因果の法則に基づく「罪と罰」

今回も霊的真理から・・・

このような霊的真理という基本を全く知らずに、スピリチュアルなことに関わって、ミスリードしている方が沢山居ます。

霊的成長に全く関係のないことに感心をもたせ、如何にも凄いことをしているように、人々を惹きつけ、ミスリードを繰り返しています。

引っかかる方も引っかかる方ですが、このようなミスリードをする方は、やがて自分自身に最大の後悔と報いが待っていることに気づいていません。


霊的成長とは、あなたの生き様そのもので分かります。

昔の人が言ったように「御天道様に恥じない生き方」こそ、霊的に進化した生き方なのではないでしょうか!

以下は霊訓の中から・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“罪”とは

私たち人間の霊的成長は、神の造られた摂理(法則)にそって達成されるようになっています。ところが地上という物質世界で生活する人間は、しばしばこの法則を踏み外してしまいます。大半の地上人が神の摂理に反した行為(過ち)を犯してしまいます。この神の摂理に反した行為が罪です。“罪”とは具体的には――「物質や本能に支配されてしまうこと(肉主霊従)」と「利己的な行為をすること」を意味しています。

地上人の中で、一切“罪”を犯さないという人間はいません。霊的真理を知らず、何が正しくて何が間違っているのかを知らない人間が、神の摂理からずれた行為をすることなく地上人生を過ごすことはできません。


“罰”とは

因果の法則(原因と結果の法則)という神の摂理に支配されている世界では、自分のなした間違った行為(罪)は、必ず何らかの悪い結果を生み出すようになります。この結果が“罰”なのです。神の摂理に反した行為(罪)に対しては“罰”という結果が生じますが、恐ろしいことに、それは寸分の狂いもなく機械的正確さをもって発生するようになっています。

こうした「原因と結果の法則」すなわち「罪と罰の法則」から逃れられる人間は、誰ひとりいません。少々悪いことをしてもごまかしがきく、他人を騙すことができると思う人がいるかもしれませんが、霊的法則をごまかすことは絶対にできないのです。摂理に反した行為(罪)に対しては、“罰”としての苦しみが間違いなく発生するようになるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
罪と罰というのは、自分が出したものに対して自分が責任を取るという意味です。
そこにごまかしは効きません。

だからこそ自分を律し、悪い波動(思いや言動)を出さない努力をする必要があります。

そのためにも自分自身を磨くことです。

そして自分のやっていることに気づくことです。





P・S

9月27日第二疎開村木曽福島ツアーに参加することになりました。

私と玉ちゃんで、また面白いお話ができると思いますので、暇な方は参加してみてください。

お申し込みは玉ちゃんのブログからお願いします。





スポンサーサイト
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR