時間と空間

時間と空間

時間とか空間という概念が崩れ始めています。


これも次元上昇という変化の一つですが、今まで当たり前のようにあった時間が変化しています。


同じ様に時を刻んでいるはずの時間ですが、20年前の時間と今の時間では、24時間が10時間くらいしかないように感じ始めています。


あっという間に時間が過ぎてゆく感じです。


過去の出来事の記憶も薄らいでいます。


昨日食べた食事が思い出せなかったり、1週間前に会った人との時間が1ヶ月前の出来事のように思えたりと、今まで私達が使っていた時間の概念が崩れ始めています。


痴呆症や健忘症になったかのように、少し前のことや何処かに物を仕舞った記憶が消えていたりします。




空間的な歪みは、夢のなかのような感覚になったり、少し前の出来事が全く別の世界の出来事のように思えたり、自分と周りの人の世界が違うように思えたりしています。


買い物から帰ってきて自分の家に入った瞬間に、買い物の場面が夢の中の出来事に思え、家の中と言う今に帰ってきたような感覚に襲われることもあります。


周りの世界で住む人々(ご近所や地域の人々)との接点が薄れてきていますし、お隣に住んでいても1ヶ月くらい全く会わない時があります。


もう別の世界へ言ってしまったのかと思うほどです。


買い物へ行ったスーパーの中の人々が映画のエキストラのように思えたりして、自分の居る空間だけが現実に動いているような感覚にもなります。



これから益々このようなことが起き始めます。

そもそも時間とか空間というのは、私達の意識が作り出している幻であって、私達の意識、捉え方によって変化するものです。


今までの3次元的な、「断定的な時間と空間」は存在せず、「流動的なエネルギー」だと何れ分かる時が来ます。

言葉で表現することはとても難しいのですが、人それぞれに時間と空間があって、すべては流動的で固定されたものではないということです。


スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR