかと思います。

しかし表のアマテラスは、創造主と直結しており、本来の創造のエネルギーを言います。

天の岩戸の前で裸踊りをする神様をどう思うかですが、昔から伝えられている神様像は、人間が作り出したおとぎ話です。

勿論西洋の天使達も同じです。
イエスキリストをはじめ、聖母マリアやミカエル、ルシファーなど、すべてが低次とすり替えられています。

ですから黙示録のような預言書が存在するのです。
まるで宗教です。

また、西洋と日本における神様と天使の役割も、似たり寄ったりで、支配者達が後から付け加えた物のようです。

本来の創造というのは、太陽系物質界を創った時の話であり、これらはアカシックレコードの中に刻まれています。

何れ宇宙と繋がる日が来ますから、その時に確認できると思います。

神様や天使が全て高次の存在だと思わないことです。
私たちは宇宙人的神を崇拝してきたことで、支配下に置かれていることに気付くべきです。

地球では光と闇、表と裏が存在し、この二元性の中での学びがあります。

ですから闇が悪いと言うことではなく、今後は双方を統合し、本来の創造主の元で意識を高めることが必要です。

低次の創造者の元では、二元性から脱却できません。
一神道の宗教や仏教は、もう時代遅れです。

全ては創造主と一体であることに気付き、光の統合をして下さい。

スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR