仏陀名言集より!

仏陀名言集より!

法を見るものは我を見る、我を見るものは法を見る


釈尊の言葉として『相応部ニカーヤ』に伝えられています。「法」とは、保つ、法則、規範などの意味で、仏教ではすべての存在を指すところとなりました。①すべてに備わる法則、②仏陀の教え、という意味があります。
釈尊は永遠不滅の真理というべき「法」をさとり「仏陀」となられたわけですから、仏陀の教えは真理そのものを開くためのものです。仏教とは真理をさとって仏となることをめざす宗教であるということは言うまでもありません。



法を見るものは縁起を見る、縁起を見るものは法を見る


釈尊の言葉です。仏教の根本思想は縁起説であることは言うまでもありません。「これある故に彼あり、これ起る故に彼起る、これ無きゆえに彼無く、これ滅する故に彼滅す」と説かれ、すべての存在は相互の因縁によって生起するもので、決してそこから離れての存在はあり得ません。縁起の法則は、時間と空間を超え厳然として貫かれている普遍の真理であるということを教えています。



自灯明、法灯明


釈尊が八十歳の高齢となり入滅近きころの説法で、「自分自身をよりどころとし、他の者をたよってはいけない、法(普遍的法則)をよりどころとし他のものをたよってはいけない」と諭されました。それが有名な「自灯明法灯明」の言葉となって伝えられています。
灯明の原語は「明かり、ともしび」のほかに、「島」と意味にも解釈されます。大海に漂うが如き我々にあっては、島がよりどころとなります。仏教は人から教わって知るものではなく、自分自身と法をたよりにしてさとりに到るべき道なのであります。



すべてのものは滅びゆくものである、不放逸によりて精進せよ


仏陀釈尊最後の遺誡と伝えられる言葉です。釈尊は最後の遊行を続けパーヴァーの都に到り、鍛冶職人チュンダの供養を受け、これが最後の食事となりました。さらに激しい腹痛下痢に襲われながらもクシナガラに向かい、そこが臨終の地となりました。サーラの双樹の間に頭北面西で横たえ、この遺誡を告げるや禅定に入り完全な涅槃に入られたと伝えられています。



色即是空、空即是色


般若経の空思想を語る代表的な言葉です。「色」とは、眼によって認識できる物質的存在を言います。それがすなわち「空」、固定的な実体が無いというのがその意味です。
因縁所生の縁起は、それだけで独自に存在する実体が無く、その根拠実体を空と捉える、そしてその言葉も仮のものとして認めること、それがすなわち偏見邪執を離れる中道と言えるでしょう。
スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR