在るがまま(2)

在るがまま(2)

以前、「空」とか「無」と言うお話をしましたが、
よく勘違いをされるので、今一度お話いたします。

「空」と言ったものは、無心の状態では在りますが、すべてを放棄することではありません。
何事にも逆らうことなく、ありのままに受け止めることなのです。

自分に降りかかる災難を災難と思わず、修行の一環として受けとけることが肝心です。
例え「空」を理解していたとしても、難題、難問は降りかかるものです。

今まではそれを苦として受け止めてきたかもしれません。しかし理解していればすべての出来事は自分が気づくためのプロセスであることが分かるはずです。

こういう考え方をしていたから、このような形で難問が来ていることのだ!と理解できるようになれば、進化していることになります。

隣からの理不尽な対応すら、自分の愛を確かめる手段なのです。
何か言われて「この野郎!」と食って掛かれば、あなたは隣の人のレベルでしかないのです。
しかし、「可愛そうなお方だ、早く気づいてくれますように!」と祈ることが出来れば、あなたは愛を実行したことになるのです。

すべてのトラブルや出来事には、すべて意味があるのです。必ず何かのヒントなり自分に対する気づきが含まれています。

在るがままとは、このすべての出来事を、自分の鏡として受け止めることなのです。勿論良いことも悪いこともあります。しかし原因と結果の法則なのです。
すべては自分が発した結果なのです。
スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR