名前はあまり重要ではない!

メッセージを送る側にとって、自分の名前はあまり重要視していません。

シルバーバーチが最後まで自分の名前を明かさなかったように、大事なメッセージを送る側にとって、名前は受け取る側に先入観や期待を抱かせるため、また逆に私たちが知らない名前を聞いて、幻滅することもあるので、そういう価値観に振り回されることが無いよう、あまり素性を明かさないというのが、高次元の人たちのやり方のようです。


しかし、自分は「ミカエル」だとか、天使や仏様、しいては神様の名前を名乗って、メッセージを送ってくる輩は要注意です。
そこには人を信用させるという魂胆があるかもしれません。(笑)


そもそも名前とは、テレパシーが通用しない、物質次元の話であって、宇宙ではすべてテレパシーでコミュニケーションがなされているので、名前は必要ありません。

魂の個性として、瞬時に識別可能な領域では、名前は意味を成さないとは思いませんか?

と言うことで、名前に惑わされないで下さい。

このようなことも宇宙意識の観点から眺めることが出来れば、いちいち説明する必要など無いことですが、あまりにも多くの方が名前に翻弄され、自分を見失い、依存を繰り返している現実がありますので、どうかお気をつけ下さい。

自分の過去世が、「木之花咲耶姫です」とでも言われたら、舞い上がってしまう気持ちはわかりますが、もし名も知らぬ農家のおばさんだったら幻滅しますか?

これと同じです。

「私は天照だ!」と言ってきたら信用しますか?

「私はこの辺りに住んでいた者で、今は地球を助けるために来ている」と言っても、大して地位のない普通の人を信じますか?

でも案外、そういう人が本当の神の使いだったりするので、霊は見かけによらないと言うことも、知っておくと便利です。

あまりにも神々しく、命令口調だったり、上からモノを言う輩は、はじめから疑って掛かった方が、身のためです。

見抜くためには、送る側のエネルギーと器(愛の量)と謙虚さで判断した方がいいと思います。

高次の方は、私たちの自由意志に介入し、命令したり、無理に動かすようなことはしないと思います。

判断は私たちに委ねるはずです。

但し、自分が決めてきたことに関しては、それを促すようなことがあるかもしれませんが、それでも結局は自分自身が判断するしかありません。


P・S

8月23日、24日の奈良でのセミナーお茶会&オールナイトお泊り会では、このようなお話を夜遅くまで楽しく出来ますので、是非ご参加下さい。

日頃なかなかスピリチュアルなことをゆっくり話せる機会はありませんが、お泊り会だと、翌朝までゆっくり時間もありますから、心ゆくまで色々とお話できますよ!

スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR