救済することと干渉すること

救済することと干渉すること

周りの人を見ていると、余りにも干渉ごとが多いように感じられます。
「私はこう思うからこうしたほうが良いんじゃない」とか、「あなたのような考え方では、この世の中渡れないわよ」とか、兎角私達は、人の行動にチャチャを入れたくなります。

人の行動を自分好みに命令すると言うことは、相手のカルマを背負うことになってしまいます。今までの学校教育などは典型的な例でしょう。
先生や世の中の風潮やしきたりなど、大人の考えを押し付ける教育だったのではないでしょうか。
これは駄目、あれは駄目と、何でも大人の考えに沿わないないものは、すべて駄目なのです。

人には自由意志というものがあります。
しかし、この自由意志も宇宙の法則に沿った自由意志です。この自由意志は、一人ひとりの人間にとってとても重要なことなのです。
すべての選択は、個人の自由意志によって決定されなければならないのです。
よく宗教の勧誘などでうちの宗教は世界一だから信心しなさいとか、また健康食品などでこれを飲むと○○が治るだとか言って勧めたりします。また自分の体験を下に、私はこうしたからあなたも私がしたようにすれば良くなるよ!などと親切の押し売りみたいなこともあります。

なぜこんな話をするかというと、これから5次元へと移行する中で、個々の考えを尊重することが大切だからです。
人にはそれそれのレベル意識の考え方があります。ですから一人ひとり、レベルや経験が異なるため、考え方も異なると言うことを理解しなければいけないのです。
それは子供であろうと大人であろうとお年寄りであろうと同じです。
自分の考えを押し付けることは、一種の「エゴ」だと言うことを理解してください。
しかし、アドバイスは良いかもしれません。が、あくまでアドバイスに徹してください。決定権は相手が下すべきなのです。

しかし、愛を基本とした救済と言う立場ではどうでしょう。これも決断を下すのは、一人ひとりであることを理解してください。何とか救いたいと言う気持ちは分かります。しかし、相手の人がその教えなり法則が理解できる段階に達していなければ、受け入れることはできないのです。それと、その人がせっかくカルマの昇華ができるチャンスをあなたの一言で奪うことにもなりかねないのです。

どうしても気づいて欲しいと思うときは、その人のことを遠くから見守り、祈ることが大切なのです。
しかし、相手から相談を受けたり、助けを求めてきたときは、その時期が来たということですから、喜んで相談に乗ってあげると良いでしょう。しかし、最終的な決断はあなたがするのではありません。相手に任せることです。

子供にものを教えるときも同じです。良いこと悪いことがあれば、「あなたはどちらを選びますか?」っと、子供に考えさせてください。もし悪いことを選んだ場合は、どうしていけないのか説明をしてあげてください。また、時には経験を積ませ、悪いことだと気づかせることも大切です。でも、時と場合によりますから、大人はその判断をしなくてはいけません。

個々の魂は尊重されなければなりません。
今までの地球環境では、余りにも干渉することが多すぎたのです。今の現状も同じです。すべては世間の常識の中での目に見えない約束事が、ありとあらゆる場面で人々を縛り付けてきました。もうしばらくすると、この縛られていた鎖が、徐々に外されていきます。そしてそれはゆっくりと、人々に浸透し、やがて奴隷社会はなくなります。


今回のアセンションの目的は、ここにあるのです。
このコントロール社会をぶっ潰すことにあるのです。
勿論、地球の修復もありますが、社会的構造の修復も平行して行われます。間もなく資本主義社会は衰え始めます。今は最後の足掻きをしている状態なのです。
これから徐々にその全貌が明らかになります。
日本の経済・福祉・政策・政治と、すべての矛盾がこれから炙り出されます。今は闇の勢力の最後の灯火が喘いでいる状態なのです。
スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR