カルデック(霊の書)より

カルデック(霊の書)より

「人生の苦労は、得てして霊としての不完全さの結果である場合が多いのです。ですから、そういう欠陥が少ないほど苦労も少ないことになります」

「妬むことも羨むことも知らず、貪欲も野心もない人は、そういう欠点をもつ者が遭遇する苦悶を味わう必要はありません」





批判・比較・不平不満・自尊心・傲慢・欺瞞などを多く持っている人程、人生の苦労は絶えません。


こう云うモノにとらわれずに生きている人は、苦悶を味合う必要はないということを言っています。


霊的に大人になるということは、すべてにおいて寛大であり、すべてを許し、認め、感謝することです。

そうすれば誰かと比較するような幼稚な考えには至らないでしょう。






追加!

Q:

――各天体上の生活者はいつの時代にも、身体的にも霊的にも一定のレベルの者ばかりなのでしょうか。


A:

「そうではありません。そこに居住する者と同じく天体そのものも進化の法則に従っております。どの天体も最初は地球と同じ粗悪な状態から始まりました。地球もこれから先輩の天体と同じ変質を遂げることになっています。そしていつの日か居住者の全てが善性の強い霊性を身につけるようになれば、いわゆる地上天国が出現します」




こちらの文面には、アセンションをほのめかす内容があります。

しかし現実を見れば、全てが善性の強い霊性を身につけることが条件のようですが・・・


スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR