穏やかなお正月!

今年はとても穏やかで暖かいお正月です。

以前は、暮れからお正月に掛けて良く荒れました。

多いときは1mくらい雪が積もるときもありましたが、ここ最近はあまり雪が積もりませんね。

これも地球環境が変化しているからでしょうかね。


冬暖かいのは今年だけではなく、昨年もあまり雪が降らなかったし、もうこの辺りの雪が積もる地域では無くなりつつあるようです。

これは雪国に住むものにとっては有り難いですね。

毎年降雪で交通が麻痺はしないものの大変な思いをしますから・・・!

雪かきしなくても良いのが良いですよね。


夏もこの辺りはそう気温は高くはないです。

良く上がっても35℃くらいなので、それでも夜には25℃くらいまで下がるので、とても過ごしやすいですね。



話は変りますが、ブログを書くのにマイクロソフトに着いている辞書変換が使いづらいので、ATOKを入れているのですが、どうも変換がおかしいです。

学習能力が全く使えないし、おかしな変換ばかりします。

ただ文節ごとに変換する場合は、IEの辞書変換よりはましですね。

何か妨害されているのではないかと思うほどです。

以前からATOKは好きで使っているのですが、最近特におかしい変換をするようになった気がします。

気のせいでは無いと思います。


今後のPCについては悩みますね。

このままマイクロソフトで行くのか、それとも他に良いのが出るのかですが、何れにしても内部情報ダダ漏れで、監視されると思うので、ネット自体を止めるしかないのでしょうか!

ネット専用PCとそれ以外のPCを使うという手もあるかも知れませんが、最近のoffenceも、ネットに繋がないと印刷機能が使えなかったりしますので、これは非常にヤバイ気がします。

多分クラウドを経由しているのでしょうが、そう考えると自宅で印刷する内容全てがネット管理されていると言うことになります。

怖い時代になりました。

まあ嘆いても仕方が無いので、適当に付き合っていくしかないでしょうね。


ホント危険な国家になりつつありますね!

自分らしく「キャンピングカー」「トレイラーハウス」で住まう

キャンピングカー・トレーラーハウス

「物を持つことが幸せだろうか」「お金を持てば幸せなのだろうか」最近、若い世代で“ミニマム”なライフスタイルが支持をあつめています。

こんな小見出しの記事ですが、何か分かるような気がします。

トレーラーハウスには、固定資産税は掛かりません。

車を置けるだけの土地を借りて、そこで住まうのも良いかもね!

今のトレーラーハウスは、エアコンもトイレもシャワールームも着いているらしいし、何よりも自然を満喫しながら、生活できるのが良いですね。

まるで動く別荘ですよ!


この記事に書いている野球選手のように、自分らしく生きるというのは、これからの時代には主流になるかも知れませんね。

今の若者たちも、あまり物欲がないと聞きますし、お金より自分らしく生きるという選択も有りかも知れませんね。


私たちの年代は、バブル時代の名残もあって、直ぐにカネカネと言って生活していますが、もう30年早く色んな事に気づいていたら、山間の自然豊かな場所で、のんびりと農業をやって生活していたかも知れません。

今からでも遅くは無いと思いますが、私も農業を主にこれからは生きていきたいと思っています。

食べるものが自分で作れるという強みは、サラリーマンでは不可能ですよね!

この先多分年金もなくなるでしょう。

今若い世代は、貧困層が多く年金の掛け金が払えないそうです。

そうじゃなくても若い人口は少ないのに、払えない人が多いと言うことは、あと何年かすると年金は破綻すると言うことです。

すでに64歳からしか貰えなくなっていますが、年金改正法案も通りましたし、この先は徐々に貰える年齢か上がり、75歳からとかなるのではないでしょうか!

でもその頃に破綻してるかも知れませんね。

トレーラーハウスで、野菜を作りながら半自給自足で楽しく暮らすというのは、これから先は有りかも知れません。

アメリカではそう言う暮らしをしている人が多いと聞きます。

やはり縛られないというのが一番良いですよね。

鳥インフルエンザ!

東山動植物園

名古屋にある東山動植物園が、鳥インフルエンザで閉鎖になったようです。

植物園の方は入れるみたい!

家から一番近い動物園で、時々訪れていたのですが残念です。

通常は殺処分となり、いつもテレビのニュースでやっていますが、食用の鶏など20万羽殺処分とか言ってますよね。

東山動物園に飼われている鳥たちは、絶滅危機種の鳥もいて、殺処分は難しいとか言っています。


しかしどうして突如として湧いて来るのでしょう???

不思議なくらい突然です。

渡り鳥が原因だとか言っていますが、本当にそうなんでしょうか???

陰謀論的に言うと、「ケムトレールの中にウイルスを混ぜて撒いているのでは!」と思いたくなってしまいます。

鳥インフルエンザパンデミックですね!

そのうち消えて無くなると思いますが、鳥たちも地球で生きる私たちと同じ生き物です。

無闇に人間の都合で殺処分とかして欲しくないですね。

東山動物園の鳥たちも、何とか乗り越えてくれることを祈るばかりです。

未来ファーム!

「未来ファーム」という名前で、これからの農業を展開していこうと思っています。

そのためにはやはりある程度の収入が必要ですので、来年からは計画を立てて野菜の栽培をしていこうと思っています。


野菜を作り始めて3年くらい成ります。

その間色々と勉強し、様々な体験をしてきました。

最初は自然農法という言葉に興味を持ち、耕さず自然のままにと作り始めましたが、ほとんど野菜は穫れませんでした。

次は少し耕しながらも、ほとんど有機物を入れずに作りましたが、やはり上手く育ちませんでした。

今年に入って別の場所で新しく畑を借り、夏野菜から作り始めましたが、それもまだまだ思うような収穫には至りませんでした。

勿論トマトや、レタス、インゲンなどそれなりには収穫できましたが、まだまだですね。



自然農法というと響きは良いのですが、それだけではやはり難しいでしょうね。

それ以外に色んな農業理念も必要になってきます。

しかし絶対に譲れないのは、無農薬です。

有機肥料については、ある程度土壌ができるまでは必要かも知れません。

しかし土壌ができてしまえば、有機肥料も要らないような気がします。

その一番の鍵になるのは微生物です。

微生物を育てられる環境を作るまでは、試行錯誤が続く気がします。


焦らず着実にですが、野菜は植えてから収穫するまで時間が掛かりますから、そのタイムラグと出来高が一致しにくいのが現状です。

今植えたとしても収穫は3ヶ月くらい後にしかできません。

そしてその間の育成によっては、収穫ゼロもあり得ますから、気が抜けません。

後は追肥の問題もあります。

土壌ができていれば追肥も必要ないのでしょうが・・・!

しかし隣の畑などを見ると、あまりの育成の良さに戸惑うばかりです。

お隣は沢山肥料を与えて育てていますから当然なんですけど、うちの野菜たちは1ヶ月くらい遅れます。

植えてからしばらく成長が止まるのです。

成長が止まると言っても根がしっかりと伸びていると思いますが、土の上にある葉っぱは大きくなりません。

これは自然農法特有で、肥料で育てるのではなく、大地で育てるという感じでしょうか。

根がしっかりと伸びてから葉っぱや茎の生長が始まる感じです。

隣の畑の野菜たちは大きく育ちますが、うちの野菜は小さいです。

勿論収穫量も半分以下です。

こうなってくると自然農というくくりでは、難しい気がします。


以前にも紹介した炭素循環農法や無肥料無農薬農法なども取り入れていかないと、難しい気がします。

無肥料無農薬農法に関しては、しっかり耕し、除草もし、管理もしっかりします。

自然農法のように不耕起栽培ではありませんので、それなりの収穫もあり、5年もすれば慣行農法くらいの収穫が見込めるようです。

しかし5年の歳月はちょっと大変です。

ですからその移行期は、ある程度人間が補助しながら野菜を育てて、ある程度土ができてくれば無肥料に切り替えていく方が良いような気もします。

補助と言っても必要最低限の補助であって、大量に追肥したりはしません。

そして雑草などの有機物を上手く活用して、本来の自然の調和を取り戻しつつ、生産していくしかないような気がします。



半自然農法で、有機無農薬野菜を中心に、最終的には無肥料無農薬で作れればと思っています。

後は温室栽培ではないので、時期が限られると言うことです。

簡単に言えば旬の野菜しか作れません。

その中で上手く野菜を切らさずに、コンスタントに生産できるかが問題ですね。

2週間単位で種まき時期をずらしたり、ある程度トンネルによる保温や遮光などといった作業も必要になると思います。

まだまだこれからですが、来年から今までより三倍くらいの畑が借りられましたので、今年よりは多くの野菜が作れそうです。

今冬野菜が穫れていますが、来年は4月頃からホウレン草やニンジンなどが穫れ始めると思います。

冬の時期は栽培できる野菜が限られますので、来年の春以降からは、もう少し考えて野菜が切れないような栽培をしながら、収穫を増やしていきたいと思います。


現在の農業割合では、有機減農薬栽培ですら、全体の15%にも満たないそうです。

ほとんどが慣行農法で、化学肥料、農薬を使った栽培です。

無農薬や自然農法などは、多分1%にも満たないかも知れません。


でもよくよく考えてみれば、明治時代より輸出入が始まり、農業スタイルが徐々に変化してきました。

そして今のスタイルが定着したのは、多分昭和に入ってからで、慣行農業主体になったのは戦後からだと思います。

それまでは自給自足に近い農法で、有機栽培が主体だったと思います。

江戸時代なども人糞や牛糞、藁や雑草といった有機物主体の農業だったと思います。

勿論農薬なんでその時期にはありませんでした。

それでも野菜は育っていたと思います。

ある程度自然に則った農法では、そう土壌が崩れることもなく、育てられたと思います。

私が幼い頃も、みんな有機農法で無農薬で育ててたと思います。



未来ファームと言ってはいますが、本当は昔に還るのかも知れませんね。

昔ながらの本来の農法に切り替えるだけです。

人糞や牛糞は使いませんが、植物性有機物があれば、十分野菜は育つと思います。

土の力を最大限生かした農法で、人にも、野菜にも、環境にも優しい農法こそがこれからの農業だと思っています。

らっきーデタラメ放送局!



今回も勉強になります。(笑)

日本はこんなところが世界一!

CIotmi1UMAAVr8n.jpg

この世界一は全く誇れないですね!

知らない間に世界一毒を盛られてる感じです。

グローバリストの終焉?

どうも世界中の動きがおかしい気がします。

アメリカもそうですが、今まで銀行家やシオニスト、偽ユダヤ主体の世界が変りつつあるような気がします。

ロシアや中国の動きもそうですが、イギリスの動きもそうです。

そしてヨーロッパも何かと動きが出て来ているように思います。

韓国もこの騒動に遭わせて何か起きそうな気がしますね。


そして日本ですが、完全に洗脳されていますね!

日本も官僚・政治家は馬鹿としか言い様がないです。

まだ今まで通りのことが出来るとでも思っているのでしょうか?


マスメディアも動きがありそうですね。

あの電通のガサ入れもありましたし、何か裏で動いているような気がします。


勿論天皇陛下の生前退位も、突然出て来たわけではなく、何らかの思惑がありそうです。

もっと不思議なことは、株式市場の株価上昇ですが、余にもおかしすぎます。

何か企んでいるのでしょうか?


アメリカ本土は内乱状態になりつつありますが、これも奴らの意図が見え隠れします。

日本の立ち位置が問題ですが、彼らが追い詰められているとすると、大きな何かが起こりそうな気がします。

「やけくそ!」 になって何でもお構いなしにやるかも知れませんので、ちょっと注意が必要です。


さて日本はどう舵を取るつもりなんでしょうね!

とある冬の日の夕方???

政府が出した東海・東南海・南海地震のシミュレーションが、とある冬の日の夕方でしたね。

以下は週刊現代の記事です。

全国民必読 世界的科学誌『ネイチャー』に発表された驚愕の調査結果「南海トラフ巨大地震が来る」

畑の状況

畑ですが、肥料も農薬も使わずに作るのは大変ですね。

白菜が相当虫に食われていて、上手く巻かないかも知れません。

かと言って農薬は嫌だし、肥料不足も懸念されるのですが、廃菌庄(椎茸を採ったホダ)を後から撒いたので、ちょっと遅かったかも知れません。

キャベツは取り敢えず巻きかけていますが、まだモンシロチョウが飛んでいるので、防虫ネットが取れません。

そろそろ廃菌庄も撒きたいのですが、もう少し様子を見ます。


無肥料栽培なので、野菜が早く大きくなりませんね。

仕方の無いことかも知れませんが、お隣の有機栽培・農薬を撒いた畑では、すくすく育ってます。

お隣と一緒には出来ませんので、文句を言っても始まりませんが、何とか無肥料無農薬で野菜が作りたいですね。


今植えているのは、大根・ホウレン草・レタス・サニーレタス・エンドウ・イチゴ・キャベツ・白菜・ニンジン・ジャガイモ・玉ねぎです。

その中で大根とレタス類は、そこそこ順調です。

ホウレン草も少し大きくなってきました。

ニンジンはまばらにしか芽が出て来ませんので、もう少し勉強が必要かも知れません。

ジャガイモも取り敢えずは順調です。

玉ねぎは来年にならないと分かりませんが、9月に植えたホーム玉ねぎは、順調に大きくなってきました。



やはり一番の問題は、アブラナ科の野菜ですね!

今年の春に植えた小松菜も壊滅状態でしたし、この秋に植えたキャベツや白菜も微妙です。

キャベツは防虫ネットで囲っているので、虫の被害はましですが、白菜はボロボロになっています。

それなりに葉が大きく育たないと巻かなかったりしますから、虫のせいかもしれませんね。

まだ本格的にやりかけて1年にも成らないので、そう簡単には野菜は作れないと思いますが、どうしても譲れないのは無農薬ですね。

肥料に関しても、出来れば入れたくないですが、油かすくらいはいれてもいいのか?思案中です。

ボカシ堆肥も作ってみましたが、それはそれで大変なので、出来れば廃菌庄による微生物の活性化で、無肥料で育てたいですね。

まだまだ課題は山積みですが、来年は時期を少しずつずらして植えたりして、収穫時期をずらしながら野菜が途切れないような工夫もしないといけませんし、色々と大変です。

計画を立てて育てないと駄目ですね。

畑の面積が決まっていますので、どこに・何を・いつ頃・どれくらい植えるか、今から考えておかないといけませんね。

まだまだやることは一杯です。

取り敢えず何でも挑戦してみないことには始まりませんから、少しずつですが頑張って育てていきたいと思います。

まだまだ沢山売れるほどには穫れません。

もう少しコンスタントに野菜が出荷できるような状態にならないと駄目なのですが、無人販売所にもそう多くの野菜が並ばない状態なので、工夫が必要ですね。

トランプ勝利!

どうも不正選挙は出来なかったみたいですね!

ヒラリー勝利のテロップまで作って待機していたメディアは、ちょっと想定外だったかも知れませんね!

これでロックちゃん時代も終わりのようですね。

イルミナティ・トカゲ社会の終焉となるのでしょうか?


日本もいよいよ危ない気がします。

何が起きるかは開けてからのお楽しみでしょうが、今までのような流れでは行かないでしょうね。

まだ暗殺という必殺手段残っていますので、まだまだどう成るか分かりませんが、一つの時代が終わった気もします。

これでTPPもお流れですね!

面白くなってきました。
プロフィール

megumin2012

Author:megumin2012
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム



月別アーカイブ
ブロとも一覧

旧ブログ跡地:黄金の金玉を知らないか?
RSSリンクの表示
QRコード
QR