心の声

心の声

神社に祭られている神様の御神体は、大抵「鏡」です。
どうして鏡なのでしょう?

神社に参ると言うことは、その鏡に映し出された自分の姿を参ることだからなのです。

以前に書いたように、神=愛=自分自身なのです。
内在する神こそが神なのです。
神は外に存在するものではないのです。

心の声とは神の声です。
自分自身の内なる神の声こそ、私達が信仰の対象としなくてはならないのです。

瞑想するとよく分かりますが、神は自分自身の心に降りてこられます。それは輝く光の存在です。
ハイヤーセルフとも言いますが、このハイヤーセルフは根源神と繋がる唯一の意識体です。

私達は3次元の世界で、この内在神と無縁の生活をしてきました。ですから物質に溺れ、我欲の追求にのみ生きることが、真の人間の姿であり価値だと思って生きてきたのです。

しかし、その中には「幸福」は存在しません。
いずれすべての人々が、内なる神の存在を知り安らぎを求めるようになることでしょう。
そのためには意識を内側に向かわせる出来事が必要になるのです。
これこそがチャンスであり、真の気づきへと繋がるのです。一生の内に必ずめぐり逢うチャンスです。
しかしそのチャンスを見逃してしまうと、もう内なる声を聞くことはできません。と言っても改心すれば聞くことはできるのです。

内なる声のことを「良心」とも言うことも出来ます。
良い心です。
心が締め付けられることは、良いと自分が思っていないことです。ただし我欲に従うことではありません。
その思いに愛があるかどうかを見極めてください。

内なる声は「愛」を基準としています。
モラルや人の道を踏まえた上で、その声に従ってください。道に空き缶を投げ捨てた時、心に痛みを感じるかどうかは、魂のレベルによって違うように、心の声もその人のレベルによって違います。

しかし人道的であるかないかの判断は付くはずです。
こうして一歩ずつ階段を登り、「良心」と照らし合わせていくことが大切なのです。
スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR