思い癖の書き換え!

私たちは幼い頃からの多くの刷り込みを持って生きています。

「こうしなければならない」と言った根拠の無い漠然とした思い込みです。

みんなこの漠然とした刷り込みを持っているために、自分の人生を生きられずに一生を終えます。

ほとんどの人がこの刷り込みから抜けさせずに、一生を過ごすのです。

中でも一番心に影響をあたえるものが「罪意識」です。

親の言うことを聞けない駄目な子供!

先生の言うことを聞けない駄目な子供です。

誰かの言うことを聞ける人は良い人で、聞けない人はダメ人間というレッテルを貼られ、自分に対する罪悪感を植え付けられるのです。

「人間失格」と言う罪悪感です。

そして多くの人はその罪悪感によって、罪深き人間として生きています。

だからすべてが上手く行かないのです。

自分を出すと迫害されます。

みんなと同じだと仲間にしてもらえるのです。

みんなと違うことをする罪悪感です。

そしてこのようなことを常識という枠に入れて、「正しいこと」と言う価値観を植え付けるのです。

私たちの思い癖の大半は、この価値観の中で作り上げられます。

だからこそこの思い癖を書き換えないと、いつまで経っても奴隷癖が抜けないのです。

従うことに安心を覚えるのです。

従わないことは、茨の道を歩くことと思い込んでいるのです。

この思い癖を解けば自分の人生が待っているのに、どうしてもその一歩が踏み出せないのです。

何に恐怖を感じているのでしょう。

この恐怖こそ私たちを縛り付けている価値観であり、常識です。

自分の思い癖を書き換えて、恐怖を恐怖と思わないようにすれば、今とは全く別の人生が待っていると思います。

思い癖とは、自分自身にブレーキをかけている何かです。

それを探り出し、自分の思いに気づくことで、上手く書き換えられると思います。

簡単に言えば先入観を捨てることでもあります。

先入観が先に立つ理由は、思いが反応しているからです。

「この仕事嫌い」と言う思いがあると、「嫌いな仕事」になります。

「この仕事何か好きかも!」そう思うだけで「好きな仕事」に変わります。

単なる言葉遊びじゃありません。

心がどう反応しているかだけです。



スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR