要らない思いは捨てましょう!

後世大事に持っている思いは、体験によって学ぶために用意された思いです。

そして自分の学びが完了すれば、大切に保管していた思いも要らなくなります。


でもみんな捨てられないのです。

悩んで苦しんで、嫌な思いをしても、まだ捨てられないのです。

今まで苦しんできたことは、自分の思いの写し鏡だと言っても捨てられないのです。


では何故捨てられないのでしょう?

それは周りのせいにしているからです。

自分は悪くない!

周りが悪いから今の現実が起きているんだ!

もしそう思っているとすれば、多分これからも苦しい人生を送ることになります。


ではどうすれば断ち切れるのでしょうか?

それはとても簡単な事です。

自分から意識を向けないことです。

周りに意識を合わせて、自分を見失わないことです。

今までのように自分がそういう現象を選択している限り、これからも同じことが繰り返されます。

誰が悪い訳でもなく、自分がそういう環境を選択していることに気づくことです。

「でも親は選べないでしょう!」と思っているかもしれませんが、勿論、親も選んで生まれてきていますから、全て自分が選択したことになります。


もし自分の思い癖に気づき、外に向けている思いを内側に向け、自分の思いを修正できれば、必ず現実は変化していきます。

今まで囚われていた外の世界を、一度心の中でリセットするのです。

リセットしてもう一度客観的に見つめることです。

そうすれば、今まで見えていなかったことも、見えるようになります。

誰が悪い訳でもなく、自分自身が意識を合わせていたから現実となったに過ぎません。

もっと分かりやすく言えば、自分が嫌な会社に出勤するようなものです。

嫌だと言いながら出勤していれば、嫌な現実が続くだけです。

これも自分が選択した結果であり、もし自分自身が「もうこの会社へ行く選択を止めよう」と思えば、新しい世界がその時点から始まるだけです。

例で話すととても簡単な事なのです。


嫌な人が要る時も同じです。

あなたが嫌だと選択したに過ぎません。

誰のせいでもなく、嫌な人と決めつけているのは自分だからです。


外に発信している「嫌」な思いを捨ててしまえば、周りの世界はただ在る世界だと気づきます。

ただ在るものに意識を向けて、自分で勝手に思いを載せているに過ぎないのです。

だから必要以上に思い込むことも、結局はカルマを量産していることになります。

右から左に受け流し、必要ない思いは流していくことです。

そして嫌なものに意識を向けないことです。

自分が楽しい、そして自分らしく生きられるよう意識を使いましょう。






スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR